MENU SEARCH

【Rinakoより愛を込めて。NYC日記】うつくしい夏の思い出

海外

ニューヨーク
2019.09.26

【Rinakoより愛を込めて。NYC日記】うつくしい夏の思い出

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
Beautiful Summer Memories (by Rinako, with Love)

 

247(トゥエニーフォーセブン)音のある世界、ニューヨーク。

こっちに来てから驚いたのはすべての音の大きさだ。“こんなに爆音の必要ある?”と思
うほどのサイレン、クラクションの音。カフェで耳が痛くなるほどの大声で話す老若男女。サブウェイで突然はじまるストリートダンスは、大きなスピーカーを使う人もいるから、イヤホンで音楽を聴いていても聞こえてくるほどだ。ミュージカルなどで、ニューヨークの街を表する雑踏は、リアルに現実世界を表現している。

New York City – The city that never shuts up.

What took me by surprise in the city is just how loud it is. Explosive sirens, cars honking, old couples arguing in public outside, and street dancers in the subway using their speakers that blare louder than your earphones. That said, the presentation of the quintessential NYC in theaters is pretty close to what I’m experiencing here.

部屋の広さで選んだブルックリンの私の部屋は、ベッドバグなどの問題はあるものの……私にとっては、絵に描いたいたような生活を送れていると満足している。ーーー爆音を除けば。

アパートの面している道は行き止まりで、チーマー達の集会所となっている。深夜3時ぐらいまで行われるラップバトルは、私の住む5階まで歌詞もはっきりと聞こえてくる。外で大合唱が行われる中で眠る私は“この夏は音のない世界に行きたい!”と願っていた。

I must admit, although there are bed bug problems (it’s NYC), I am pretty satisfied with my spacious, picturesque apartment. Well, that is except for the explosive noise I mentioned earlier. The street across my apartment is a dead end, and has become a favorite hangout for Hip Hop meet-ups. Their rap battles go on until 3 in the morning – I can hear each and every lyric all the way up to my bedroom on the 5th floor.

As I fall asleep to the rhythm of their chorus, I dream of going to a world of silence.

マンハッタンから北に1時間半ほど登ると着く、ストーンリッジ。知人の紹介で向かったこの地は、Cityとは180度違ったニューヨークだった。マンハッタンから30分ほど車を走らせると“ここはニューヨーク?”と疑いたくなるような田舎町で、目的地へ着くと見渡す限り木々に囲まれた。

Stone Ridge – Nestled in the mountains of Hudson Valley

Stone Ridge is located 1.5 hours north of Manhattan – referred to me by my friend, it is basically a 180 from the “New York” I know. Only 30 minutes into our drive north from Manhattan, we had already come across small towns which made us wonder if we were still in New York. When we arrived at our destination we were surrounded by lush forests and farmland everywhere we looked.

幼少期から住んでいたカルフォルニアからこっちに移り住んで4年経つさくらさんが、「Welcome to country side」と満面の笑みとハグで歓迎してくれた。初対面なのに、ずっと昔から親しい友人だったかのような彼女の魅力に圧倒される。

“Welcome to the countryside!”
We were greeted by Sakura, who is originally from Japan. She grew up in California since she was fourteen and transplanted herself to the Hudson Valley 4 years ago. With a big hug and an endless smile, she welcomed us in a way that felt like a reunion of old friends. I felt immediately at home in her presence.

宿舎へ入ると、さくらさんが部屋を案内してくれた。温かみのある木材が貴重なインテリア。ベットルームが4つ、バスルームが2つあり、8人宿泊が可能なほどの敷地だ。長い廊下を抜け、リビングへと向かう。

As we arrived into the building, Sakura gave us a full tour. The interior is mainly made from wooden materials that bring warmth to the space. With 4 bedrooms and 2 baths it’s large enough to house 8 people. As we went through the long hallway and entered the living space…

入ったと同時に「わぁ」と声が出てしまう私達。

広々としたリビングルームには、至る所に窓があり、太陽の光を優しく届けてくれる。リビングルームに繋がる、開放的なダイニングルームとキッチンを見るだけで、今晩のディナーが楽しみになった。

All we could say was “WOW!”. The spacious living area has large open windows that gently bring in the sunshine. Just seeing the large, free-form, open dining room and kitchen topped by a sweeping curved balcony got us excited to make dinner that evening!

