MENU SEARCH

名古屋の地ビールと東海の地元食材とのマリアージュ!名古屋駅直結のビヤバー「CRAFT BEER KOYOEN」

グルメ

名古屋市・名駅
2021.08.02
いずのうみ

いずのうみ

ライター・エディター

名古屋の地ビールと東海の地元食材とのマリアージュ!名古屋駅直結のビヤバー「CRAFT BEER KOYOEN」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

近年人気を集めているクラフトビール。全国各地の醸造所で個性豊かなクラフトビールが造られていますが、名古屋でも古くから地ビール醸造所・ビヤホールとして親しまれている「浩養園」をご存じでしょうか。

厳選された素材と技術者による熟練の技で造り出される浩養園のクラフトビールが、名古屋駅直結のKITTE名古屋の地下1階にある「CRAFT BEER KOYOEN」(以下「KOYOEN」)でいつでも、おいしい料理と一緒に楽しめるんです!

今回は「KOYOEN」で味わえるクラフトビールの魅力やおすすめメニューについてご紹介します。

名古屋の限定クラフトビールが飲めるビヤバー
「CRAFT BEER KOYOEN」

CRAFT BEER KOYOEN

KOYOENは、名古屋市千種区にある浩養園(こうようえん)で造られた限定ビールや国産クラフトビールをはじめ、東海地方の食材を使ったこだわりの料理が楽しめるビヤバーです。

JR名古屋駅から直結のKITTE名古屋にありアクセスがよく、ランチから昼飲み、ディナーまで幅広く利用できます。

お酒はビールだけでなくワインやカクテルも充実。料理はラムチョップやステーキなどのグリル料理のほか、魚介や野菜料理まで多彩なラインナップが魅力です。愛知・岐阜・三重の東海3県のイチオシ食材を使い、地ビール&地域の素材のマリアージュが楽しめますよ。

KOYOENの店内は一人用の席も充実

広々としたテーブル席

店内は広くカウンター席もゆったりしているため、お一人様や少人数のグループにもおすすめです。

90年以上の歴史を誇る
名古屋の老舗ビヤガーデン「浩養園」とは

KOYOENで提供しているクラフトビールは、名古屋市千種区にある名古屋ビール園「浩養園」で造られているビールです。浩養園は1931年(昭和6年)にサッポロビール名古屋工場の接待所として開業したことをきっかけに、名古屋のビヤガーデンの代名詞になるほど多くの人で賑わいました。

浩養園では3種類のクラフトビールを醸造しており、名古屋でこれらのビールが飲めるのは「浩養園」と「KOYOEN」の2ヶ所のみ。KOYOENを訪れたら、醸造所直送の樽生クラフトビールをぜひ試してみてください。

KOYOENのクラフトビールに込められたこだわり

KOYOENでは浩養園で造られた3種類のクラフトビール「浩養園ゴールデンエール」「浩養園ヴァイツェン」「浩養園ダークヴァイツェン」が常時味わえます。

クラフトビールの魅力は醸造所の個性が色濃く出たり複雑な味わいがあったりすることですが、浩養園がクラフトビール(当時は地ビールと呼ばれていた)を売り出したときにはあまり馴染みのないものでした。そのため、まずは味に慣れてもらおうと、あえてベーシックな味わいに近いことが特徴です。

そのこだわりは現在も変わることなく、伝統の味と造り方が脈々と受け継がれています。

左から浩養園ゴールデンエール、浩養園ヴァイツェン、浩養園ダークヴァイツェン

・浩養園ゴールデンエール
希少なホップであるネルソンソービンを使用し白ワインのような香りとアクセントが特徴。フルーティで爽快な飲み心地のため、1杯目のビールとしてもおすすめです。

・浩養園ヴァイツェン
小麦麦芽を50%以上使用。酵母が醸し出すフルーティな香りと麦芽の風味や爽やかな口あたりが特徴。苦味が少ないため、ビールの苦味が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

・浩養園ダークヴァイツェン
ヴァイツェンをベースに褐色麦芽を加えた濁りのあるビール。琥珀のような赤褐色の美しい色合いとカラメルの香ばしい香りが大きな魅力です。

ビール選びに迷ったら飲み比べセットがおすすめ!

浩養園のビールが飲み比べできる「極みGOLDセット」 1,628円(税込)

KOYOENでは浩養園で造られたビールのほか、国内生産のクラフトビールや定番のSAPPORO黒ラベルなど、9種の生ビールが味わえます。

国内生産のクラフトビールには伝説のホップ・ソラチエースを使った「SORACHI1984」や首都圏と愛知県限定販売の「白穂乃香」などもあり、気分や好みに合わせて3種類のビールを飲み比べることも可能。飲み比べセットはかわいらしいブーツ型のグラスで提供され、見た目にも気分が上がります!

クラフトビールとの相性抜群!
多彩な料理メニュー

ビールだけでなく、お酒と合わせる料理にもこだわっているKOYOEN。ラムチョップやステーキ・ソーセージなどのグリル料理のほか、飛騨牛や原木椎茸、愛知みかわ豚、飛騨高山のキュルノンチェなど、愛知・岐阜・三重から選りすぐりの食材を揃えた「東海3県うまいもん」メニューも人気です。

また、串かつやラムチョップグリルは1本からオーダーできたり、各メニューにソロサイズを用意したりと、お一人様でも利用しやすいのも大きな魅力。いくつもの料理を少量ずつ食べられるマリアージュプレートもおすすめですよ。

一度は食べたいKOYOENのおすすめ料理

KOYOENが自信を持っておすすめするこだわりの料理をご紹介します。

6種類の味から選べるラムチョップグリル

ラムチョップグリル 1本660円(税込)

