熱田神宮だけじゃない。熱田区を散策してみよう!

2019.3.29
熱田神宮

熱田区は、名古屋市の中央南部に位置し、交通の便も非常にいい場所です。また、熱田神宮をはじめ、白鳥庭園や堀川、断夫山古墳があるなど歴史と文化のまちでもあります。今回は、熱田区の中でも熱田神宮を中心に”徒歩圏内で周ることができるおすすめスポット”をご紹介していきます。

 

 

熱田神宮

 

 

まずは熱田神宮からスタートです。熱田神宮は、名古屋市熱田区、「熱田の杜(もり)」と呼ばれる森の中にあります。1900年以上続く古社であり、地元の人々からは「熱田さん」の名で親しまれています。3種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)が、御神体としてまつられていることから、パワースポットも知られています。

 

 

年間700万人以上の人で賑わい、地元はもとより、全国の人々から「心のふるさと」として崇敬、信仰をあつめています。

 

境内にはさまざまな木が生い茂っていますが、中でも有名なのが「大楠(七楠)」です。場所は、手水舎のすぐ北側。樹齢は1000年を超えており、空海が手植えしたとも言われています。熱田神宮の御神木として大切にされています。


 

 

本宮には、三種の神器の1つ「草薙剣(くさなぎのつるぎ、天叢雲剣)」を熱田大神として祀られています。

 

この剣は、素戔嗚尊(すさのお)が出雲で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したときに、その尾から出た神剣との言い伝えが残されています。

 

星型の絵馬はとってもかわいいです。

 

 

 

お守りの中でも特に人気があるのが「白鳥守」です。祭神の一人である日本武尊は、亡くなられた際、白鳥と化して空へ飛び立ったといわれます。この伝説にちなんで、かわいらしい白鳥をかたどったのが「白鳥守」です。「愛まもり」ともいわれ、開運招福、縁結び、安産などのご利益があるのだとか。

 

 

参拝のあとは、宮きしめんがおすすめです。種類は赤つゆのオーソドックスな「宮きしめん」と、白醤油を使った「おすましきしめん」の2種類。今回はオーソドックスな宮きしめんをいただきました。醤油ベースのきしめんは、一口食べると、カツオの風味が口の中に広がります。麺ももちもちでとってもおいしいですよ!

 

 

【宮きしめん 神宮店】
営業時間:9:00~16:30

 


熱田神宮にはたくさんの魅力がたくさんあるので、行ったことある方もない方も、ぜひ参拝へ行ってみてくださいね。

 

熱田神宮の記事はこちらから

 

【熱田神宮】
住所:456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
宝物館の入館は、9:00~16:30(入館時間16:10まで)
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

 

 

 

神宮前商店街

 

 

参拝のあとは、神宮前商店街へ行ってみましょう!JR熱田駅と名鉄神宮前駅、2つの駅をつなぐ場所にあります。

 


神宮前商店街

 

年間約700万人が訪れる熱田神宮は目の前にも関わらず、なぜだかシャッター商店街と化してるのですが、なかなかすてきなお店があるので、いくつかピックアップしてご紹介いたします。


 

熱田名物の「きよめ餅」。こちらの店舗には、喫茶コーナーが併設され、店舗奥には「喜与女茶寮」という喫茶室も入っています。

 

 

喫茶室では、コーヒーや紅茶などの定番ドリンクから、きよめ餅とお抹茶のセットやあんみつ、ぜんざいなどが楽しめます。コーヒーにきよめ餅をセットで付けることもできるんです。

 

【喜与女茶寮(きよめさりょう)】
住所  :名古屋市熱田区神宮3-4-12
営業時間:売店8:00~18:30 喫茶室8:30~18:30(ラストオーダー18:00)
定休日 :月曜日

 

 

焼きたてパンの店「SUZUMEYA」。昔ながらのパン屋さんです。

 

 

