MENU SEARCH

大切な人に贈りたくなる、特別な日の食器「sono(ソノ)」

インテリア

名古屋市・覚王山
2019.09.04
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

大切な人に贈りたくなる、特別な日の食器「sono(ソノ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

地下鉄東山線「覚王山」駅から徒歩2分ほど。おしゃれな街として、名古屋はもちろんのこと、遠方からも人気が高い覚王山エリアに佇む「sono(ソノ)」。スタジオエムやソボカイなどの食器ブランドを展開する、瀬戸市にある食器ブランド「マルミツポテリ」の直営店。器好きにはたまらないお店です。

sono

sono

sono

sono

扉を開けると、大きなテーブルには素敵な器のコーディネートが目を引きます。そして、普段使いの器から、引き出物のような大切な贈り物などに使用できる、大小様々な器が揃っています。

日常を少し特別にする器を展開

マルミツポテリは、“もっと 食事をたのしくしたい”をテーマに、1988年に食器ブランドとして「スタジオエム」を立ち上げスタートしました。その後、名古屋市や瀬戸市、そして東京に食器店や飲食店、料理教室と10店舗を展開。店舗ごとに特徴を持たせた、オリジナル商品などを揃えています。

sono

その中のひとつが、ソボカイを中心に白色の器をメインに揃えたこちらの「sono」です。“少し特別な日のために使う器”をコンセプトに、2010年に覚王山にオープンしました。イタリア語で自分が「いる」「である」という意味の「sono」。いろんな人に器を楽しんでほしい、という想いで名づけたそうです。

sono

sono

「名古屋の中でも覚王山というのは、歴史がありながら洗練されたエリアです。sonoでは、“少し特別な日”を演出できる器やテーブルコーディネートを提案しています。

sonoの魅力は、大切な友人を自宅で招いたり、休日のブランチをみんなで楽しめるように、大人数で想定したテーブルディスプレイ。器のサイズも通常大皿は24cmくらいを揃えていますが、sonoは28cmの大皿も多く揃えています。」と担当者の佐原さんが話してくれました。

白と色の組み合わせが楽しい、sonoらしい器

白い器

「sono」では、オープン当初から白色をメインとした器を揃えています。ツヤ感のある白や素材感を感じられる白など、シンプルながら個性ある白色の器の提案をしています。

黄色い器

黄色い器

黄色い器

昨年4月から次へのステップとして、白を基調としながらも白を引き立てる色のある器を展開しています。夏であれば黄色や青色、淡いピンク色。冬場になると茶系や緑、赤色など、季節ごとで色のある器を楽しむことができます。

青い器

青い器

青い器

どの器もsonoらしく洗練されたフォルムが魅力的。色のある器を取り入れたことで、「今年はどんな色が楽しめるんだろう」と、ワクワク感も生まれます。

NEXT
【若旦那のおすすめ!】出来れば教えたくない!山奥に佇むミシュラン1ッ星のフレンチ
【若旦那のおすすめ!】出来れば教えたくない!山奥に佇むミシュラン1ッ星のフレンチ

グルメ

富山県・南砺市
PREVIOUS
手ぶらで楽しめる!愛知県で唯一のグランピング施設「ウッドデザインパーク岡崎」
手ぶらで楽しめる!愛知県で唯一のグランピング施設「ウッドデザインパーク岡崎」

ライフスタイル

愛知県・岡崎市

【sono(ソノ)】
住所  :愛知県名古屋市千種区山門町2-39
電話  :052-757-5667
営業時間: 10:00〜19:00
定休日  :火曜定休
駐車場  :なし
http://www.marumitsu.jp/sono/

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。現在も東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
リビングデザインビューロ

特集一覧へ

城山館