MENU SEARCH

入場料1,500円。本と出会うための本屋「文喫(BUNKITSU)」に行ってきました。

ライフスタイル

東京都
2019.01.21

入場料1,500円。本と出会うための本屋「文喫(BUNKITSU)」に行ってきました。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2018年12月11日、東京・六本木に誕生した「文喫(ぶんきつ)」。ここは惜しまれつつも、同年6月に閉店した青山ブックセンター六本木店の跡地。“本と出会うための時間と場所を提供する” 新しいカタチの本屋さん。「入場料を支払って利用する」というこれまでにない試みに挑むことでも注目を集めています。

週末には入場規制がかかるほど話題を呼んでいる、新スポットの楽しみ方をご紹介します。

文喫

文喫の看板大江戸線「六本木」駅出口より徒歩1分。

文喫は「本と出会うための本屋」がコンセプト。人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約3万冊の書籍を販売しています。本とじっくり向き合える閲覧室、食事ができる喫茶室などが入った、新しいタイプの本屋です。

公式サイトでは、「文喫のたしなみ方」が紹介されています。

一、総合受付で入場バッジを受け取る

二、飲食受付で珈琲・煎茶(おかわり自由)を受け取る

三、じっくりと本を選び、好きな席で過ごす

四、意中の一冊と出会うかもしれない

五、店内の全ての本が購入可能

六、お帰りの際は入場バッジを受付に返す

一番の特徴は、入場料(1,500円(税抜))がかかることです。1,500円という料金設定は、コーヒー3杯分ほどの料金を意識したそう。その言葉通り、店内では、コーヒーと煎茶をフリードリンクで提供しています。「本を買うというよりも、本との出会いの時間を買う」という感覚です。

約90冊の雑誌がずらり。エントランスコーナー

エントランスコーナー

エントランスコーナー

では実際に「文喫」の店内をレポートしていきます。

エントランスには、カルチャー誌・ファッション誌・専門誌などの雑誌が並ぶ「マガジンウォール」が。その数は約90冊。

エントランスコーナー

エントランスコーナー

棚は一つひとつ開けることができ、中には雑誌にまつわる書籍が入っています。思いがけない本との出会いに、エントランスからワクワクが止まりません。

企画展引用元:https://www.pen-online.jp/news/culture/bunkitsu/1

入り口すぐのスペースでは、月替りで本にまつわる企画展を開催。現在は、10年ぶりに復刊する雑誌『hinism(ヒニスム)』を特集した「雑誌の力展」が開催中です。(2019年1月31日まで)

ここまでのエリアは入場無料なので、気軽に立ち寄ることができますよ。

NEXT
300年の歴史。三重県菰野町の萬古焼を食卓に。「かもしか道具店」
300年の歴史。三重県菰野町の萬古焼を食卓に。「かもしか道具店」

インテリア

三重県・菰野町
PREVIOUS
個性豊かな食器と、とびきり美味しい手作りパン。毎日通いたくなるお店「Lien Lien」
個性豊かな食器と、とびきり美味しい手作りパン。毎日通いたくなるお店「Lien Lien」

カフェ

名古屋市・西区

【文喫(ぶんきつ)】
住所   :東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
電話番号 :03-6438-9120
営業時間 :9:00~23:00(L.O.22:30)
定休日  :不定休
入場料  :1,500(税抜)

http://bunkitsu.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
リビングデザインビューロ

特集一覧へ

クラブナージ