こちらは、2018年6月にオープンしたコーヒースタンド「Bright Coffee Stand」。店内は注文カウンターだけの小さなお店ですが、スペシャルティコーヒーがいただける本格的なコーヒースタンドです。

 

 

コーヒー豆はエチオピアやメキシコなど時期に応じて変わる複数の産地から豆を選ぶことができます。焙煎度合いもLightからDarkまで幅広く対応。この日は、メキシコ・グアテマラ・コロンビア・ケニア・デカフェ・チョコプレッソの6種類でした。すべてのコーヒー豆は購入することも可能です。(100g / ¥600)


ハンドドリップかフレンチプレスか選んで淹れてもらえます。

 

ハンドドリップ(コロンビア) ¥430

 

一杯ずつていねいに淹れたれたスペシャリティコーヒーは、格別。しっかりとした風味と、さっぱりとした後味で、また飲みたくなるコーヒーです。

 

【Bright Coffee Stand】
住所   :愛知県名古屋市熱田区神宮3丁目1-1 MAP
営業時間 :7:30-18:00(Sat San 10:00-17:00)
定休日  :月曜日

https://www.instagram.com/bright_coffee_stand/

 

 

 

続いて、お隣の「POPO 名古屋1号店」へ。

 

テレビでもたびたび紹介されているメロンパン専門店。店名に「神戸元町」とありますが、名古屋発祥の地元で16年間愛され続けているお店です。移動販売で見かけたことがある方も、多いのではないでしょうか。

 

メニューは、「メロンパン(¥150)」と、「メロンパンラスク(¥100)」の2種類のみ。

 

表面のクッキー生地はサクサク食感のクリスピー仕上げで、中はふんわりやわらか。一般的なメロンパンは表面に砂糖がついていますが、POPOのメロンパンはホワイト練乳チョコチップがトッピングされています。優しい甘さがクセになるおいしさです。

 

【POPO(ポポ) 名古屋1号店】
住所   :愛知県名古屋市熱田区神宮3丁目1-1 MAP
営業時間 :10:00-17:00 ※なくなり次第終了
定休日  :日曜日、祝日

https://www.facebook.com/melonpanpopo/

 

 

 

秋葉山圓通寺

 

 

「熱田神宮」の隣にある「秋葉山圓通寺」もとてもご利益のある神社ですので、合わせて訪れていただきたい場所です。

 

地元の人からは、「秋葉さま」として親しまれており、火の神様「秋葉大権現」は火にまつわる災いから守ってくれると言われています。他にも「福徳・財宝・知恵・延命」のご利益があるとされています。

 

 

 

 

 

お時間があるときは、熱田神宮と合わせて参拝しに行ってみてくださいね!

 

【秋葉山圓通寺】
〒465-0031 愛知県名古屋市熱田区神宮2丁目3-15
http://www.akibasan.or.jp/

 

 

手打ちそば 天ぷら 那央人

 

 

ランチをするなら、秋葉山の横にある「手打ちそば 天ぷら 那央人」がおすすめです。そば好きを唸らせる名古屋でも有数の名店です。

 

ランチメニューは日替わりで2種類あります。

 

蕎麦本来の風味が味わえる二八そば。

 

 

石臼を使用して挽いた太めのお蕎麦を丁寧に打った手打ち蕎麦は絶品。こちらは「えびす天ざる」。熱田神宮の「初えびす」にちなみ、2種類の海老とホタテ貝柱を使用した「かき揚げ」にざる蕎麦がセットになっています。

 

サクサクの衣と海老とホタテ貝柱の甘みが引き立ち合い最高です。塩をつけていただくのがおすすめですよ。

 

おいしいお蕎麦が食べたい方はぜひ、立ち寄ってみてくださいね!

