入場料1,500円。本と出会うための本屋「文喫(BUNKITSU)」に行ってきました。|東京・六本木

2019.1.21
文喫

2018年12月11日、東京・六本木に誕生した「文喫(ぶんきつ)」。ここは惜しまれつつも、同年6月に閉店した青山ブックセンター六本木店の跡地。“本と出会うための時間と場所を提供する” 新しいカタチの本屋さん。「入場料を支払って利用する」というこれまでにない試みに挑むことでも注目を集めています。

 

週末には入場規制がかかるほど話題を呼んでいる、新スポットの楽しみ方をご紹介します。

 

文喫

 

文喫の看板大江戸線「六本木」駅出口より徒歩1分。

 

文喫は「本と出会うための本屋」がコンセプト。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約3万冊の書籍を販売しています。本とじっくり向き合える閲覧室、食事ができる喫茶室などが入った、新しいタイプの本屋です。


公式サイトでは、「文喫のたしなみ方」が紹介されています。

 

一、総合受付で入場バッジを受け取る

二、飲食受付で珈琲・煎茶(おかわり自由)を受け取る

三、じっくりと本を選び、好きな席で過ごす

四、意中の一冊と出会うかもしれない

五、店内の全ての本が購入可能

六、お帰りの際は入場バッジを受付に返す


一番の特徴は、入場料(1,500円(税抜))がかかることです。1,500円という料金設定は、コーヒー3杯分ほどの料金を意識したそう。その言葉通り、店内では、コーヒーと煎茶をフリードリンクで提供しています。「本を買うというよりも、本との出会いの時間を買う」という感覚です。

 

 

約90冊の雑誌がずらり。エントランスコーナー

 

エントランスコーナー

 

エントランスコーナー

 

では実際に「文喫」の店内をレポートしていきます。

 

エントランスには、カルチャー誌・ファッション誌・専門誌などの雑誌が並ぶ「マガジンウォール」が。その数は約90冊。

 

エントランスコーナー

 

エントランスコーナー

 

棚は一つひとつ開けることができ、中には雑誌にまつわる書籍が入っています。思いがけない本との出会いに、エントランスからワクワクが止まりません。

 

企画展引用元:https://www.pen-online.jp/news/culture/bunkitsu/1

 


入り口すぐのスペースでは、月替りで本にまつわる企画展を開催。現在は、10年ぶりに復刊する雑誌『hinism(ヒニスム)』を特集した「雑誌の力展」が開催中です。(2019年1月31日まで)

 

ここまでのエリアは入場無料なので、気軽に立ち寄ることができますよ。

 

 

バッチを受け取り有料スペースへ

 

引用元:https://www.pen-online.jp/news/culture/bunkitsu/1

 

バッチ

 

バッチバッチの裏には、WiFiのパスワードが。電源・WiFiがあるのはうれしいですね。

 

では、いよいよ有料エリアに行ってみましょう。

 

受付を済ませると、番号がついたバッチがもらえます。「文喫」には、時間制限はありません。時間を気にせず、じっくりと楽しめます。

 

有料エリア


この階段の上からが有料エリアです。

 

階段の下の隙間には「yes and no」の文字が。これは二者択一ではなく、さまざまな意見の記された本が共存する書店という空間を表現し、肯定したものだそう。

 

 

約3万冊。本との出会いを楽しめる「選書室」

 

選書室

 

選書室

 

入場すると、「選書室」と呼ばれる書籍の販売コーナーが広がります。

 

書棚は、出版社も判型もジャンルもバラバラ。「文喫」は、六本木の土地にマッチしたアート・デザイン・ビジネスを中心に、食・人文科学や自然科学・文学・他にも雑誌、コミックなどがそろっています。店内にある本は、全部で約3万冊。なんと一冊として同じ本はないのだそう。選書は、日本出版販売株式会社のブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」が担当しています。

 

 

特にユニークなのは、平積みの陳列方法。ランダムに重ねられた本の下には、サイズもバラバラで、全く違う本が重なっています。「お、この本面白そう!」と、偶然の本との出会いを楽しんでみてくださいね。表に出ているのが、売れ筋や新書というピックではないところも、一般的な本屋との大きな違いです。

 

 

本の世界にどっぷり浸る読書スペース

 

文喫

 

引用元:https://www.pen-online.jp/news/culture/bunkitsu/1

 

 

店内には、椅子、ソファ、カウンター、寝転べる座敷スペースなど、90席の読書スペースが。好みのスタイルで本の世界に浸ることができます。

 

引用元:https://www.fashion-headline.com/article/21311

 

2階のカウンター席には、デスクライトが備えられ集中して作業が行えます。「文喫」では、パソコンやノートを広げての作業もOK。WiFi、電源、ロッカーまで用意されています。

 

研究室

 

2階奥に設けられた「研究室」。打ち合わせ、読書サークルの集い、一人でひっそりと読書など、空いてさえいれば予約不要で利用できます。

 

 

珈琲と煎茶がおかわり自由!フードやドリンクが充実した「喫茶室」

 

 

フードメニュー

 

喫茶室では飲食も楽しめます。(コーヒーと煎茶はおかわり自由)

 

食事からデザートまでさまざまなメニューがそろいます。モーニングランチディナーどの時間に訪れても、「おなかが空いたな……。どこか外に食べに行かなくちゃ。」ということがなく、読書を楽しむことができます。夜は23時まで営業しているので、アルコールの取り扱いもしていますよ。

 

牛ほほ肉のハヤシライス
牛ほほ肉のハヤシライス ¥1,080

 

牛ほほ肉のハヤシライス

 

看板メニューの「牛ほほ肉のハヤシライス(¥1,080)」。中にはごろっとしたほほ肉と玉ねぎが入っていて、ナイフで切りながらいただきます。濃厚なデミグラスソースを絡めて、食べ応え抜群です。

 

海老ドリア オマール海老のソース海老ドリア オマール海老のソース ¥880


オマール海老のソースが濃厚で、こちらも絶品。大きな海老がゴロゴロと入っていました。

 

とろけるカスタードプリン
とろけるカスタードプリン ¥580

 

ほろ苦いカラメルソースの甘さが懐かしいレトロなプリン。

 

カカオニブとチョコレートのタルト
カカオニブとチョコレートのタルト ¥580


想像以上にボリューミーなチョコレートタルト。カカオニブのカリカリっとした食感がアクセントに。読書で疲れた脳を一気に癒してくれました。

 

その他にも、ナポリタン・バタートースト・サラダなどのフード。カフェラテ・ミルクティー・りんごジュースなどのドリンク。これだけ食事やドリンクのメニューが充実していると、長時間滞在しても安心ですよね。

 

文喫

 

実際に「文喫」を訪れてみて感じたのは、図書館のような居心地のよさ。読書を楽しみたい。本が好き。作業に集中したいなど、目的が同じ人が集まっているからこその心地よい静けさ。あの空気感は、一般的な書店にはありません。

 

インターネットで検索して本を選ぶことも多くなった現代。積み上げられた本の中から偶然の一冊を見つける。じっくりと試し読みしながら運命の一冊に出会う。そんな本との出会いを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。本好きには、ぜひ一度は訪れていただきたい場所です。

 

【文喫(ぶんきつ)】
住所   :東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F MAP
電話番号 :03-6438-9120
営業時間 :9:00~23:00(L.O.22:30)
定休日  :不定休
入場料  :1,500(税抜)

http://bunkitsu.jp/