築90年の長屋にある小さな花屋「emof(エモフ)」でワークショップを体験してきました。|名古屋・那古野

2018.10.9
emof

名古屋駅から徒歩10分ほど。古民家や町家が立ち並ぶ「那古野(なごの)」にある隠れ家のような花屋さん「emof(エモフ)」。築90年の長屋で、オーナーの今井英津子さんが1人で店内を切り盛りされています。店内には、生花・リース・観葉植物・ドライフラワーなど今井さんのセンスが光る植物たちが並びます。

 

今回はemofで人気のフラワーレッスンを実際に体験してきました。その様子は後半でご紹介しますので、お楽しみに。

 

emofの外観お店の外観。レトロな雰囲気がすてきです。

 

emofオーナーの今井英津子さんemofオーナーの今井英津子さん


ー お店をはじめられたきっかけを教えてください。

 

今井さん:「大学時代から花屋で働いていて、将来は花の仕事がしたいと思っていました。7年勤めた後、カフェなど他の仕事も経験しましたが、やっぱり花の仕事がしたいと、フラワー教室をはじめたんです。最初は知人に教えたり、カフェの一角を借りたりしていたのですが、「自分の場所が欲しい」と想い、本山にアトリエを構えました。なので、自分としては、お店というよりアトリエという感覚なんです。

 

この那古野エリアを知ったのも、フラワー教室がきっかけです。すぐそこにあるカフェで10年ほど教室を開かせていただきました。そして、たまたまこの物件が空いていることを聞き、移転を決めました。」

 

生花自分の好きなものしか仕入れしないという、こだわりの詰まった生花たち。


ー お店のコンセプトはなんですか?

 

今井さん:「emofという店名は「every moment of flowers」の頭文字からきています。この言葉には、花はたった一輪でも、その場をぱっと明るく豊かな気持ちにさせてくれる存在という意味が込められています。ちょっとでも生活にお花があることで、生活が彩り豊かになると思うんです。そんなお手伝いができたらうれしいですね。」

 

ドライフラワー

 

ドライフラワードライフラワーの種類も豊富。


ー お店はリノベーションされたんですか?

 

今井さん:「少し手は加えましたがほとんどそのままの状態です。以前住んでいた方が、ご自分で改装されるのがお好きだったようです。建具・ガラス・腰壁など、できるだけ以前の姿を生かすようにしています。」

 

リース

 

リース店内にはシンプルながらも、どこか個性的でオリジナリティを感じるリースが展示されています。


ー リースの種類も豊富ですね。

 

今井さん:「リースは、もうかれこれ20年以上つくり続けています。それでも毎年少しずつ新しいデザインのものが生まれています。それくらいリースをつくるのが大好きなんです。お店を持つ前から、毎年冬先になると『リース展』も開催しています。今年で15年ほどになりますね。」

 

今年のリース展は、11月23日(祝)〜12月1日(土)に開催です。

 

観葉植物

 

多肉植物
暮らしに取り入れやすい小ぶりの観葉植物や多肉植物がそろっています。


ー 今後の展望をおしえてください。

 

今井さん:「大きな目標はありませんが、できるだけ長く続けることですね。1人で営業しているお店なので、無理ができません。体調を崩したらやめるしかない。那古野に移転するタイミングで営業日を増やしたのですが、なかなか身体が追いつかずダメでした。今は週4日の営業で落ち着いています。無理をしないで、自分のペースでできるところまで続けていきたいです。」

 

マスカラボウヤ常滑の陶芸作家「ミヤチヤスヨ」さんの作品『マスカラボウヤ』。レトロなガラスとの相性が抜群です。

 

Yu Kawaiさんのキャンドル
Yu Kawaiさんのキャンドル。溶けていく過程で色の見え方が変わっていくのだとか。


花屋時代の同僚である常滑の陶芸作家「ミヤチヤスヨ」さんの作品など、植物以外のアイテムも取り扱っています。

 

 

emofのフラワーレッスンに挑戦

 

フラワーレッスンお店の奥は、定員6名のレッスンスペース。カフェのようにほっこりとした空間です。


実際にフラワーレッスンを体験してみました。今回は、秋の草花をつかった「お月見アレンジ」に挑戦です。


ワークショップに挑戦するのはライフデザインズを運営するアライブのデザイナー三林。実は彼女、数年前にemofさんのレッスンに通っていたという経験者!一体どんなアレンジが完成するでしょうか。

 

まずは、ペーパーを使った器づくりから

 

レッスンの様子

 