 

【手打ちそば 天ぷら 那央人】
住所  :愛知県名古屋市熱田区神宮2-2-8
電話番号:052-681-7558
営業時間:ランチ 11:00~15:00 L.O.14:00(月・火・水・金)、11:00~16:00 L.O.15:00(土・日・祝)夜の営業 17:30~21:00 L.O.20:30
定休日:木曜日、第3金曜日

 

 

白鳥庭園

 

 

少し足を伸ばして「白鳥庭園」へ行ってみましょう。

 

中部地方最大級の規模を誇る「白鳥庭園」。中部地方の地形から、築山を御嶽山に、そこからの流れを木曽川、その水が注ぎ込む池を伊勢湾に見立て、源流から大海までの「水の物語」がテーマとなった池泉回遊式庭園です。

 

名古屋駅からそれほど遠くないのにも関わらず、うつくしい緑や花木を楽しめます。

 

 

 

庭園とは思えない広大な園内には、滝や巨大な岩により創り出された源流風景、清流がおりなす渓流風景、渓谷を覆う楓の紅葉。深山幽谷の雰囲気を感じることができます。

 

 

白鳥舞い降りる姿をイメージした清羽亭。清羽亭は白鳥庭園のほぼ中央、流れのほとりに位置しています。京都数寄屋大工と尾張大工が協力し、自然素材を活かして造り上げた本格的な数寄屋建築です。


 

 

 

園内では、桜が見頃を迎えていました。うつくしい枝垂れ桜が圧巻です。一年を通じて多くの花が咲き紅葉や雪吊りといった、四季折々の風情を楽しむことができるもの白鳥庭園の魅力です。


 

 

 

鯉のエサも50円で購入できるので、ぜひやってみてください!これが想像以上に楽しいんです。

 


 

意外と時間を忘れてエサをあげてしまいます。


抹茶セット600円


園内はかなり広いので、歩き疲れたら、「汐入亭」で一休み。窓からみえるお庭では、汐の満ち干きによって移り変わる景色を楽しめます。

 

庭園をみながらの、お茶をいただく時間はなんともぜいたくな気分です。

 

 

これから、どんどん暖かくなってきますので、お散歩がてら、白鳥庭園まで足を伸ばしてみてくださいね!

 

 

【白鳥庭園】
住所  :〒456-0036 愛知県名古屋市熱田区熱田西町2-2-5  MAP
営業時間:9:00~17:00)(入園:16時30分まで)
休園日 :毎週月曜日(ただし月曜日が休日にあたる場合は直後の休日でない日)年末年始(12月29日~1月3日)
入園料 :300円
http://www.shirotori-garden.jp/index.html


白鳥庭園の記事はこちらから

 

 

 

Kitica (キチカ)

 

たくさん歩くと、甘いものが欲しくなってきませんか?

 

白鳥庭園の川を挟んで反対側にあるのが、「Kitica(キチカ)」です。ここでは、本格的なガレットやもちもちのクレープが堪能できるんです。

 

 

まるで異国に迷い込んだかのような店内。アンティークテイストのインテリアや内装もとってもかわいいです!女性の方は心奪われる方も多いはずです。

 


クレープ

 

表面はサクサクっと、中はもっちりとしたクレープがアイスクリームに絡みついて最高です。

 

ガレット


数々の飲食店で経験をつんだ女性シェフによって、注文が入ってから焼き上げられるガレットも本格的です。ランチタイム〜ディナータイムまで営業されているので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 


【Kitica(キチカ)】
住所  :愛知県名古屋市熱田区白鳥1-2-37 MAP
営業時間:営業時間 火〜金 11:30〜15:00(14:30l.o) 18:00〜23:00(22:00l.o) 土 11:30〜23:00(22:00l.o) 日 11:30-18:00(17:00l.o)
定休日 :月曜日

http://kitica.me/


Kiticaの記事はこちらから

 

 

 

今回は、歩いて巡る熱田区特集をおおくりしました!魅力的じゃない街と言われている名古屋ですが、こうして街歩きをすると、魅力なお店や場所を発見することができます。まだまだ名古屋のポテンシャルは高いです!

 

今後も、名古屋の魅力を発信していきますので、お楽しみに!