MENU SEARCH

”だしがら”までおいしく食べられる。白ごはん.comの「だしブレンド」

グルメ

2019.01.28

”だしがら”までおいしく食べられる。白ごはん.comの「だしブレンド」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2018年11月24日(いい日本食の日)に、料理研究家冨田ただすけさんと、山本佐太郎商店さんの新商品「だしブレンド」が発売されました。大人気の和食レシピサイト「白ごはん.com」を運営する冨田さんと、大地のおやつでお馴染みの山本佐太郎商店がコレボレーションしたことで話題になっている商品です。

「だしブレンド」は、「まじめな素材で最高の家庭だしを。」をコンセプトに、4種類の原材料を配合した家庭料理のためのだし取り専用ブレンドです。

日本食の基本でありながら、毎日ていねいにだしを取ることは難しいですよね。だしブレンドを使えば、かつお節、昆布をメインに、隠し味にあごと椎茸を加えた、安心で高質な素材を使っただしがご家庭でも簡単に取ることができます。

「だしブレンド」誕生の背景

だしブレンド
だしブレンド ¥1,000(税抜) だしこし袋 ¥680(税抜)
料理研究家・冨田ただすけさん料理研究家・冨田ただすけさん

まずは「だしブレンド」の誕生背景を教えていただきました。

冨田さん:「昨年で和食レシピサイト「白ごはん.com」をオープンして10年を迎えました。ありがたいことに、多くの方にご覧いただけるようになりました。そんな中、せっかくなら家庭でつくる和食がちょっとおいしく、手軽になるオリジナル商品をご提案したい!と思ったのがきっかけです。

最初は店頭でも販売がしやすいようにと、普通のだしパックの試作を重ねていました。しかし、鰹節の高騰や、昆布が台風の影響で取れにくくなったりと、それぞれの原料が値上がりしていくばかりでした。

開発期間中、自分でもたくさんのだしパックを試しました。だしを取っただしパックを大量に捨てることになってしまうんですよね。鰹節も昆布も確保が難しいとさえ言われているのに、これで良いのかなと悩みました……。」

冨田ただすけさん

冨田さん:「そこで、だしパックではない方法に舵を切りました。ワークショップや料理教室を開催する中で、「だしがらってどうしたら良いですか。」「とりあえず冷凍しているけど、うまく活用できない。」という声をよく耳にしていました。僕自身もだしがらをどう活用すればよいかと悩むことも多かったんです。

それなら「ちゃんとだしもおいしく、だしがらも食べやすくておいしい」。「だし取りと、だしがらを食べることが繋がる。」そんな商品は世の中には全くなかったので、つくりだす意味があるかなと商品化を進めました。」

NEXT
和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」
和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」

グルメ

PREVIOUS
ジャンルが違う2つの空間で、個性的なグリーンとの出合いを楽しむ「garage(ガレージ)」
ジャンルが違う2つの空間で、個性的なグリーンとの出合いを楽しむ「garage(ガレージ)」

インテリア

愛知県・豊橋市

【だしブランド】サイト内のオンラインショップから購入できます
https://shop.sirogohan.com/

▼取り扱い店舗はこちら
https://shop.sirogohan.com/shop/stores

 

【料理研究家 冨田ただすけ】
南山大学卒業後、デパ地下の食品メーカー「ロック・フィールド」に就職。希望して工場勤務するものの、1年で退社し大阪阿部野辻調理師専門学校に。料理教室や茶懐石も行う名古屋の日本料理店(現在は閉店)で修業につく。その後、食品加工メーカー「寿がきや食品」にて研究開発の職に従事。そのサラリーマン時代に和食専門サイト「白ごはん.com」を立ち上げる。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

アルボ