MENU SEARCH

ヒルトン名古屋でスプリングランチ&ディナービュッフェ「モツ×春野菜」が開催中。モツと春野菜で心も身体も元気に!

グルメ

名古屋市・伏見
2021.03.18

ヒルトン名古屋でスプリングランチ&ディナービュッフェ「モツ×春野菜」が開催中。モツと春野菜で心も身体も元気に!

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋・伏見にあるヒルトン名古屋では、1階オールデイダイニング「インプレイス3-3(スリースリー)」にて、スプリングランチ&ディナービュッフェ「モツ×春野菜」が開催されています。

「モツ」と「春野菜」を使った、フランスやイタリアのヨーロッパ料理を中心とした30種類以上のメニューが楽しめます。デザートコーナーには、現在開催中の「ストロベリー・スイートハート」よりおすすめのデザートが7種登場。

春の味覚をたっぷり楽しめるビュッフェです!

ヒルトン名古屋とは

ヒルトン名古屋

ヒルトン名古屋

ヒルトン名古屋は、世界展開を続けるヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1989年に誕生。2019年に30周年を迎えました。“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。また、名古屋市の中心に位置するというアクセスの良さも魅力のひとつ。

今回ご紹介する「In Place 3-3(インプレイス スリー・スリー)」は、2018年12月にオープンしたオールデイダイニングです。

心も身体も元気になる「モツ×春野菜」

モツは低カロリーでコラーゲン・ミネラル・ビタミンなどが豊富な栄養価が高い食材。また、冬の寒さに耐えながら育った春野菜には、特有の苦みや香りがあり、抗酸化作用やデトックス効果、ストレス緩和を促すと言われています。滋味深い味わいのモツと生命力溢れる春野菜の心も身体も元気になる最強のコンビでお届けする春のビュッフェです。

レバー・フォアグラ・ハチノス・ガツ・ハツなどさまざまな部位を使用したバラエティ豊かなモツ料理。新玉ねぎ・筍・菜の花・春かぶなどの春野菜や、桜海老・シラス・アサリなど旬の食材をふんだんに使用した、フランスやイタリアのヨーロッパ料理を中心とした30種類以上のメニューが楽しめます。

【スプリングランチ&ディナービュッフェ概要】

会場:ヒルトン名古屋1階 オールデイダイニング「インプレイス3-3」
期間:2021年3月4日(木)~2021年5月12日(水)
時間:ランチ 月~水11:30~14:30/木~日・祝11:30~14:00
   ※3月29日(月)~31日(水)は、11:30~14:00
   ※終了時間は料理終了時間
ディナー 17:30~21:00(料理終了20:30)
料金:
【平日】
・4月1日~:5,500円 / 子供(6~12歳)2,500円(税金・サービス料含む)
【土日祝】
・4月1日~:6,000円 / 子供(6~12歳)3,000円(税金・サービス料含む)

テイクアウト
4月1日~:2,800円(税込)

※4月1日~:700円(税込)でメイン料理のメニューから1つ追加可能

詳細・ご予約:URL: https://nagoya.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/buffet/inplace3-3_2103

※ヒルトン名古屋ウェブサイトからのオンライン予約の場合5%OFF
TEL:052-212-1151(レストラン予約)

ご自宅でゆっくり味わいたいという方は、テイクアウトボックス(お一人様分 2,500円)もおすすめ!

▼詳しくはこちら
https://nagoya.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/item/cafe3-3_2005

ヒルトン名古屋で
ランチビュッフェを体験してきました!

今回は実際にヒルトン名古屋のビュッフェを体験してきました!モツと春野菜、どんなお料理なのかワクワクが止まりません。

ヒルトン・クリーンステイ対策

ヒルトン・クリーンステイ対策

ヒルトン・クリーンステイ対策

店内の「ヒルトン・クリーンステイ対策」も合わせてご紹介していきます。ヒルトン名古屋では、安心してアフタヌーンティー&ビュッフェを楽しんでいただきたいという想いから新型コロナウイルスの感染予防対策に力を入れています。

