円頓寺の老舗喫茶『西アサヒ』を再生。「喫茶、食堂、民宿。なごのや」

2019.2.25
喫茶、食堂、民宿。なごのや

今回は、円頓寺商店街に店舗を構える「喫茶、食堂、民宿。なごのや」をご紹介します。

 

円頓寺商店街で80年以上にもわたって愛され続けた老舗喫茶「西アサヒ」が、2015年にカフェレストラン&ゲストハウスとして生まれ変わりました。2階は、国内外からの来訪者向けの宿泊施設として、1階が名物の「タマゴサンド」やオリジナルコーヒーが味わえる喫茶・食堂として、連日多くの人でにぎわっています。

 

円頓寺商店街

 

「なごのや」があるのは、名古屋で最も古い商店街として知られる円頓寺商店街。名古屋駅と丸の内の間という都心にありながら、下町情緒が残るレトロな雰囲気が残っています。

 

「外国から来てくださった方が、名古屋に滞在できる場所をつくりたかったんです。」というオーナーさんの言葉の通り、名古屋駅と名古屋城を結ぶ道に位置し、名古屋滞在の拠点にぴったりの場所です。

 

 

 

老舗喫茶「西アサヒ」の想いを受け継いで

 

なごのや外観


そんな円頓寺商店街で80年以上にもわたって愛され続けてきた老舗喫茶「西アサヒ」。しかし、前オーナーの体調不良で惜しまれながらも2013年に休業となっていました。一度は閉店してしまったものの、現在のオーナー・田尾さんと商店街の関係者の尽力によって復活。2015年4月にカフェレストラン&ゲストハウスとして生まれ変わりました。

 

なごのや内観

 

なごのや内観

 

なごのや内観


1階は喫茶・食堂です。奥に細長い店内は昔の面影を残しつつ、レトロモダンな空間にリノベーションされました。店内は、カウンター席・かつてここで使われていたソファ席など、40席ほど。

 

照明

 

照明

 

 

地域の人の声から復活した「タマゴサンド」

 

喫茶、食堂、民宿。なごのや
タマゴサンド ¥750(税込)

 

なごのやの看板メニューと言えば「タマゴサンド」。

 

「同じ場所でやるならぜひ復活してほしい!」という地域の方の声から復活した喫茶店「西アサヒ」時代の名物メニューです。喫茶店時代に店内に飾られていた看板や、当時の味を覚えている商店街の方と試行錯誤しながら、喫茶店時代の味を再現したのだそう。

 

ふわふわに焼かれたたまごと、刻みきゅうりの2層のサンドイッチ。やさしい味のたまごに、からしマヨネーズで和えられたシャキシャキのきゅうりが、いいアクセントになっています。一度食べたら忘れられない味です。

 


そんな想いの詰まった「タマゴサンド」にぜひ合わせていただきたいのが、オリジナルのブレンドコーヒーです。

 

創業当初はハイカラな存在だった老舗喫茶「西アサヒ」。当時は煮出してコーヒーが淹れられていました。そんな背景もあり、「老舗」「ハイカラ」「煮出しコーヒー」の3つの言葉からイメージしてつくられた、なごのやオリジナルブレンド。3種類の豆をそれぞれ焙煎してからブレンドしているので、味にグラデーションがつき、深みのあるスッキリとした味が楽しめるのだとか。

 

メニュー「タマゴサンド」以外にも、グルメメニューが充実。18時からのラウンジタイムは、鶏の唐揚げなど、お酒にぴったりのおつまみメニューも。

 

ハッピーアワー
15時〜18時は生ビールとグラスワインが各300円の「ハッピーアワー」


もちろん宿泊者以外でも利用が可能です。Wi-Fiとコンセントを完備しているので、コーヒーを飲みながらのパソコン作業など、ランチ後もゆっくりとくつろげますよ。取材時も、打ち合わせをしたり、作業をしたり、読書をしたりと、皆さん思い思いに過ごされていました。

 

【喫茶・食堂】
定休日 :月曜日
営業時間
モーニング 8:00~10:30
喫茶    11:30~18:00
ラウンジ   18:00~22:00(LO21:00)
ハッピーアワー 15:00~18:00

https://www.nagonoya.com/cafe_restaurant.html

 

 

 

気軽に泊まれる宿泊施設

 


名古屋の観光やイベントの情報がたくさん紹介されています。

 

喫茶店の奥の階段を上がった2階は、宿泊施設になっています。

 

オーダーメイドの二段ベット

 

ドミトリーは1泊3,240円(税込)。三方向が壁で囲まれた完全オーダーメイドの2段ベッドです。

 

個室

 

個室は床の間付きの本格和室。最大4名まで宿泊できます。 利用料金は人数により異なりますが、1泊11,000円~13,000円(税抜き)でご利用いただけます。こちらのお部屋は、ファミリーに人気なのだとか。

 

リビングダイニング

 

宿泊者同士でゆったりくつろげるリビングダイニングもあります。この日も、宿泊者の方が調理をされたり、旅のプランを相談されていました。

 

 

民宿。なごのや別館

 

民宿。なごのや別館

 

本館から歩いて2分ほどの場所に、「民宿。なごのや別館」が2018年5月にオープンしました。(別館は宿泊施設のみ)

 

 

宿泊者が自由に利用できるラウンジは、レンタルスペースとしても利用が可能です。奥にある中庭には、薪ストーブもあるのでピザパーティーなんかも楽しめます。

 

 

ドミトリーベッドが8台、個室が3部屋。個室は、日本家屋の梁がいい味を出しています。もちろんシャワーや洗面スペースも完備。


▼宿泊予約はこちらから
https://www.nagonoya.com/hostelinfo.html

 

「もっと商店街を盛り上げていきたい。円頓寺や名古屋の魅力を知ってもらえる、窓口やきっかけになっていきたいです。」と今後の展望を話してくださいました。

 


「なごのや」という屋号には、お年寄りから若者・日本国内から全世界の人々までみんなが集い居心地よく過ごせる家のような場所になってほしいという想いが込められています。その言葉の通り、さまざまな世代の方、さまざまな国の方が集まってました。

 

まずは80年の想いが詰まった「タマゴサンド」を食べに、喫茶に足を運んでみてください。きっと、「なごのや」の魅力に触れられること間違いなしです。

 

【喫茶、食堂、民宿。なごのや】
住所   :愛知県名古屋市西区那古野1-6-13
電話番号 :052-551-6800
https://www.nagonoya.com/

▼Instagram
https://www.instagram.com/nagonoya_endoji/
▼facebook
https://www.facebook.com/Nagonoya/