MENU SEARCH

人生はRPGだ!楽しみながら、地域のモヤモヤを解決するYoutubeチャンネル「モヤはれクエスト」

ライフスタイル

2020.09.18

人生はRPGだ!楽しみながら、地域のモヤモヤを解決するYoutubeチャンネル「モヤはれクエスト」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

みなさんが抱える不安や苦しみが、楽しみに変えれることができたら嬉しくないですか?そんな「”モヤモヤ”が”晴れる”」ことを目的とした番組をつくっているが、YouTuber「モヤはれクエスト」。

今回は、東海エリアを中心に旅をしながら、地域の困りごとを解決していく彼らの姿にせまってきました!

モヤはれクエストとは?

サキサンさん

サキサンさん

メンバーは10人ほど在籍しているという、「モヤはれクエスト」。今回は主要メンバーであるサキサン・ウツミン・モリリンの3人に集まっていただきました。

– 最初に「モヤはれクエスト」ってどんな番組なんですか?またYouTubeをはじめたきっかけを教えてください。

サキサン:「モヤはれクエストは簡単に言うと、RPGを現実社会に置き換えた番組です。例えば、日常で自分たちが必要な「お金」「仕事」「人間関係」などはゲームでいうクエストやボスのようなもの。

RPGゲームをやったことがある人はわかると思うんですが、新しい街を目指して旅をしていき、モンスターを倒すために戦い、レベルをあげていきますよね。レベルをあげるためには街の人に話しかけたり、イベントを起こしていくと、ラスボス(最終目標)に向かっていきます。」

サキサンさん

サキサン:「僕は昔から人生はRPGであるべきだと思っているんです。ゲームの世界ではいくら強くて頼れるヒーローでも、現実世界では思うように生きられていないって人は多いんじゃないかな?って。自分の人生をRPG化して考えると、もっと人生が楽しくなると思うんですよね。

お金がない、収入をあげたい!というなら自分のスキルをあげる必要がありますし、もっと人に出会いたいと思うならイベントに参加したり、人に話しかけることでチャンスが増えます。ゲームの世界も、現実世界も自分が止まってしまえば、何も進みません。だからこそ、RPGの要素を取り込むことで、目の前の問題をどう対処していくかを具体的に考えることができるようになります。敵を倒すたびに成長し、目的に到達することができるようになると思うんです。

それを現実化したのが、この「モヤはれクエスト」です。地域を旅しながら、その土地の問題を僕たちなりに吸い上げて解決していく。旅番組「ブラタモリ」× 本気の困りごとを解決する番組「探偵ナイトスクープ」を合わせたような内容を”ゲーム感覚で楽しんでいく番組です。」

モリリンさん

モリリンさん

モリリン:「この話をサキサンから聞いたのがちょうど下呂温泉へ3人でいく途中だったんです。僕ら3人はフリーランスで普段は全然違う仕事をしているので、それぞれのスキルを活かしながらできることってあるなと思いました。

それに純粋に面白そう!ってワクワクしましたね。それじゃあ、いきなりだけど1本目撮ってみようよ!ってことで第1弾、温泉地編がスタートしました。」

ここからは実際に動画を見ながら、どのようにクエストしていくのかを見ていきたと思います!

①冒険にいく

サキサン:「まずは冒険をはじめるにあたり旅番組のように、街をふらふらと歩きながら楽しみます。このときも温泉に入ったり、街の人に話を聞きながら下呂の魅力を探っていきます。」

②クエスト化

ウツミン:「クエスト化するにあたり、僕らが街をまわって感じたことや、街の人に聞いた話を踏まえて、どんな問題点があったか話合います。ここで感じたのが、「伝統・文化をいかに継承するか」「温泉のマナーをどう伝えるか」「宿泊をする施設がほとんどのため、ご飯を食べる場所が少ない」という3つの問題点です。また、僕の友人が下呂で「寅家」という旅館をはじめたこともあり、彼も巻き込んで進めていくことになりました。」

サキサン:「僕らが前回まとめた議題をもとに、「寅家」さんを交えてオンライン会議をしました。コロナウィルスで起こった大きな変化をどう捉えて生かしていくか、今抱えている問題をお聞きしながら、ディスカッションを重ねていきました。」

モリリン:「温泉地を観光目的だけで誘致するのではなく、アイドルやコスプレイヤーの撮影会ができる温泉地にしても面白いなど、さまざまな意見がでましたね。」

③攻略編

サキサン:「クエスト化をしたので、ここからはいよいよ攻略編です。再び下呂を訪れました。このときはイラストレーターの友人も参加したんですが、訪れたお店の大将が壁に絵を描いてほしいとのリクエストをいただいたので、壁にイラストを描いてもらいました。」

サキサン:「ほかにも寅家さんのホームページに掲載する写真撮影をしたりと、自分たちのスキルをつかってできることをクエストしていきます。」

サキサン:「そして今回の攻略メイン企画「混浴フロトーク」では、下呂温泉街に流れる益田川の河川敷にある露天風呂「噴泉池(ふんせんち)」で男女6人混浴をしました。下呂温泉の伝統・文化をいかに次世代に伝えるかを考えたときに、若い世代との隔たりをなくすことができるのがフロトークかな?と思ったんです。ここでは水着を着れば誰でも入浴することができるので、自分たちが最初にやってみようと!いうことでここで最後にここで混浴をして下呂編は一旦完結しました。

