MENU SEARCH

“今の”台湾に触れるイベント 「《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021」in FabCafe Nagoya

名古屋市・久屋大通
2021.05.24

“今の”台湾に触れるイベント 「《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021」in FabCafe Nagoya

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

去る、2021.4.29 (木)(祝)〜 2021.5.12 (水) FabCafe Nagoyaにて開催された「《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021」。名古屋に”今の”台湾に触れてもらう機会を設けるため企画されたイベントです。

そこで今回は、ライフデザインズ編集部も《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021へ行ってきましたので、イベントレポートをお送りします。

《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021とは?

世界中に拠点を持つクリエイティブコミュニティ「FabCafe Nagoya」が主催したイベント「《迺夜市》 TAIWAN CREATIVE FES. 2021」。コロナ渦ですっかり旅行へ行けなくなってしまったからこそ、”今の”台湾に触れてもらいたい!”という想いのもと企画されました。

台湾で活躍する気鋭のアーティストチーム「FLOW DOWN」の作品展示を中心に、台湾の文化にインスパイアされたポップミュージックやクラフトビール、お茶、フードなどディープで新しい台湾の魅力に触れられるイベントです。

日本では初出展!「FLOW DOWN Exhibition」

今回のイベントの目玉は、日本では初出展となる「FLOW DOWN Exhibition」。

台湾で活躍する「FLOW DOWN」は、ソング、ディスク、フィリップの3人が共同設立したアーティストチームです。

個人の自由な発想力と創造性に重きを置き、あらゆる背景や文化を持つ人々とコラボレーションすることを目的としています。

チーム名の由来は文化というものは、醸造に時間がかかり、まるで水滴が石に浸透するかのよう。そのニュアンスからFLOWDOWNと名乗り、アーティストそれぞれのクリエイティブな表現に焦点を当て、台湾グラフィティカルチャーを世界に示しています。

台北の夜の街を撮影した写真

台湾固有の動物をモチーフにした作品

作品とともに、ハイチーズ!

FLOW DOWNのメンバーは昔から日本のカルチャーにも触れてきたそうで、作品はどれも懐かしく、私たちにとっても親近感を感じるものが多かったです。また、カラフルな作品はどれも台湾のリラックスした日常生活を表しているかのようでした。

FLOW DOWNがデザインしたオリジナルマスクもとってもかわいかったですよ。

台湾の音楽を聞こう!

店内では中国語のBGMも心地よく流れていました。BGMはFLOW DOWN、そしてFabCafe Taiwan & Nagoya のメンバーとアーティストたちが選曲。

彼らが青春時代によく聞いた曲や制作中に聞いてる曲など、どんな曲でインスピレーションを受けたのか、彼らのストーリーを辿ることができます。

現在もSpotifyで聴けるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

台湾で身近な生活雑貨

会場には台湾発アジア最大級のグローバル通販サイト「Pinkoi」に入っている人気雑貨店、「来好(ライハオ)」がセレクトした雑貨もそろっていましたよ!

まずはこちら、カラフルな色合いと柄が特徴の「漁師網バッグ」。漁で用いられるようなあみのメッシュ素材なので水に濡れても安心!軽くて、丈夫なのさまざまな用途で大活躍です。


あいうえおシールの台湾版もありました。台湾にはボポモフォと言う日本語でいうところの、ひらがなのような文字があります。子どもたちの学習はここからはじまるそうで、こちらのシールは、ボポモフォをシールにしたもの。

なんだかかわいいですよね!


表紙のデザインがレトロかわいい「国語作業簿」。台湾版のジャポニカ学習帳といったところでしょうか。 「作業」というのは「宿題」のことだそう。なのでこれは、国語の宿題用ノートですね!

