MENU SEARCH

”だしがら”までおいしく食べられる。白ごはん.comの「だしブレンド」

グルメ

2019.01.28

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

だしがらまでおいしく!
だしブレンドを使ったレシピ

だしブレンド

そして、この「だしブランド」の一番の特徴は、だしをとった後の「だしがら」まで残さず料理に活かせるということです。「だしがら」ってそのまま捨てるのは少し残念と思いながらも、なかなか活用が難しいですよね。だしがらまでおいしく食べられるのはうれしいポイントです。

「白ごはん.com」では、だしがらを使ったレシピも紹介されています。

だしがらマヨトースト
だしがらマヨトースト

まず試していただきたいのが「だしがらマヨトースト」。しぼっただしがらにマヨネーズを合わせ、パンにぬったら、しっかりめにこんがりと焼くだけ!ツナトーストのような味わいです。

だしがらふりかけ
だしがらふりかけ

もうひとつ、挑戦しやすいのが「だしがらふりかけ」。血合いを除いたかつお節だからこそのくせの少なさ、風味のよさがあり、昆布が入ることによる食べごたえもしっかりとあって、おいしいふりかけに仕上がります。冨田さんの自信作なのだとか。

だしブレンドねぎ炊き込みごはん
だしブレンドねぎ炊き込みごはん

 

だしがら卵焼き
だしがら卵焼き
きゅうりのだしがらマヨ和えきゅうりのだしがらマヨ和え
いんげんと人参のだしがらオイル和え
いんげんと人参のだしがらオイル和え

他にもサイトには、「これなら今晩のもう一品に良さそう!」という簡単レシピがたくさん紹介されています。だしブレンドのだしがらはさっぱりとしたツナのようなうま味と香りを料理にプラスしてくれます。

「白ごはん.com」では随時だしがらレシピが増やしていくそうなので、お楽しみに!

だしブレンド

実際に筆者も試してみましたが、市販のだしパックと変わらない手軽さなのに、日本料理屋のようなおいしいだしを取ることができました。その他にも、煮物や炒め物に少し入れてみたり、お浸しに使ってみたり。パラパラっとふりかけるだけで、うま味がぐっとプラスされます。和食をつくるハードルを和らげてくれる、心強い存在です。

「まずは毎日のお味噌汁に使ってみてください」という冨田さんの言葉の通り、家庭料理に馴染む優しい風合いのだしブランドです。ほっとした気持ちになる、本物のだしの味と香りを楽しんでみてくださいね。

NEXT
和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」
和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」

グルメ

PREVIOUS
ジャンルが違う2つの空間で、個性的なグリーンとの出合いを楽しむ「garage(ガレージ)」
ジャンルが違う2つの空間で、個性的なグリーンとの出合いを楽しむ「garage(ガレージ)」

インテリア

愛知県・豊橋市
1 2 3 4

【だしブランド】サイト内のオンラインショップから購入できます
https://shop.sirogohan.com/

▼取り扱い店舗はこちら
https://shop.sirogohan.com/shop/stores

 

【料理研究家 冨田ただすけ】
南山大学卒業後、デパ地下の食品メーカー「ロック・フィールド」に就職。希望して工場勤務するものの、1年で退社し大阪阿部野辻調理師専門学校に。料理教室や茶懐石も行う名古屋の日本料理店(現在は閉店)で修業につく。その後、食品加工メーカー「寿がきや食品」にて研究開発の職に従事。そのサラリーマン時代に和食専門サイト「白ごはん.com」を立ち上げる。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

ALESCO