MENU SEARCH

FabCafe Nagoyaが久屋大通公園の「Hisaya-odori Park 」にオープン!ランチやティータイムから、ものづくりまで。デジタルものづくりカフェが名古屋に誕生。

カフェ

名古屋市・久屋大通
2020.09.16

FabCafe Nagoyaが久屋大通公園の「Hisaya-odori Park 」にオープン!ランチやティータイムから、ものづくりまで。デジタルものづくりカフェが名古屋に誕生。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「FabCafe Nagoya(ファブカフェ ナゴヤ)」が、久屋大通公園にできる「Hisaya-odori Park(ヒサヤオオドオリパーク)」に2020年9月18日(金)オープンします!

FabCafeとは、人々の創造性を引き出す場として、だれでも自由にものづくりができるようレーザーカッターや3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションマシンを設置しているカフェ。もちろん、ランチやティータイムなどを楽しむカフェとしても利用できます。

今回は特別にオープン前のFabCafe Nagoyaにお邪魔して来ましたので、徹底レポートしていきたいと思います。

「FabCafe」とは?

FabCafe Nagoya

FabCafeは、2012年に東京渋谷で誕生。現在世界8ヶ国11拠点に展開しています。

人々の創造性を引き出す場として、だれでも自由にものづくりができるようレーザーカッターや3Dプリンターなどのデジタルファブリケーションマシンを設置。また、そこに集う人々の交流を促し、コミュニティを形成していくことを目指しているのも特徴です。

食・アート・バイオ・AIから教育などさまざまなジャンルのイベント開催や、企業や団体との共創も積極的に行なっています。

FabCafe Nagoya

FabCafe Nagoya

さっそくFabCafe Nagoyaにやって来ました。お店の前には広々とした芝生広場が広がっています。

飛騨の広葉樹 x SUPPOSE DESIGN OFFICEによる、
公園と一体感を生み出すデザイン

FabCafe Nagoya

FabCafe Nagoya

内装デザインを手掛けたのは、国内外のデザインアワードや建築賞を数多く受賞している谷尻誠+吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFIC。

緑豊かな公園に面したカフェの店内内装には、公園と一体感が生まれる店舗を目指し、木材をふんだんに取り入れています。使用している木材は、岐阜県飛騨市の広葉樹。豊かな森を育むサステナブルな素材である広葉樹をクリエイティブの力で活かすことに挑戦しています。

FabCafe Nagoya

店内の至るところに飛騨の木材が使われ、とても心地の良い空間です。

誰でも自由にものづくりができる場所に

デジタルファブリケーションマシン

FabCafeの特徴は、何と言ってもデジタルファブリケーションマシンが設置されていること。人々の創造性を引き出す場として、だれでも自由にものづくりができるようレーザーカッターや3Dプリンターなどのマシンが揃います。

気軽にものづくり楽しめるワークショップも多数開催。マシンが空いている状態であれば、予約なしでその場で申し込みもできますよ。

NEXT
【1分4円でちょい乗り】スマホアプリで簡単に使えるシェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」。3密を避けた新たな交通手段としても、人気急上昇中!
【1分4円でちょい乗り】スマホアプリで簡単に使えるシェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」。3密を避けた新たな交通手段としても、人気急上昇中!

おでかけ

愛知県・名古屋市
PREVIOUS
名古屋PARCOに期間限定でOPEN!真新しい創作カレーに出会える、間借りスパイスカレー店「ANDY CURRY(アンディーカリー)」
名古屋PARCOに期間限定でOPEN!真新しい創作カレーに出会える、間借りスパイスカレー店「ANDY CURRY(アンディーカリー)」

グルメ

名古屋市・矢場町

【FabCafe Nagoya(ファブカフェ ナゴヤ)】
住所   :愛知県名古屋市中区丸の内三丁目6番18号先 RAYARD Hisaya-Odori Park内
営業時間 :9:00 – 20:00 ※イベント等により変更になる場合があります
定休日  :年中無休   ※イベント等により変更になる場合があります

https://fabcafe.com/jp/nagoya/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
チャリチャリ

特集一覧へ

城山館