まずはお花を生ける器づくりからスタート。オアシスにセロハンを巻いていきます。少しもたつかせて水がたまるようにします。久しぶりのレッスンにニヤニヤ。

 


オアシスの横にも草花が刺せるように、少し余裕を持たせてゴムで止めていきます。ついピタッとしたくなりますが、ふわっとさせて水がたまるようにしておくことがポイントです。余分なセロハンはハサミで切っておきましょう。

 


続いて、あたたかい手触り感のある紙をくしゃくしゃと。セロハン同様、こちらもふわっと仕上げます。

 

 


先ほどのセロハンの上から紙を巻いていきます。「後ろを高めにして、前をくしゃっとするとバランスが取りやすいですよ」と今井先生。少人数制のレッスンなので、細かな部分まで丁寧に教えていただけます。

 


ラフィアの紐を巻いて、器が完成しました。器も手作りできるなんてすてきですよね。

 

 

いよいよアレンジメントに挑戦

 


まずは最初に今回使用するお花について教えていただきます。「お月見アレンジ」ということで、秋の草花を中心にセレクトされていました。

 

<今回のレッスンで使用したお花はこちら>

・ススキ
・トルコキキョウ
・スプレーマム
・アンスリウム
・バラ
・リンドウ
・コニカル
・フィリカ
・シュウメイギク
・ユキヤナギ
・キイチゴの葉っぱ

 

もりだくさん!!

 

ススキ

 

ススキ&キイチゴ


最初にススキと木苺の葉っぱでベースをつくっていきます。まずは背の高いススキを真ん中付近に2本差し、バランスを見ながら木苺の葉っぱを左右前後に差し込みます。残りの草花のスペースを考えながら生けていきます。

 

フラワーレッスン


高さやシルエット、配色など、全体のバランスを見ながら、一つひとつ丁寧に。

 

スプレーマム

 

スプレーマムのように束になっているものは、バラして使いました。

 


前に配置したお花でうしろのお花が隠れないように気をつけて……、小さなスペースにたくさん差しますが、すべての素材がいきいきと見えるように細心の注意を払います。ドキドキ。だんだんと出来上がってきました。

 

 

アンスリウムの場所が決まらず、う〜んと悩む三林。先生のお手本をみても、花の形や大きさはそれぞれ異なるので、なかなか同じようにはいきません。

 

 

すかさず先生の登場です。「ここをこうして、このお花を少し傾けて……」。ほんの少し角度や高さを調整してもらっただけで、奥行きが出てグッと全体がまとまりました。「なるほど〜!」この変化には感動でした!

 

 

最後は全体のバランスをみながら整えていきます。奥行きを意識して、あまり横に広がりすぎないように……。

 

完成

 

じゃ〜ん。開始してから約1時間後、アレンジが完成しました。とても分かりやすく説明をしていただけるので、初心者の方でも挑戦しやすいですよ。


ー フラワーレッスンはいかがでしたか?

 

スタッフ三林:「2〜3年ぶりに参加させていただきました!最初は感覚を忘れていましたが、少しずつ思い出してきてとても楽しかったです。お花に触れて、茎をハサミで切って、差して……っていうのは、クリエイティブな作業でありながら、なんだか瞑想のようなヒーリング効果があるなぁと感じました。また時間を見つけて挑戦したいです♪」


emofでは、お試しで小さめの生花のアレンジがつくれる「体験レッスン(¥3,000)」も開催されています。はじめて挑戦するという方は、こちらのコースがおすすめです。

 

▼レッスンの詳細・日程はこちらから
http://emof.info/lesson/

 

emof


emofは今井さんの人柄が滲み出ているかのように、和やかであたたかなお店でした。帰り道に、お休みの日に、ふらっと立ち寄りたくなる。そんな花屋さんです。一輪でも生活を豊かにしてくれるという言葉の通り、今井さんのセンスで選ばれた植物たちは、きっとあなたの暮らしを豊かにしてくれます。

 

そしてもっと花を楽しみたいという方は、ぜひフラワーレッスンに挑戦してみてくださいね。カフェのようにすてきな空間で、草花に触れる。週末のリフレッシュとしてもおすすめです。

 

【emof(エモフ)】
住所   :名古屋市西区那古野1-23-3 MAP
電話番号 :052-977-6647
営業時間 : 11:00 - 18:00
定休日  :水・木・日

web : http://emof.info/
Instagram:https://www.instagram.com/everyemof/
facebook :https://www.facebook.com/emoflower