中を開くと、日本の漢字練習帳のようなマス目が並んでいます。裏表紙には時間割表もありましたよ。

イベントでは、台湾発アジア最大級のグローバル通販サイト「Pinkoi」と台湾タイル博物館が手掛ける「オリジナル台湾タイルマグネット」もいただきました。

モチーフとなったマジョリカタイルは、古くから台湾の家屋などに使われており、一枚一枚が幸福の意味を纏っています。

【Pinkoi】
Pinkoi(ピンコイ )は台湾発アジア最大級のグローバル通販サイト。台湾、香港、中国、タイ、日本など世界のデザインプロダクトをデザイナーから直接購入することができ、会員数は全世界で約400万人に上ります。
こちらからチェックしていてくださいね。
https://jp.pinkoi.com/

【来好(ライハオ、Lai Hao)】
台北の永康街エリアにある人気雑貨店、来好(ライハオ、Lai Hao)。「世界に台湾の良さを知ってもらう」という初心を貫き、來好は台湾の風土、民情に関連する商品を探し求め開発し続けています。メイドイン台湾の「カワイイ!」が詰まった、日本にも人気のお店です。
https://jp.pinkoi.com/store/laihao?tab=product

台湾フードを堪能!


台湾といえばグルメも外せませんよね。迺夜市では、FabCafe Nagoyaとのコラボレーションで台湾の定番料理「ルーロー飯」がいただけました。八角の香りに、とろとろの豚肉と甘辛味がたまりません。とってもおいしかったです!


編集部スタッフにも大人気だったのは、台湾クラフトビール「SUNMAI」。SUNMAI は、一人ひとり違う好みや気分に合わせてビールを楽しんでいただけるよう、さまざまなフレーバーや風味が体験できます。

おいしいと噂に聞いたことはあったので、楽しみです!


選んだのはこちらの二本!左から「ストーンフルーツウィート」「ハニーラガー」。貴重な蜂蜜“龍眼蜂蜜”を使用したハニーラガーは、世界の名だたるビール大会で数々の賞を受賞しているんだとか!

ストーンフルーツウィートはビールとは思えないほどフルーティ。シードルのように軽い飲み心地なので、ビールは苦手という方もチャレンジしやすいのでは?!

ハニーラガーは、ラガーのキリッとした喉越しとともに、ハニーのふわっとした甘さを感じます。とっても飲みやすいのに、初めての味わいでした。

來好オリジナル「阿里山高山ウーロン茶」。

阿里山の茶畑は、標高約1,500メートル以上のところに位置しているため、涼しい気候で朝と夜には霧が発生します。さらに、日照時間が短く、良好な自然条件がそろっており、お茶の木の生育に適しているそう。

そのため阿里山のウーロン茶は台湾高山茶を代表するものに。お茶の色は透き通った琥珀色で、香り高く、優しい味わいで飲みやすいウーロン茶です。

パッケージもとってもかわいいので、ギフトにもぴったりです。


今回は、迺夜市のレポートをお送りしました。旅行に訪れるだけでは知らない台湾の魅力に触れることができました。

今後は、世界中に拠点があるFabCafeではさまざまな国をフォーカスしたイベントを開催していくそうです。次回はどんな国に出会えるのか、今からとても楽しみです!

NEXT
月替わりの限定御朱印は毎月でも集めたい!全国屈指の御朱印人気を誇る、名古屋「別小江神社」

おでかけ

名古屋市・北区
PREVIOUS
アイスランドの飾らない日常を体感。体にも地球にもやさしい自然の恵み、ローケーキやヴィーガンランチが味わえるカフェ「kaffi NORDUR(カフィ ノルドゥル)」

カフェ

名古屋市・北区

【FabCafe Nagoya(ファブカフェ ナゴヤ)】
住所   :愛知県名古屋市中区丸の内三丁目6番18号先 RAYARD Hisaya-Odori Park内
営業時間 :9:00〜 20:00  ※新型コロナウイルスの関係で変更となる場合がございます
定休日  :年中無休    ※イベント等により変更になる場合があります
https://fabcafe.com/jp/nagoya/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
エネファント

特集一覧へ

PANZA