生後12ヶ月未満の仔羊の骨付きロース肉を骨ごとにカットしたラムチョップは、羊特有の匂いが少なく柔らかくてジューシーな食感がクセになります。「お肉が食べたいけど、ステーキだとちょっと重いかも」というときにもちょうどよいボリューム。

6つの味から選べて1本からオーダーできるのも嬉しいポイントです。

・ソルト&ペッパー:シンプルな味だからこそ、ラムの旨味と風味が引き立ちます。

・エスニックテイスト:ラムの味わいとスパイシー感が見事にマッチ。ビールも進みます。

・ハリッサ:唐辛子と香辛料のソース。エスニックな辛さがクセになると人気のテイスト。

・アボカドわさび:アボカドでコクをプラスし強すぎないわさびがアクセントに。ラムのクセが苦手な人におすすめです。

・コチュジャン風味:甘辛な味わいとラムの相性は抜群。余韻の残る味わいです。

・マスタード:ラムの脂によくあい、驚くほどのあっさり感。

※写真は左からソルト&ペッパー、ハリッサ、アボカドわさび

熟練の技法が生み出す豚肉のうま味!飛騨高山のキュルノンチェ盛合せ

飛騨高山のキュルノンチェ3種盛合せ 1,320円(税込)

「キュルノンチェ」とは料理名ではなく、飛騨高山で豚肉加工品を作るアトリエの名前です。ヨーロッパで2000年の歴史を持つ豚肉加工技法により、鹿児島の黒豚を使った「豚バラの燻製」や「白カビ乾燥ソーセージ」「生ハム」などを提供。

舌の上でとろける脂のコクや絶妙な塩加減に、クラフトビールもグイグイと進みます。ワインとのマリアージュを楽しみたい方にもおすすめの逸品。

オリーブやイチジクのビール煮の付け合わせも嬉しいポイントです。

サクジュワで濃厚なうま味と香り。原木椎茸のビヤフリット抹茶塩添え

原木椎茸のビヤフリット抹茶塩添え 858円(税込)

岐阜県加茂郡川辺町で育てられる「しいたけブラザーズ」の原木椎茸を使ったフリット。自然環境に左右されやすい原木椎茸を、昔ながらの手法にこだわり無農薬で栽培しています。

肉厚で香りが高く、うま味が凝縮されている原木椎茸をサクッとした衣で包み込んだフリットはリピーターも続出。

ぐっしりと中身の詰まった原木椎茸

また、フリットに添えられている2種類の塩をつけるのもおすすめです。抹茶塩(写真右の皿)は椎茸本来の旨味と香りを一層と引き立て、ケイジャンスパイス(写真左の皿)をつけるとガラリと雰囲気が変わり、飽きることなく食べ続けられますよ。

​少しずつをたくさん食べたい人におすすめ!クラフトビールのためのマリアージュプレート

クラフトビールのためのマリアージュプレート 825円(税込)

一人飲みであまり量は食べられない、料理よりもお酒を中心に楽しみたい、という方におすすめなのが、マリアージュプレートです。
クラフトビールを引き立てるシンプルなおつまみを少しずつ、8種類も楽しめます。

守口漬けバターなど、東海地方で愛されている食材が使われているのも魅力です。特にレーズンの代わりに守口漬けを使った「守口漬けバター」はおかわりで単品注文する人も少なくない人気のメニュー。

そのほか、いぶりがっこやカマンベールチーズ、オリーブ、ポテトサラダ、わさび風味のクラッカーなどもあり、オリジナルの組み合わせを見つけるのも楽しみ方の一つです。

好みのビール1杯とセットになっている「マリアージュプレートセット 1,408円(税込)」もお得ですよ。

KOYOENで名古屋の地ビールとこだわりの料理を
じっくり味わおう

KOYOENは名古屋で造られたクラフトビールとグリル料理・東海地方の素材を使った料理が楽しめるお店です。1931年に開業し、地元の人に長く愛されている「浩養園」のレガシーを引き継ぎながら、より多くの人にビールを楽しく・おいしく楽しんでもらうための提案を続けています。

飲み比べセットやソロサイズのメニューなどもあり、お一人様や少人数グループでも使いやすいのも魅力。買い物のついでや仕事帰りに、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

NEXT
【スウェーデンの暮らし】夏にぴったり、美味しいエルダーフラワーシロップのレシピとスウェーデン夏のアクティビティ
【スウェーデンの暮らし】夏にぴったり、美味しいエルダーフラワーシロップのレシピとスウェーデン夏のアクティビティ

海外

スウェーデン
PREVIOUS
自然の風景を眺めながら食べる手打ちうどん屋「イチトサンブンノイチ」
自然の風景を眺めながら食べる手打ちうどん屋「イチトサンブンノイチ」

グルメ

愛知県・額田郡

【CRAFT BEER KOYOEN(クラフトビヤ コウヨウエン)KITTE名古屋店】
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋B1F
電話:052-589-8223
営業時間:11:00~23:00
定休日:元旦(1月1日)

https://www.ginzalion.jp/shop/brand/koyoen/shop87.html

いずのうみ

いずのうみ

ライター・エディター

愛知県名古屋市在住。コピーライター3年、広告代理店でメディア編集者3年を経てフリーランスへ。金融やSDGs、ファッションなど幅広いジャンルのメディアで編集経験を積む。現在はグルメ・トラベルを中心に取材や執筆を行う。

趣味は旅行、読書、お酒。国内旅行が好きで47都道府県を制覇し、現在は2周目を満喫中。自身でもお酒に関するメディアを運用し、365日文章にふれる生活を送っている。


https://twitter.com/izunoumi_110

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エコールドメチエ

特集一覧へ

PANZA