<ヒルトン・クリーンステイ対策>

・ビュッフェの料理はライブステーション、シェフやスタッフが直接お渡しするスタイルで提供します。お客様がご自身で料理を取る際には、トングカバーをご使用いただきます。また、料理を取る前、ドリンクバーを利用する前は必ずアルコール消毒剤での手指の消毒をお願いします。
・ライブステーションやビュッフェテーブルに飛沫防止カバーを設置しています。
・お客様には、お食事中以外の時間(席を離れる時、料理やドリンクを取りに行く時、その他店内を移動する時)はマスクの着用をお願いします。
・隣りのお客様との間隔を確保して着席いただくようにしています。
・ビュッフェのコーナーごとにお客様が並ぶ位置、動線を設定しています。
・入口をはじめ、店内複数箇所にアルコール消毒剤を設置、検温をお願いしています。
・店内にハンドウォッシュステーション(手洗い場)を設置しています。

オリジナルのトングカバー

料理を取るときには、オリジナルのトングカバーを使用。紙製の使い捨てなので、安心ですね。

身体も心も元気になるメニューが盛りだくさん!

まずはホットコーナーへ!魚料理や肉料理をシェフが取り分けてくれます。

特に印象的だったのは、サステナブルシーフードである「タスマニアサーモン」のロースト。ほどよいしっとりさで、思わずリピートしてしまいました。ぜひ味わってみてくださいね!

他にも、菜の花・筍・新玉ねぎなど、旬の春野菜を使った料理がずらり。春野菜はカラフルで目でも楽しいです。

お次はコールドコーナーへ!「春かぶの桜マリネとキヌアのタブレ」「菜の花と水菜、シラスのペペロンチーノ風サラダ」など、こちらも春を感じるメニューが並びます。

お隣には、フランス料理版煮込みの煮凝り料理「フロマージュドテット」「チキンレバーパテ」などのモツ料理が並びます。ひとくくりに「モツ」と言っても、こんなにも味わい方があるのかと驚きでした。どの料理もモツの臭みもなく、おいしくいただけましたよ。

そして、ビュッフェで、ぜひ注目していただきたいのが「自家製ブレッドセレクション」。毎朝ホテルで焼いているので、パンの香りがとっても豊か。

「ストロベリー・スイートハート」よりおすすめのデザートが登場!

 

デザートコーナーには、「ストロベリー・スイートハート」よりおすすめのデザートが登場!ホールケーキはシェフが取り分けてくれますよ。

デザートコーナーで特におすすめなのが、シェフがその場でデザートを提供してくださる「ライブステーション」。「桜あんのいちご大福」と「チュロス ストロベリーマリネ添え」の2種類。

特にいちご大福は、出来立てだからこそのモチモチふわふわが絶品でした。ライブステーションならではの味わいですね。

スプリングランチ&ディナービュッフェ「モツ×春野菜」

今回はヒルトン名古屋の春のランチ・ディナービュッフェをご紹介しました。新玉ねぎ・菜の花・筍など春の食材もふんだんに使われ、季節を味わうことのできるビュッフェでした。そしては、モツは栄養価も高く免疫力を高めてくれる食材。揺らぎがちな春だからこそ、モツを食べて元気に過ごしましょう。

ぜひ、足を運んでみてくださいね。

NEXT
【20選】桜の季節が到来!東海エリアのお花見スポット
【20選】桜の季節が到来!東海エリアのお花見スポット

おでかけ

愛知県・岐阜県・三重県
PREVIOUS
【読書好きスタッフが選ぶ、3月に読みたい1冊】今月のテーマは、”世界の見方が変わる本”
【読書好きスタッフが選ぶ、3月に読みたい1冊】今月のテーマは、”世界の見方が変わる本”

ライフスタイル

【スプリングランチ&ディナービュッフェ概要】

会場:ヒルトン名古屋1階 オールデイダイニング「インプレイス3-3」
期間:2021年3月4日(木)~2021年5月12日(水)
時間:ランチ 月~水11:30~14:30/木~日・祝11:30~14:00 ※終了時間は料理終了時間
ディナー 17:30~21:00(料理終了20:30)
料金:
【平日】
・4月1日~:5,500円 / 子供(6~12歳)2,500円(税金・サービス料含む)
【土日祝】
・4月1日~:6,000円 / 子供(6~12歳)3,000円(税金・サービス料含む)

テイクアウト
4月1日~:2,800円(税込)

※4月1日~:700円(税込)でメイン料理のメニューから1つ追加可能

詳細・ご予約:URL: https://nagoya.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/buffet/inplace3-3_2103

※ヒルトン名古屋ウェブサイトからのオンライン予約の場合5%OFF
TEL:052-212-1151(レストラン予約)

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

ナサホーム