絶品スパイスカレーが味わえる多治見の名店「cafe NEU!( カフェ・ノイ)」

2018.12.21
cafe NEU!( カフェ・ノイ)

今回ご紹介するのは、岐阜県多治見市にある「CAFE NEU! (カフェノイ)」。天然酵母パンと本格的なスパイスカレーが味わえます。無類の音楽好きであるオーナーが、音楽を突き詰めていくにつれインドの文化に出会い、カレーに魅了され脱サラしてオープンさせたという情熱の詰まったお店です。

 

県外からも訪れたくなるくらい「スパイスカレーが絶品!」という噂を聞きつけ、さっそく行ってきました。

 

 

土岐川沿いにある古民家カフェ

 

土岐川

 

CAFE NEU!


多治見駅から750m、歩いて10分ほど。土岐川にかかる昭和橋を渡ったところに、CAFE NEU! はあります。お散歩にもちょうどいい距離です。駐車場も6台分ありました。

 

CAFE NEU!

 

CAFE NEU!

 

「NEU」と書いて「ノイ」と読みます。天然酵母パンとスパイスカレーのお店です。

 

天然酵母パンは、自家製酵母と数種類の小麦をつかっているので、もちもちの食感が特徴。サンドイッチにしてもおいしいハード系のパンもそろいます。パンの販売は、水・金・土曜のみ。この日は、水曜日だったのですが、残念ながらパンは完売していました……。午前中にほとんどなくなってしまうこともあるそうなので、お早めに!

 

 

昭和の雰囲気が残る。レトロな内装

 

レトロな外観

 

レトロな外観

 

レトロな外観

 

外観は、多治見らしさを感じるタイル貼り。店内に足を入ると、タイムスリップしたかのようなレトロな空間が広がります。築110年のレトロな建物は、美容院と床屋に分かれていたという建物の空間をひとつに改装。オーナー自身が少しずつリノベーションしたという店内は、家具や小物まで随所にこだわりを感じます。

 

入ってすぐの場所とキッチン周りは、お一人様でも過ごしやすいカウンター席。他はすべてゆったりとくつろげるソファ席になっています。

 

店内

 

店内

 

ドイツのカフェをイメージした店内には、オーナー夫婦の好きなビンテージの食器・雑貨・家具が並びます。角が丸い大きな窓が特徴的。

 

テーブルゲーム

 

なんとこちらの席は、喫茶店でも見かけることが少なくなったテーブルゲームが置かれていました。

 

内装

 

壁紙や置いてある雑貨もどれも個性的で、店内を眺めているだけでワクワクします。

 

 

 

 

2つの味が楽しめる「カレー兄弟」

 

 

ではさっそくスパイスカレーいただいてみましょう。

 

カレーは日替わりで、黒板に書かれています。2つのカレーが楽しめる「カレー兄弟(¥1,250)」を注文。日替わりのカレー4種類から2つをチョイスして、キャベツのアチャール・インドのおかず・サラダ・ごはんがワンプレートになっています。

 

 

土岐川を眺めることができる特等席でいただきました。景色がひらけていて、とてものどかな気分になります。

 

cafe NEU!( カフェ・ノイ)左:「牛豚あいびきキーマ」 右:「さつまいものチャナ豆カレー」。

 

ご飯少なめでお願いしましたが、このボリューム。

 

「牛豚あいびきキーマ」はお肉がたっぷり入っていてボリューミー。ピンクペッパーがほどよいアクセントになります。「さつまいものチャナ豆カレー」は、さつまいもの甘さがたまりません。チャナとはひよこ豆のこと。

 


左:「ヨーグルトチキンカレー」 右:「春菊とカブのサンバル」

 

「ヨーグルトチキンカレー」は、ヨーグルトの酸味でさっぱりといただきけました。「春菊とカブのサンバル」は、柔らかく煮込んだカブと辛みと酸味が絶妙。。どのカレーもスパイスがしっかりと効いていますが、野菜やお肉など素材の旨味をしっかりと感じることができます。辛さもほどほどなので、スパイスカレーが初めてという方でも、食べやすいカレーです。

 

甘口ココナッツチキンカレーの「おこさまカレー」もあるので、親子連れでも楽しめますよ!ターメリックライス、お惣菜、ヨーグルトがついたワンプレートになっています。

 

チャイ

 

食後には「ホットチャイ(¥450)」を。こちらもしっかりとスパイスが効いていて、飲んでいる間に身体がぽかぽかとしてきました。レトロなカップもかわいくてテンションがあがります。

 

今回はカレーをご紹介しましたが、その他にも「タンドリーチキン」「エビのスパイス炒め」などの一品料理、「バナナケーキ」「チーズケーキ」などのスイーツ、輸入ビールや自家製サングリアまであるので、昼から夜までどんな時間帯でも楽しめるお店です。21:00まで営業しているので、多治見散策の帰り道のディナータイムにもおすすめ!

 

 

ヨーロッパの蚤の市で集めた雑貨

 

蚤の市で集めた雑貨

 

入り口の付近は雑貨コーナーになっています。お会計ついでにふらっと。ヨーロッパの蚤の市で集めた雑貨や、作家さんの作品が並びます。

 

蚤の市で集めた雑貨

 

蚤の市で集めた雑貨

 

蚤の市で集めた雑貨

 

蚤の市で集めた雑貨

 

店内では、音楽好きなオーナーがセレクトしたレコードが流れていました。ライブイベントも定期的に開催されているので、お好きな方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

Cafe NEU!


窓から見える土岐川の景色、店主のこだわりを感じる店内、本格的なスパイスカレーとチャイ。つい長居したくなってしまう、心地の良い空間でした。店主の情熱が詰まったカレーは、名古屋や岐阜市内など遠方からでも、ぜひ足を運んで味わっていただきたいです。多治見は、個性的カフェや、陶器のお店、美術館やギャラリーが豊富な街。ぜひ多治見散策の際には、訪れてみてくださいね。

 

【Cafe NEU!(カフェノイ)】
住所   :岐阜県多治見市昭和町19-1 MAP
電話番号 :0572-51-4112
営業時間 :11:30 - 21:00(木18:00)
定休日  :月曜・火曜
駐車場  :お店の前2台とみどりの枠内4台

http://neu-river.com/index.html
https://twitter.com/cafeneu
https://www.instagram.com/cafe_neu/