写真映えのフォトスポットだらけ!?老舗・春華堂の複合施設「SWEETS BANK」

その他(スイーツ)
浜松エリア
2022.09.14
写真映えのフォトスポットだらけ!?老舗・春華堂の複合施設「SWEETS BANK」

静岡県浜松市の銘菓として長年地域の人たちから愛され続けている「うなぎパイ」を作っている春華堂。創業135年を迎え、「おいしい思い出をためよう」をコンセプトに複合施設「SWEETS BANK」が浜松市内にオープン。うなぎパイはもちろん、直営のカフェ&ベーカリーやスイーツなどもあり、思う存分楽しむことができます。

今回は、見どころ満載!映え写真がたくさん取れる!SWEETS BANKをご紹介します。

 

※情報は取材時のものです。
ご利用の際には、各施設・各店舗の最新情報をご確認ください。

まるで小人に!?
今までにないものをつくる!

2021年4月にオープンした「SWEETS BANK」。JR浜松駅から車で約10分の広々とした敷地に誕生しました。圧倒的なのはこの建物。自分が小人になったかのような目を引くビジュアルに心躍ります。

こだわったのが「家族団欒の象徴であるダイニングテーブル」。すべての家具を13倍にスケールアウトして、細部にまでとことんこだわっています。

こちらが入り口。グーグルアースからみてもダイニングテーブルに見えるクオリティーの高さに感動!

椅子の下から覗くとこんな感じ。木目に見えるようにと職人さんが全て手塗りしたそう。ダイニングテーブルを真下から見上げたような雰囲気に、ワクワクします。

細かな部分にもこだわっており、ダイニングテーブルの上に新聞紙が置かれているように演出。コンセントだったり、新聞の角の広告だったりと、ずっと見上げたくなるくらい面白い外観です。

入り口横には、紙袋をイメージした3つのボックスが。ここの前で写真を撮る人も多くフォトスポットとしても人気です。

施設には春華堂の他に、浜松いわた信用金庫森田支店もあります。真っ赤な豚の貯金箱をモチーフにしたオブジェも登場!とってもキュート!

「今までにないものをつくりたい」「記憶に残る施設をつくる」といった想いが形になったのがこの複合施設「SWEETS BANK」です。

店内にも「かわいい!」がいっぱい

「SWEETS BANK」の店内に足を運ぶとスタイリッシュなホテルのロビーのような空間に驚きます。誰でも気軽に過ごせるようにと設計されたこちらのロビーは、テイクアウトした商品を楽しむ方や地元の人の憩いの場としても使われています。

印象的な卵のオブジェにも心躍ります。

ホテルのロビーにありそうな薪もデザインされており、随所にこだわりが散りばめられています。

トイレのサインもかわいい!写真を撮りたくなるくらいデザイン性の高さも魅力です。

SWEETS BANK限定商品もずらり!

こちらは施設内にある「SHOP春華堂」。銘菓のうなぎパイはもちろん、SWEETS BANK限定焼きたてスイーツや和菓子から洋菓子などさまざまなスイーツを数多く取りそろえています。

誰もが一度は食べたことがあるうなぎパイ。SWEETS BANK限定のパッケージの「うなぎパイ詰合せ15本入(1,782円)」。
うなぎパイ・うなぎパイ ナッツ入り・うなぎパイV.S.O.P.の詰合せです。

創業135年の中で一度もパッケージを変えたことがなかったという春華堂が、このSWEETS BANKがオープンしたことで限定パッケージを制作。浜松をイメージしたイラストからお菓子作りをイメージしたデザインなどがあり、パッケージデザインを見ているだけでワクワクした気分になります。

こちらは「SWEETS BANK」1周年を記念して作られた限定クッキー缶「こびとのプティフル缶」。ピンクの缶が「木いちご」。甘酸っぱいルビーチョコレートを染み込ませながら、木いちごパウダーで包んだサクサクとした食感が魅力です。

黄色の缶は「マンゴー」。バニラが香るホワイトチョコレートを染み込ませて、マンゴーパウダーで包んだ口どけ滑らかなクッキーです。

ショーケースには煌びやかなスイーツたちも登場。季節のフルーツを使ったスイーツを多数用意しています。どれにしようか迷ってしまうほど!

和菓子職人が作った「上生菓子(各432円)」も大好評。SWEETS BANKの巨大オブジェをモチーフにした赤い豚の貯金箱「ピギー」やミルクポットなど、細部にまでこだわった上生菓子です。月替わりの季節の上生菓子も登場しています。

【春華堂】
TEL   :053-441-3340
営業時間:9:30~18:00

直営のカフェ&ベーカリーでホッと一息

こちらは春華堂直営のカフェ&ベーカリー「とらとふうせん」。オリジナル食パン「とらんだの黄色い山型ブリオッシュ」を使ったメニューやランチではデリプレートなど、さまざまなメニューがラインナップしています。

こちらが大人気の「とらんだの黄色い山型ブリオッシュ(1斤990円)」。パン職人が毎日丁寧に焼き上げたパンで、ふんわりとした食感が自慢。バターと卵をたっぷりと使っており、香りの良さも魅力です。焼き上がり時間は毎日11:30ごろ。見つけたら早めに購入がおすすめです。

ブリオッシュを使ったメニューも用意しています。こちらは人気の「フレンチトーストざくざくクランブルといちごみるく(990円)」。一晩アパレイユに漬けて焼き上げたフレンチトーストに、シャンティクリーム、国産いちご、ザクザクのクランブルをトッピング!いちごの酸味とクリームの甘さが相性抜群です。

お昼のメニュー「デリランチ(980円〜)」。農園サラダ、前菜(2種類もしくは4種類からお選びいただけます)、メイン、スープ、ライスor自家製ブリオッシュがついたランチです。地元で採れた野菜をふんだんに使っており、心も身体も大満足の料理です。

締めにおすすめなのが「うなぎパイとマスカルポーネのコーヒーラテ(700円)」です。コーヒーゼリーが入っているので、色んな食感が楽しめる一杯。うなぎパイと合わせてお楽しみください!

【とらとふうせん】
TEL  :053-442-4040
営業時間:9:30~18:00

浜松の銘菓「うなぎパイ」が展開する、今までにない複合施設。目を引くほどの外観オブジェから、煌びやかな和洋菓子。そして美味しいカフェなど、1日存分に楽しむことができます。浜松に訪れた際はぜひ立ち寄ってみてくださいね。


写真 /清水しげみ(ワンライフコミュニケーション株式会社)

スポット詳細

【SWEETS BANK】
住所    :静岡県浜松市中区神田町553
電話    :053-441-3340
駐車場   :有り

https://sweetsbank.jp/

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

ピックアップ記事

おすすめスポット