MENU SEARCH

アデリア レトロから新たな柄が仲間入り!「花の輪」

ライフスタイル

2021.11.16

アデリア レトロから新たな柄が仲間入り!「花の輪」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

昭和の家庭で親しまれていたアデリアのグラスウェアを、 現代でも安心して使えるようリメイクした「アデリア レトロ」。昭和当時のデザインを再現したデザインは、新たなラインナップが登場するたびに、女性たちの心をくすぐっています。

そんなアデリア レトロから今度は​​白と水色の組み合わせが爽やかな「花の輪」が新登場です!

▼アデリア レトロの記事はこちら

アデリア レトロとは?


アデリア レトロを手掛けるのは、創業200年を迎えたガラス製品の先駆「石塚硝子株式会社」。昭和36(1961)年、食器事業への本格参入と同時に『ADERIA』が誕生。アデリアの食器は親しみやすいデザインと手頃な価格で広まり、昭和の食卓を飾りました。

おばあちゃんのおうちで、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
残念ながら、生産は終了してしまっていたのですが、根強いファンに後押しされ、時を超えて、アデリアレトロが誕生!当時の魅力はそのままに、今のライフスタイルでも使いやすい製品として生まれ変わりました。

見た目のかわいさはもちろん、ギフトにも買いやすい値段から、瞬く間に人気者に。発売開始から2年で26万個を売り上げるのヒット商品になりました。

白と水色の組み合わせが爽やかな「花の輪」


そして、今回新たに登場したシリーズが、昭和51(1976)年に発売された柄「花の輪」です。昭和当時はクリアブルーのグラスにプリントされていたのだそう。大小のポップなお花が咲きこぼれた、動きのあるデザインが印象的です。

涼やかな色合いのお花が何輪も重なり合うように描かれ、可憐で優しい雰囲気が漂っています。

ギフトにもぴったり!「水飲みコップペア」

「水飲みコップペア」2,200円(税込み)

昭和当時を思い出す、うっすらと水色のかかったグラスが素敵な「水飲みコップペア」。箱は柄と同じ水色が採用しており、ギフトにもぴったりです。

ペアグラスのうれしいポイントは、スタッキングができること!これなら、食器棚も嵩張りませんね。普段使いがしやすいので、日常にそっと寄り添ってくれる存在になりますよ。

大人気の「ボンボン入れ」も登場!

「ボンボン入れ350」1,320円(税込み)

「ボンボン入れ680」1,650円(税込み)

ガラス蓋がとてもかわいいの「ボンボン入れ」は360&680の2サイズ展開!

昭和の家庭では、ガラスの卓上保存容器は「ボンボン入れ」と呼ばれ、親しまれてきました。お菓子や小物などの保存におすすめですよ。

懐かしい昭和のカタチ「脚付きグラス」

「脚付きグラス」1,650円(税込)

昭和を思い出す「脚付きグラス」。かわくて、すっきりとしたフォルムは見ているだけでも心が踊ります。

アイスティやパフェなどを入れて、おうちカフェを楽しんでみてくださいね。

定番グラスもとってもかわいい!

「台付きグラス320」770円(税込み)

「中コップ8」770円(税込み)

アデリア定番のグラスももちろんあります。ちょっとお水やお茶を飲みたいときは、「中コップ8」を。たっぷり飲みたいときや、おうちカフェを楽しみたいときは「台付きグラス320」を。

どれもかわいいだけでなく、用途に合わせて使い勝手が抜群です。


今回は、アデリア レトロ「花の輪」をご紹介しました。

ぜひ新しい柄もチェックしてみてくださいね。

▼購入はこちらから
https://item.rakuten.co.jp/shopishizuka/c/0000000735/

NEXT
愛知県・犬山のおすすめ観光スポット10選

おでかけ

愛知県・犬山市
PREVIOUS
穴場のお店が集結!名古屋・鶴舞エリアのおすすめスポット

おでかけ

名古屋市・鶴舞

【アデリアレトロ】
https://aderia.jp/features/150/

<Instagram>
https://www.instagram.com/aderia_retro/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エコールドメチエ

特集一覧へ

ile