実際には、これがきっかけで下呂とのつながりは続いているので、自分たちなりの形で街の問題を今後も解決していきたいですね。」

<下呂温泉攻略まとめ>

☆発見したモヤモヤ
・温泉街の伝統・文化をいかに次世代に伝えるか
・温泉マナー
・ご飯食べる場所
・コロナウィルスの影響をどう生かしていくか
・若い子は下呂を出て行ってしまう
・産業がない

☆考えたクエスト
・混浴フロトーーク!
・寅家さん用 浴衣モデル写真撮影
→クエスト報酬:寅家さん無料宿泊

☆イベント
・下呂けいちゃん屋の壁にイラスト書く
→イベント報酬:けいちゃん串塩味

ウツミンさん

ウツミンさん

– 下呂温泉以外には、どんなところへ行かれたんですか?

ウツミン:「まだ公開していない動画が多いんですが、今まで10ヵ所くらい行っていますね。先日は中津川の田瀬という地域へ行ったんですが、3月に廃校になった小学校をどう活用していけばいいか、街を今後どうやって盛り上げていけばいいのかっていうお話をいただきました。

そこで僕らはPVをつくりましょう!という提案をさせていただきました。それもその日のうちに。まずは僕が台本をつくり、15分の話し合いをして1時間の撮影。機材はスマホだけです。自宅に戻り、その日のうちに編集して翌日には動画を公開しました。

通常ならかなり時間がかかる動画撮影も、そこにいた人たちが一致団結してやろう!と思えばできちゃうんですよね。」

ウツミンさん

モリリン:「この動画をきっかけに、田瀬町の人たちも廃校になった母校を守っていきたい。自分たちにもできるんだ!という意識が芽生えてよりやる気に満ち溢れています。みなさんが喜んでくれた姿を見るのはとってもうれしいですね。」

サキサン

サキサン:「僕らはあくまでもきっかけづくりだと思うんです。街をぶらぶらと楽しんでいる過程の中で、地元の人たちと対話をする。外から来る人も、地元の人も問題を解決しにくるのだから「敵」ではなく味方ですよね。内と外の人で攻略していくことで、地域と繋がり、街を好きになるきっかけをつくります。 

そして、一番大事なのは住んでる方の気持ちです。ゲームのキャラクターに入り込み過ぎず、俯瞰的になること。キャラクターを操作してゲームをしている側にたてば、さまざまな仕事・お金・人間関係といったボスやクエストをどう攻略して、どうレベルアップするかを楽しむことができます。ゲームにしてしまえば観光資源のない地域でも、クエストや地域のミッションといったゲーム要素を創ることで、それ目的で来る人を生み出せると思うんです。

今後は参加やクリアに対しての経験値、レベル、職業設定、スキル・能力パラメーター、イベント開催などゲーム要素を充実させていく予定です。また、報酬はお金だけでなく、モノでもサービスでもいいと思うんです。クリアしたらご飯食べれるとか、泊まれるとか、地元の野菜もらうでもいい、クエストとクラウドファンディングを合わせて、みんながこれクリアできたらいいよね!って想いを報酬に乗っけようと思ってます。」

moyahare

モリリン:「普段は家にこもっている人もゲームなら外にでるきっかけになると思うんですよね。僕自身、かなりインドアな生活をしてるんですが、モヤはれクエストの撮影をかねてすごく外にでるようになりました。いろいろな場所に行って、色んな人と出会うってめちゃめちゃ楽しいし、学ぶことが多いんです。」

moyahare

サキサン:「モヤはれクエストは誰でもできることです。そう言えば近所のお店の人こんなことにモヤモヤしてたな。自分だったら何できるかな?これやったら喜んでくれるかな?など自分のできる範囲で攻略していくと人生がもっと豊かになっていきます。

誰かのために自分ができることをして、信頼が積み重なったら、これから何があっても大丈夫です。お金は大切だけど、それ以上に信頼が大切な時代がこれからくると思っています。信頼があれば、例えば災害があっても助け合えます。困ったときは自然と誰かが助けてくれます。モヤはれクエストが、これからの時代を生きるためのヒントになれば最高ですね。

今回のお話を聞いて、RPGを人生におきかえると大切なことがたくさん見えてくるのだと感じました。ゲームの世界であってもコツコツ努力することが大切で、次のステージに挑戦しない限り永遠に同じ街で過ごすことになります。どんなに困難でも、人生は前に進み続けるしかないんですよね。人生をワクワクしたものにできるかどうかは自分次第ですが、そこにモヤはれクエストがあれば世界はもっと面白くなるのではないかと思いました。

ぜひ、みなさんも身近なモヤモヤを解決することからはじめてみませんか?

NEXT
【10選】自分だけのお気に入りの空間を手に入れよう!岐阜県のリノベーション会社まとめ
【10選】自分だけのお気に入りの空間を手に入れよう!岐阜県のリノベーション会社まとめ

住まい

岐阜県
PREVIOUS
【2021年 松坂屋のおせち】来年のお正月は自宅でゆったりと。1人用おせち、地域産業を応援するおせちも登場
【2021年 松坂屋のおせち】来年のお正月は自宅でゆったりと。1人用おせち、地域産業を応援するおせちも登場

グルメ

名古屋市・栄

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

産後の骨盤矯正