MENU SEARCH

和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」

グルメ

2019.01.28

和食がつくりたくなる!料理研究家・冨田ただすけさんの和食レシピサイト「白ごはん.com」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

月間400万PVを超える和食レシピサイト「白ごはん.com」。和食を中心に約800ものレシピが掲載されています。愛知県を拠点に活動する料理研究家・冨田ただすけさんが「和食のおいしさを伝えたい。」と立ち上げました。

ネット上には数々のレシピサイトがあります。その中でも、ここまで基本から応用までていねいに和食の魅力を伝えているサイトはなかなかありません。「私でも和食がつくれた」「レシピがわかりやすい」「下ごしらえまで学べる」と話題になっています。

今回は、料理研究家・冨田ただすけさんにサイト誕生の背景から、料理への想いまでじっくりとお話を伺ってきました。

和食レシピサイト「白ごはん.com」とは

白ごはん.com和食レシピサイト「白ごはん.com」(https://www.sirogohan.com/

「白ごはん.com」の魅力は、食材の下ごしらえから家庭料理、さらには、もてなし料理までと、幅広いレシピを提案してくれるところ。筆者も愛用している大好きなサイトです。はじめに少しだけ「白ごはん.com」がどんなサイトかご紹介していきます。

料理の”下ごしらえ”が学べる

ブロッコリーのゆで方
ブロッコリーのゆで方
鍋炊きご飯の炊き方
鍋炊きご飯の炊き方
栗の皮のむき方栗の皮のむき方

料理初心者の方は、「どうやって切ったら良いの?」「茹でるってどのくらい?」と基本の部分で断念してしまう方も多いのではないでしょうか。基本的なことってなかなか人には、聞きづらいですよね。「白ごはん.com」では、下ごしえらの方法やコツを写真とわかりやすい言葉で、ていねいに教えてくれます。

「栗の皮のむき方」「おせちの盛り付け」「とうもろこしの茹で方」など、季節ごとの下ごしらえは、特に人気なのだそう。そのときしか味わえない季節の食材は、おいしくいただきたいですよね。

基本の家庭料理が豊富

だしなし簡単!肉じゃが
だしなし簡単!肉じゃが
きんぴらごぼうきんぴらごぼう
家庭的な基本のハンバーグ家庭的な基本のハンバーグ

一般的なレシピサイトは、おしゃれな料理や手の込んだ料理など、少し背伸びしたものが多いですが、「白ごはん.com」はそうではありません。「和食のおいしさを伝えたい」という冨田さんの想いが込められたレシピは、どれもふとした瞬間食べたくなる、基本の家庭料理。毎日食べたくなるのって、こうした”お袋の味”ですよね。

料理するイメージがしやすい

簡単!やみつきキャベツのレシピ
簡単!やみつきキャベツのレシピ

サイトを見ているとあることに気がつきます。

それは、料理のイメージがしやすいというところ。素材の下ごしえからの写真が載っているので、「にんじんはこれくらいの厚さにする」「ドレッシングはこのくらい混ぜる」など、細かな部分まで詳細に知ることができます。

そして、もう一つ冨田さんのこだわりがありました。それは、写真を調理する人の目線で撮ること。実際につくっているかのように料理の手順をイメージできるんです。

NEXT
【まとめ】ドリンク片手に本の世界に没頭できる。愛知・名古屋周辺のブックカフェ
【まとめ】ドリンク片手に本の世界に没頭できる。愛知・名古屋周辺のブックカフェ

カフェ

愛知県・名古屋市
PREVIOUS
”だしがら”までおいしく食べられる。白ごはん.comの「だしブレンド」
”だしがら”までおいしく食べられる。白ごはん.comの「だしブレンド」

グルメ

【白ごはん.com】
https://www.sirogohan.com/

 

【料理研究家 冨田ただすけ】
南山大学卒業後、デパ地下の食品メーカー「ロック・フィールド」に就職。希望して工場勤務するものの、1年で退社し大阪阿部野辻調理師専門学校に。料理教室や茶懐石も行う名古屋の日本料理店(現在は閉店)で修業につく。その後、食品加工メーカー「寿がきや食品」にて研究開発の職に従事。そのサラリーマン時代に和食専門サイト「白ごはん.com」を立ち上げる。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

ととbaby