MENU SEARCH

東海最大級の弥生集落を体感!「あいち朝日遺跡ミュージアム」が愛知県清須市にOPEN

おでかけ

愛知県・清須市
2021.02.01

東海最大級の弥生集落を体感!「あいち朝日遺跡ミュージアム」が愛知県清須市にOPEN

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

日本最大級とされる吉野ヶ里遺跡に匹敵する弥生時代の集落遺跡「朝日遺跡」。そんな東海地方最大級の弥生時代集落跡「朝日遺跡」の魅力を発信する施設として、2020年11月清須市に「あいち朝日遺跡ミュージアム」がオープンしました。

朝日遺跡は、愛知県清須市〜名古屋市西区にまたがる弥生時代を代表する巨大集落。あいち朝日遺跡ミュージアムでは、貴重な出土品の展示に加えて、住居や環濠の復元展示、楽しみながら学べる体験コーナーも。

弥生時代といえば、弥生土器や稲作のイメージが強いですが、それだけではありません。あいち朝日遺跡ミュージアムで、朝日遺跡と弥生時代について学んでいきましょう!

あいち朝日遺跡ミュージアム

あいち朝日遺跡ミュージアムにやってきました。

場所は、名古屋高速道路「清須出口」から車で1分ほど。公共交通機関の場合は、城北線「尾張星の宮」駅から徒歩9分ほどです。

東海地方最大級の弥生時代集落跡
「朝日遺跡」とは

基本展示室1

基本展示室1

基本展示室1

まずは、「基本展示室1」で、朝日遺跡の概要や暮らしを知りましょう。

朝日遺跡は、弥生時代(紀元前6世紀〜紀元後3世紀)を通して営まれた東海地方最大の集落。現在の清洲JCTのあたりを中心に、東西南北に広がっていました。私たちが普段通っている場所に歴史的な遺跡があったのかと、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

アニメーションで朝日遺跡について知ろう!

クロスロードビジョン

最初の展示としておすすめなのが「クロスロードビジョン」。約4分のアニメーションで、弥生時代の朝日集落の様子が紹介されています。画面に手をかざして、スタート!

クロスロードビジョン

特に驚きだったのが、弥生時代には既に市場のような形で交易が行われていたこと。朝日遺跡は弥生時代の東西文化を結ぶ拠点として発展していきました。

とてもわかりやすいアニメーションなので、歴史に詳しくない方でも楽しんでいただけると思います。

細部までリアルに再現された「朝日遺跡ロケーションジオラマ」

朝日遺跡ロケーションジオラマ

朝日遺跡ロケーションジオラマ

続いてのみどころは「朝日遺跡ロケーションジオラマ」。集落の最盛期である紀元前3世紀〜紀元前2世紀を中心に、当時の様子が再現されています。すべて朝日遺跡の出土品から解釈されたできごとを反映しているのだとか。

ジオラマの専門家がつくられたというだけあって、今にも動き出しそうなくらいのリアルさ!

北側の集落

北側の集落

南側の集落

南側の集落

防御施設

防御施設

弥生時代というと穏やかなイメージがありますが、実は集落や地域間の争いが繰り返された時代でもありました。稲作は土地があるほど米が多く収穫できるため、土地の争奪戦が加速していったのだそう。

住居を取り囲むように大規模な墓域がつくられました。

その他にも、海での活動、農地での活動、山・森での活動など、当時の暮らしぶりがリアルに再現されています。

重要文化財にも指定されている
出土品の数々

基本展示室2

続いては、重要文化財にも指定されている出土品の数々が展示されている「基本展示室2」へ。2,028点が重要文化財に指定され、その一部が公開されています。

弥生土器

弥生土器というと、このようなシンプルな土器をイメージされる方も多いと思いますが、実はさまざまな種類があるんです。

円窓付(まるまどつき)土器

例えば、土器側面に丸く穴が開いた「円窓付(まるまどつき)土器」。

尾張地方を中心に分布し、朝日遺跡でも多く出土していますが、その使い方は未だ解明されていない謎多き土器です。

赤彩(せきさい)土器

こちらは「赤彩(せきさい)土器」。文様帯と赤色顔料を塗布した赤彩帯で装飾された、弥生時代後期の尾張地方を代表する赤い土器です。

土器の他にも、当時の最先端技術で作られた「銅鐸(どうたく)」や、ヒスイでつくられた「勾玉(まがたま)」など、現代に通ずる形になっている出土品も数多く展示されています。

朝日遺跡が重要な遺跡として注目されたのが昭和初期だったことから、今もなお、このような土器や道具が数多く眠っているのだそう。

続いて、楽しく学べる体験学習コーナーに行ってみましょう!

楽しく学べる体験学習コーナー

キッズ考古ラボ

キッズ考古ラボ

キッズ考古ラボ

キッズ考古ラボは、復元した弥生時代の道具や学習キットを通じて、楽しく弥生時代を学べるスペースです。(※現在、一部利用制限をしています)

「赤彩土器」の立体パズル

「赤彩土器」の立体パズル

先ほど展示室でも登場した「赤彩土器」の立体パズルに挑戦!朝日遺跡で出土した赤彩土器の写真を見ながら組み立てていきます。おぉ〜これはなかなか難しい。

「赤彩土器」の立体パズル

赤彩土器の模様や色の特徴を考えながら組み立て、完成しました!

体験学習室

体験学習室

土器づくり

勾玉づくり

お隣の体験学習室では、休日(土日祝)限定で、「カラフル勾玉づくり」と「土器づくり体験」が開催されています。体験希望の方は、事前にWEBサイトで開催時間をチェック!

火おこし体験

平日は屋外にて「火おこし体験」も開催されています。

NEXT
愛知県で家具を買うならここ!名古屋周辺のおすすめインテリアショップ
愛知県で家具を買うならここ!名古屋周辺のおすすめインテリアショップ

インテリア

愛知県
PREVIOUS
高知料理が自慢!名古屋駅からも歩いて行ける。実家をカフェにした「実家カフェ山田」
高知料理が自慢!名古屋駅からも歩いて行ける。実家をカフェにした「実家カフェ山田」

カフェ

名古屋市・中村区

【あいち朝日遺跡ミュージアム】
住所   :愛知県清須市朝日貝塚1番地
電話番号 :052-409-1467
営業時間 :9:30~17:00
定休日  :月曜日(祝祭日の場合、翌平日) 年末年始(12月28日~1月3日)
駐車場  :普通車 / 15台(無料)

https://aichi-asahi.jp/

 

<観覧料>
【個人】一般300円/大学生・高校生200円
【団体】一般250円/大学生・高校生150円

【年間パスポート】
一般1,000円/大学生・高校生600円
【清洲城共通券】
一般500円
【体感!しだみ古墳群ミュージアム共通券】
一般400円 大学生・高校生300円

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
下呂温泉 大人の温泉旅行

特集一覧へ

アレックスコンフォート