MENU SEARCH

一口食べれば、誰もが笑顔に!皮はバリッ、中はもっちりベーグルが魅力「coharu*bagel(コハルベーグル)」

グルメ

名古屋市・名東区
2019.03.27
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

一口食べれば、誰もが笑顔に!皮はバリッ、中はもっちりベーグルが魅力「coharu*bagel(コハルベーグル)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

コハルベーグル

地下鉄上社駅から徒歩15分ほど。静かな住宅街の一角にあるのがこちらの「coharu*bagel(コハルベーグル)」です。ベーグルとイングリッシュマフィンのお店として、オープン時間前から連日行列ができる人気のパン屋さん。青色の可愛らしい窓枠と木の扉、アイアンの看板が目印です。

コハルベーグルの店内

オープン前からも長蛇の列ができるほど大人気のお店です。店内には、季節の食材をふんだんに使ったベーグルやイングリッシュマフィンのサンドなどがずらりと並んでいます。

コハルベーグルのベーグル

「coharu*bagel」が提案するベーグルは、国産小麦と天然酵母を使った、皮はバリッと、中はもっちりとした食感が特徴です。そして、何と言っても“具材たっぷり”というのも魅力!季節の食材をふんだんに取り入れることで、口の中にいれた瞬間、素材の美味しさ、生地のうま味が広がります。ボリューム満点なのもポイントです!

coharu*bagelの誕生ヒストリー

コハルベーグル

「coharu*bagel」は、2014年に実店舗をオープンする前は、ネット通販でベーグルなどを販売していました。オーナーの榊原さんはもともとパンをつくるのが趣味で、たまたまベーグルをつくった時に、そのおいしさに感動!「このおいしさをみんなに伝えたい」とネット通販をスタートしました。

オーナーの榊原さん
オーナーの榊原さん

−もともとパンを作るのが趣味だったんですね。

榊原さん:「結婚をして自宅にいることが多く、パンを焼こうと思ったのが一番はじめのきっかけです。その時から自家製の天然酵母を使ってパンを焼いていたのですが、たまたまベーグルを焼いて試食したらおいしくて。「これは!」と思って、当時色んなベーグルを取り寄せて食べたのですが、自分のが一番おいしい!と感動したんです。」

−そこからネット通販でベーグルを販売するように?

榊原さん:「「このおいしさを世に出したい!」とすぐに思って、3ヶ月後にはネットでベーグル通販を開始しました(笑)。自分でも驚くくらいのスピードでオープンしましたね。」

ネットショップ

−なぜ実店舗ではなくネット通販にしたのですか?

榊原さん:「いち主婦が実店舗を構えるのはとても難しく、不安だったこともあり、まずはネットからと思ったのがきっかけですね。ネット通販をオープンしてすぐに注文が入り、そこから徐々に口コミで広がっていきました。」

看板

−2014年には実店舗をオープンしたそうですが、そのきっかけなど教えてください。

榊原さん:「ネット通販で6年ほどベーグルを販売していたのですが、だんだんと「実店舗として自分のお店を構えたい」という想いが芽生えてきました。ちょうどその頃知り合いが、名東区に空き店舗があると教えてくれて。ここで店舗を構えよう!と、物件探しを全くせずに即決。すぐに動き出し、2014年春にお店をオープンしました。「必ずお店をオープンする時は、絶対にどこからか話が来る」と信じていたので、その願いが叶ってうれしかったです。」

−実際に店舗をオープンして、お客様からの反応はいかがでしたか?

榊原さん:「今まではネットだけの繋がりだったのですが、お店をオープンしたことで「お客様との会話」をとにかく大切にしています。季節に合わせてベーグルを展開しているので、ベーグルの味わいだったり、魅力や、オススメの食べ方などていねいに接客しています。ベーグルといえば、パサパサとしたイメージがあると思いますが、「ここのベーグルなら食べられる」という声もいただいており、とても励みになっています。」

−榊原さんにとって、ベーグルはどのような存在ですか?

榊原さん:「年に4回ほど藤が丘マルシェに出店しているのですが、当日までベーグルをたくさん焼いて、開催日は長蛇の列になるほどたくさんお客様が並んでいただいています。その時にお客様の顔を見ると、たくさんのベーグルをトレーにいれてみんな笑顔になっているんです。その姿を見た時に震えるほど感動をしたんです。「このベーグルはみんなを笑顔にしてくれるんだ」と体感をしました。私にとってベーグルとは、お客様が笑顔になってくれるもの。ベーグルの先にある“幸せ”をお届けできたらと思っています。」

−これからの展望を教えてください。

榊原さん:「名東区は名古屋市内の中でも転勤で来る方は多い街です。初めてこの土地に来た人は、おしゃべりする人がいないと寂しくなりますよね。そんな方々が「coharu*bagel」に来たら、おしゃべりができる場所になってほしいなと思っています。名東区の魅力や、おいしいご飯のお店、日常の何気ない話など、地域のコミュニケーションの場となることが私たちの使命かなと思っています。」

NEXT
平成最後の春、白鳥庭園が『異界庭園』に大変身!
平成最後の春、白鳥庭園が『異界庭園』に大変身!

アート

名古屋市・熱田
PREVIOUS
大切な人へ贈りたくなるスイーツ。洋菓子店「slow(スロウ)」。
大切な人へ贈りたくなるスイーツ。洋菓子店「slow(スロウ)」。

グルメ

名古屋市・東区

【coharu*bagel(コハルベーグル)】
住所   :名古屋市名東区猪高台1-1407 
電話   :052-777-7753 
営業時間  :11:00~17:00(売り切れ次第終了)
定休日  :日・月曜
駐車場  :あり
http://www.coharubagel.com

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。現在も東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

クラブナージ