MENU SEARCH

まるで色の博物館!天王洲アイルの伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」

アート

東京都
2018.10.11

まるで色の博物館!天王洲アイルの伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、東京・天王洲アイルに2015年7月に誕生した伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」をご紹介します。画材ラボと聞くと、作家やアーティストが訪れる場所のように感じますが、PIGMENTはそうではありません。初めて伝統画材に触れる方でも、楽しく、いつのまにか色の世界に引き込まれてしまう場所です。

200㎡を超える広々とした店内には、約4,500色もの顔料や200種類以上の古墨、動物の皮を煮出してつくられる天然の接着剤である膠(にかわ)、といった希少かつ良質な伝統画材がずらりと並びます。東海エリアからでもぜひ訪れていたきたいPIGMENTの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

世界的な建築家・隈研吾氏の設計した内装

PIGMENTの内装

PIGMENTの内装

PIGMENTのポイントの1つは店舗デザインです。

担当したのは、世界的な建築家・隈研吾氏。最近では東京オリンピック新国立競技場のニュースでも話題になりましたよね。竹の簾(すだれ)をイメージした有機曲面で構成した現代的なデザインが印象的です。

ただの画材ショップではなく、ミュージアムとしても楽しんで欲しい。芸術家や専門家ではない一般の方にも興味を持ってもらいたい。その想いから展示には特にこだわっているのだそう。1つひとつの画材がていねいに陳列されています。

PIGMENTの内装

PIGMENTは、日本だけでなく、世界中から注目されているスポットです。取材中も、多くの海外からのお客様が足を運んでいました。それほど、ここでしか出会えない貴重な画材が揃っているんです。PIGMENTが取り扱う商品は、4,500色の顔料をはじめ、10,000点にも及びます。いくつかピックアップしてご紹介していきます。

NEXT
堀川の岸も川面も楽しめるお祭り!「堀川ウォーターマジックフェスティバル」
堀川の岸も川面も楽しめるお祭り!「堀川ウォーターマジックフェスティバル」

おでかけ

名古屋市・納屋橋
PREVIOUS
建築好き必見!模型の新たな楽しみ方を体感できる「建築倉庫ミュージアム」
建築好き必見!模型の新たな楽しみ方を体感できる「建築倉庫ミュージアム」

アート

東京都

【PIGMENT(ピグモン)】
住所   :東京都品川区東品川2-5-5 TERRADA Harbor Oneビル 1F
アクセス : りんかい線「天王洲アイル」駅から徒歩3分/東京モノレール「天王洲アイル」駅から徒歩5分
電話番号 :03-5781-9550
営業時間 :11:30 – 19:00
定休日  :月曜日・木曜日

web :https://pigment.tokyo/ja/about/
Instagram:https://www.instagram.com/pigment_tokyo/
facebook :https://www.facebook.com/PIGMENTTokyo/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

アルボ