ちょっと休憩した後、さくらさんはワインテイスティングをはじめてくれた。彼女のパートナーのアーティストであり、ワイン醸造家のダンと彼女でつくるワインは、実際にぶどうを足で踏む工程から彼の作品が描かれたラベルの作成まですべて彼らの手で行われている。ダンの美しい彫刻や絵画は、リビングにも所狭しに飾られていた。

ワインには詳しくない私だったが、初めてのテイスティングで、その魅力の虜になった。

After we settled down, Sakura treated us to her wine tasting. From crushing the grapes to the creation of their labels, every process has been hand (or should I say feet?) made by Sakura and her partner Dan who is an artist and vintner. Besides the home being filled with his sculptures and paintings, all of the wine labels feature his artwork.

I am no wine connoisseur myself, but this experience had me captivated by the magic of wine.

ほろ酔い気分でガールズトークが繰り広げられる中、この広い屋敷の話に移る。「田舎暮らしは大変。全部私たちがやってるんだよ。ガーデンはとっても手間が掛かるんだよね。オーガニックだから特に大変。良かったら少し食べてみる?」ワイン片手に向かった小さな農園には、彩り豊かな野菜が私たちを待っていた。

As we got a little wine-happy and continued our girl talk, we began discussing farm life. “Country life is hard. This big garden needs a lot of TLC – especially because it’s all organic. Would you like to try some of our veggies?” A glass of wine in one hand, we walked through the orchard to garden beds where colorful, fresh veggies awaited. We were surrounded by scents of grass, flowers and refreshing country air.

「好きなだけ採っていいよ!」と新鮮なトマトに、なす、シシトウ、そして香り高いバジルを山ほど頂いた。

“Take as much as you like!”
We were gifted fresh tomatoes, Nasu (Japanese eggplant), shishito, and the most flavourful basil.

出発前にCityで買ってきたパスタとともに私たちは料理をはじめた。頂いたワイン(これもまた……)をお供に食べるディナーは、料理が得意な友人の力もあってか自分でつくった中で一番おいしく感じた。

We began cooking our dinner along with pasta brought from the city. Paired with the wine we weregiven and the help of the chef friend of mine, it tasted like the most delicious meal I’ve ever made!

NEXT
材種もサイズも思いのままに。名古屋市西区のオーダー&オリジナル家具工房「works03」
材種もサイズも思いのままに。名古屋市西区のオーダー&オリジナル家具工房「works03」

インテリア

名古屋市・西区
PREVIOUS
リサイクルのイメージをガラリと変えた!リサイクルショップ「RE-SQUARE BANUL」の2号店が星が丘テラスにオープン
リサイクルのイメージをガラリと変えた!リサイクルショップ「RE-SQUARE BANUL」の2号店が星が丘テラスにオープン

インテリア

名古屋市・千種区

【HUDSON Sailing】
mail:info.hudsonsailing@gmail.com
tel:845-667-1394
web:http://hudsonsailing.com/
instagram: Dan @hudson.sailing & @danfeldman.studio / Sakura @saksox

 

【宿泊先】
住所:93 Kyserike Road Stone Ridge, NY 12484
Phone: 845.667.1394

web:https://www.airbnb.com/rooms/5718806

神奈川県横浜市出身。2018年より渡米。日本でファション誌の編集者として勤務した後、現在は、ニューヨーク マンハッタンにあるアート学校でグラフィックデザインを学ぶ。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

PANZA