MENU SEARCH

石好きには絶対に訪れて欲しい!岐阜県中津川市にある鉱物・宝石の博物館「ストーンミュージアム博石館」

おでかけ

岐阜県・中津川市
2021.06.24

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

カフェ&レストラン「MW(ムウ)」の絶品「ピラミッドカレー」

おなかが減ってきたので、博石館の側にあるカフェ&レストラン「MW(ムウ)」で名物の「ピラミッドカレー」をいただくことに。

ピラミッドカレーをはじめ週替わりランチ、ケーキセットをいただけます。
博石館に入館しなくても利用できますよ。

店内は博石館らしく、柱、天井、テーブル、椅子などすべてが石でできています。

こちらが、定番の「ピラミッドカレー 900円(税込)」ピラミッド型のご飯に大鍋で長時間じっくり煮込んだ特製カレーです。


旬の野菜を使ったヘルシーな「野菜カレー(950円(税込))」もおすすめです。
※野菜は季節によって変わります

ちょっと一息つきたいとき、おなかが空いたときはカフェ&レストラン「MW(ムウ)」へ行ってみてくださいね。

【MW(ムウ)】
営業日 :8月は毎日営業
営業時間:9:00~16:00(ラストオーダー15:30)

最後は、「ミュージアムショップ」で
オリジナルグッズを買って帰ろう!

博石館のおみやげショップでは、宝石や鉱物、ピラミッドに関連したエジプトのお土産など、さまざまな商品が多くそろっています。

特におすすめなのが、「ストーンチョコ」。アメリカのフィエスタ社のチョコレートで、見ただけではこれがチョコレートだとは、わからないほど本物の小石そっくり!

天然着色料のみが使用されているのも嬉しいポイントです。お土産にぴったりですよ。

ぜひお帰りの際はミュージアムショップに立ち寄ってみてくださいね。

まだまだコンテンツが盛り沢山!

今回ご紹介した以外にも、博石館の見どころはまだまだ盛り沢山です。ここからは、一挙に紹介していきます。

「レストランバッカス」

110年前の石柱を使って建てた神殿風のレストランです。結婚式披露宴やイベント、団体企画にご利用いただけます。(季節営業・要予約)

「石職人体験室」

昔の石職人が使っていた道具が展示してあります。

「気充庵(きじゅうあん)」

石とミラーガラスで建てられた、ユニークなお茶室。ミラーにはピラミッドが映るように設計されています。

「チャペル」

落ち着いた雰囲気の山小屋風チャペルです。
休憩スペースとして開放されており。室内には100年前につくられたピアノがあります。


実際に弾けるのも驚きです。実際に結婚式のチャペルとしても利用できるのだとか。


石の楽器もあるので、こちらも叩いて奏でてみてくださいね。

「月空(げっくう)記念館」

全国を放浪しながらはがき絵を描く芸術家、「中島月空」さんの記念館です。館内でははがきに絵を描いて楽しめるスペースもあります。

「Rocks Garden Café」

週末限定で、ピザやロコモコ、パスタがいただけますよ。

「うんちく館」

トイレの歴史から文化まで。トイレにまつわる品々が展示してあります。触るとご利益があるかもしれない恐竜のうんちの化石もあります。

「玉井袈裟男となかまたちの記念館」

各地の農村における地域おこしを提唱してきた信州大学名誉教授・玉井袈裟男氏と、その仲間たちの記念館。


博石館は歩いてるだけでも見どころが満載です!ぜひ合わせて訪れてみてくださいね。


何度もでも行きたくなる魅力が博石館にはあります。大人も子ども夢中になって1日を過ごせる場所ですので、ぜひ週末のおでかけの参考にしてみてくださいね。

NEXT
梅雨はあじさいを愛でて、のりこえよう!東海エリアのあじさいスポット【10選】

おでかけ

愛知県・岐阜県・三重県
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】マクドナルドより人気 スウェーデン発のハンバーガーチェーン「MAX(マックス)」

海外

スウェーデン
1 2 3

【ストーンミュージアム博石館】
住所  :岐阜県中津川市蛭川5263-7
電話番号:0573-45-2110
営業時間:9:00~17:00(16:30入館受付終了)
休館日 :公式ホームページをご確認ください
https://www.hakusekikan.co.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

産後の骨盤矯正