MENU SEARCH

有松鳴海絞りの歴史や文化にふれる。「有松ぶらり散歩」に行ってみよう!

おでかけ

名古屋市・有松
2018.11.27

有松鳴海絞りの歴史や文化にふれる。「有松ぶらり散歩」に行ってみよう!

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

有松鳴海絞りで知られるレトロな街「有松」。旧東海道の古い町並みが残り、名古屋市町並み保存地区にも指定されています。江戸時代にタイムスリップしたかのような風情溢れる町並みは、ぶらり散歩におすすめ。

今回は有松の歴史や文化を楽しめるおすすめコースをご紹介します。

歴史と絞りの里「有松」とは

有松の街並み

有松の暖簾民家から郵便局まで、軒先には有松絞りの「のれん」がかかっていました。

有松は、1608(慶長13)年に江戸と京都をむすんだ「東海道」の鳴海宿と池鯉鮒宿(ちりゅうのしゅく) の間に尾張藩によって開かれました。東海道を行き来する旅人の土産物として「有松鳴海絞り」が考案され、以降絞りとともに有松は発展しました。

しかし、天明4(1784年)の大火によって大半が焼失。その後、火災に備えて漆喰による塗籠造に屋根瓦という豪壮な町家の街並みへと変わっていきます。2016年には、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、美しい街並みを見ることができます。

まずは「有松・鳴海絞会館」で歴史を学ぼう

有松・鳴海絞会館

有松散策でまずはじめに訪れていただきたいのが、名鉄「有松」駅から徒歩5分ほどのところにある「有松・鳴海絞会館」。こちらは、有松絞りの歴史や技術について、資料・ビデオ・実演などでわかりやすく展示している施設です。

二階展示室2階展示室
絞りに使われる道具たち絞りに使われる道具たち

2階の展示室では、有松鳴海絞りの歴史や技法がわかりやすく解説されています。

有松鳴海絞りの特徴は何と言っても技法の豊富さ。現在は70種類ほどまで減ってしまったそうですが、全盛期には120種類以上の技法があったのだとか。この種類の多さは、世界中の絞りの中でも有松鳴海絞りだけです。そして、一人の職人に対して一技法というのも特徴。一つの技法に対して、道具もそれぞれ異なります。

絞りの実演

そして「有松・鳴海絞会館」の一番の魅力は、絞りの実演を見学できるというところ。こうして作り手さんから直接お話を伺う機会はなかなかないですよね。「合わせ縫い」「ひしゃき縫い」「蜘蛛」など日によって異なりますが、さまざまな技法を目の前で見ることができます。

竜巻絞り

伝統工芸士である松岡清子さんが見せてくれたのは、「竜巻絞り」という技法。細かなプリーツ状になった生地を鳴煎台を使って絞っていきます。糸の巻き方で、模様が変わります。

突き出し鹿の子絞り

突き出し鹿の子絞り

お隣の深谷幸子さんが見せてくれたのは、「突き出し鹿の子絞り」という技法。「この針に糸をこうして巻きつけてね。」とていねいに教えていただきました。

突き出し鹿の子絞りは、台の頭部の針金の上から布をかぶせて、針を滑らせるようにして、粒を引っかけて糸で軽く一巻きし、2回目で根元を固く「かもさげ」をして止めるのが特徴。

話ながらもまったくお2人の手は止まりません。有松の歴史や文化などのお話も教えていただきました。

有松・鳴海絞会館

1階は、絞りの着物やハンカチなどを購入できるショップになっています。手頃に購入できる小物も豊富なので、お土産としてもおすすめ。

【有松・鳴海絞会館】
住所   :愛知県名古屋市緑区有松3008番地
電話番号 :052-621-0111
営業時間 :9:30~17:00(実演は16:30まで)

NEXT
岐阜の子連れママにおすすめ!「暮らしの陽だまり市」に行ってきました。
岐阜の子連れママにおすすめ!「暮らしの陽だまり市」に行ってきました。

おでかけ

岐阜県・岐阜市
PREVIOUS
【イベントレポート】インテリア・デザインの国際見本市「インテリア ライフスタイル リビング」
【イベントレポート】インテリア・デザインの国際見本市「インテリア ライフスタイル リビング」

インテリア

東京都

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
リビングデザインビューロ

特集一覧へ

アルボ