MENU SEARCH

毎月1日には、熱田神宮の「あつた朔日参り」に行こう!熱田神宮のおすすめスポットも合わせてご紹介

おでかけ

名古屋市・熱田
2019.03.26

毎月1日には、熱田神宮の「あつた朔日参り」に行こう!熱田神宮のおすすめスポットも合わせてご紹介

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋を代表するパワースポットといえば「熱田神宮」ですが、毎月、1日に神社の参拝する「あつた朔日参り」に合わせて「朔日市」が開催されているのをご存知でしょうか。

今回は、朔日市の見どころや、改めて知っていただきたい熱田神宮の魅力をご紹介していきます!

熱田神宮 鳥居

熱田神宮は、名古屋市熱田区、「熱田の杜(もり)」と呼ばれる森の中にあります。1900年以上続く古社であり、地元の人々からは「熱田さん」の名で親しまれています。3種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)が、御神体としてまつられていることから、パワースポットも知られています。

入り口は、「東門」「西門」「正門(南門)」と3つありどこからでも参拝可能。今回は、正式に「正門」から入りました。

朔日参りとは?

熱田神宮

熱田神宮

みなさんは、「朔日参り」という言葉を聞いたことがありますか?神社には、お参りするとよいと言われてる日があり、一般的には毎月1日、および15日にお参りするとよいと言われています。

朔日参りのあとは、「あつた朔日市」へ行こう

あつた朔日市

境内を歩いていると、参道は「あつた朔日市」でにぎわっていました。朔日市、他のマルシェや朝市とは一味違います。

それは、名古屋の名店中の名店がお店を連ねていることです。あつた蓬莱軒・宮きしめん・きよめ餅総本家・亀屋芳広・妙香園・大矢蒲鉾・名古屋学院大学・NPO法人堀川まちネットなどが、地元熱田神宮を盛り上げようと2015年10月1日に朔日参りにちなんで「あつた朔日市」を開催したことからスタート。2016年3月からは毎月開催されています。

現在では名古屋の名だたる名店ばかりが20店舗以上出店してます。

あつた朔日市

こちらでは味噌煮込みうどんで有名な山本屋がつくる「味噌串カツ」や「味噌角煮」がいただけます。

亀屋よしひろ

和菓子屋「亀屋芳広」からは、朔日市限定商品も販売されていました。他にも、妙香園のほうじ茶ラテや、あつた蓬莱軒の唐揚げなど魅力的なラインアップばかりです。

朔日参り

「あつた宮餅」を手に入れよう

あつた宮餅

1日に行かれる方にはぜひ手に入れていただきたいのがあつた朔日市限定の「あつた餅」。毎月500個が即完売となる人気商品です。整理券は10時ごろから配布されるので、参拝前に整理券をゲットすることをおすすめします!

あつた宮餅あつた宮餅 1,000円

 

あつた宮餅

こちらが無事に入手したあつた宮餅です。「あつた蓬莱軒」「きよめ餅総本家」「妙香園」「亀屋芳広」の4社がコラボしたとっても貴重な和菓子です。亀屋芳広の「あん」に妙香園の「お茶」を練りこみ、きよめ餅の「羽二重餅」で包んで、あつた蓬莱軒のみたらし風味の「特製タレ」をかけていただきます。上の2つは季節に合わせて毎月変わり、下の3つは定番です。「整理券」を受け取ったら、必ず11時~12時の間に受け取りに行ってくださいね。

朔日参りと合わせてぜひ、あつた朔日市にも足を運んでみてくださいね!毎月1日の午前中に神社へ参拝し、無事に今月も過ごすことができたことを感謝し、新しい月の平穏無事をお祈りします。普段の参拝と特に変わることはありませが、月初に気持ちをリセットすることで、また次の月へ気持ちを新たにスタートできますよ。

NEXT
まるで宝探しをしているかのような、多彩な雑貨にココロときめく!「注文の多い雑貨店」
まるで宝探しをしているかのような、多彩な雑貨にココロときめく!「注文の多い雑貨店」

インテリア

名古屋市・名東区
PREVIOUS
平成最後の春、白鳥庭園が『異界庭園』に大変身!
平成最後の春、白鳥庭園が『異界庭園』に大変身!

アート

名古屋市・熱田

【熱田神宮】
住所:456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
宝物館の入館は、9:00~16:30(入館時間16:10まで)
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
リビングデザインビューロ

特集一覧へ

クラブナージ