MENU SEARCH

ここがリサイクルショップ?小牧にあるリサイクルショップ『RE SQUARE BANUL(リ・スクエア・バナル)』はリサイクル業界のニュージェネレーション

インテリア

愛知県・小牧市
2018.03.05

ここがリサイクルショップ?小牧にあるリサイクルショップ『RE SQUARE BANUL(リ・スクエア・バナル)』はリサイクル業界のニュージェネレーション

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

RE SQUARE BANUL(以下BANUL)は、愛知県小牧市にある不用品の買取・リメイク・販売をしているリサイクルショップです。リサイクルショップと聞くとみなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?私は、店の中に雑多に商品が置かれている。そんなイメージを持っていました。

BANUL(バナル)とは<BREATHE A NU LIFE(新しい命を吹き込む)>という言葉の頭文字をとった造語です。その言葉の持つ意味の通り、従来のリサイクルショップのイメージを180度変え、リサイクル業界に新しい風を吹き込んでいます。今回は代表の若山さんに今までの経歴から現在のことまで、たっぷりとお話をお伺いしてきました。また、実際に買取もしていただいたので、そちらの様子も合わせてご紹介していきますね。

ダンスに打ち込んだ青春時代から営業マンへ転身

BANUL若山さん
代表の若山陽一郎さん
店内の様子店内の様子

もともとはダンサーだったという若山さん。ダンサーからリサイクルショップのオーナーとは意外すぎる経歴ですよね。最初に、若山さんの経歴からお伺いしました。

若山さん:「僕、もともはダンサーだったんです。中学生から23歳くらいまでダンス一筋の人生でした。。毎日ダンス漬けで、当時はそれこそ本当にダンスにしか興味がないくらい。毎日クラブで踊って、髪型もドレッドヘアーだったりね。2000年にTRFのバックダンサーをしたんです。そのときに、ダンスの業界で生きていくことへの難しさや厳しさを知りました。それまでダンスしかやってこなかったので、このままダンスにしがみついて、結局僕がどうにもならなかった場合、僕はもう生きていけないんじゃないかと思い、23歳のときにむちゃくちゃ好きだったダンスをやめました。」

BANUL外

23歳で大好きだったダンスをすっぱりとやめて、営業マンへと転身します。

若山さん:「それまでダンスしかやってこなかったので、普通に会社に勤めても大学行った人に勝てないじゃないですか。今ではあまり関係ないかもしれないですけど。当時の世間は学歴がある人とない人では違ったので、早めに社会に出ようと思ったんです。そんなとき、ある会社の社長さんの紹介がきっかけで、営業の仕事をやることになりました。

営業代行のような仕事で、広告代理店や訪問販売など全国を飛び回りながら、いろんな販売の営業を4年ほどしました。大好きだったダンスをやめて、やった仕事だったので、絶対に結果を出したかったんです。とにかく営業成績一番を取る勢いでがむしゃらに働きました。もちろん、それに見合った収入を得ることもできたんですが、ダンスをやめた負い目から、その先で成功したんだ!っていう自分を演じたくて金銭感覚がおかしくなっちゃったんです。そしたら、次第に収入と支出のバランスが崩れて、やっていた営業も下火になったときに、自分の借金が膨れ上がってることに気づいたんです。」

NEXT
大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート
大須のインテリアショップ「HARVA LEHTO」で行われた味噌づくりワークショップ体験レポート

ライフスタイル

名古屋市・大須
PREVIOUS
愛知県内最大の朝市!インテリアにも取り入れたい良品に出会える『東別院てづくり朝市』
愛知県内最大の朝市!インテリアにも取り入れたい良品に出会える『東別院てづくり朝市』

おでかけ

名古屋市・中区

【RE SQUARE BANUL】
住所: 〒485-0059 愛知県小牧市小木東2丁目113
時間:11:00-19:00(定休日:火・水・木)
電話: 0568-65-8729
駐車場:3台

URL:http://banul-official.com/
Instagram:https://www.instagram.com/re_square_banul/
Facebook:https://www.facebook.com/re.square.banul/
LINE@:http://line.me/ti/p/%40banul

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

リビングデザインビューロ