カレーブームが止まらない!名古屋で行っておきたいカレーの名店6選

2019.2.26
カレー特集 名古屋

名古屋ではここ数年、続々とカレー専門店がオープンしています。筆者は昔から大のカレー好きで、多いときは毎日カレーを食べ続けては激太りした過去があるほど、とにかくカレーへの愛は止まるところを知りません。

 

今回は、過去にライフデザインズが取材したお店から、筆者が個人的にも大好きなお店を含めた6店をピックアップしてご紹介していきます。

 

 

① タイ北部の「ゲーンハンレーカレー」を味わえる「ヤンガオ」|名古屋・浄心

 

ヤンガオ

 

最初にご紹介するのは、名古屋の西区・浄心にあるタイカレー屋さん「ヤンガオ」。タイ北部、チェンマイ地方のカレー「ゲーンハンレーカレー」が味わえるお店ということで話題を集めています。ゲーンハンレーカレーの特徴は、ホロホロになるまで煮込んだ豚肉と、ジンジャーの爽やかさが調和する、一度食べるとくせになる不思議なカレーです。


ヤンガオ店内タイの食堂をイメージしたという開放的な店内。窓際にはカウンター席、壁際にはテーブル席があり、お一人様でもファミリーでも、ゆったりと過ごせます。


店名の「หยั่งเก่า(ヤンガオ)」とは、チェンマイ地方の古い方言で「いつも通り」という言葉。若い世代と年配の世代、地元の人と遠くの人とが自然に溶け込む、日常空間にしたいというオーナーの想いが込められています。

 

マッサマンカレー「マッサマンカレー」タイ南部発祥のタイカレー。ほのかな辛さの中に、深いコクと甘みを感じます。お米は、タイ産のジャスミンライスを使用。


クアカレー「エビとタケノコのクアカレー」タイ北部発祥のタイカレー。ココナッツミルクとエビのの濃厚なコクに、レモングラスやコブミカンの葉の爽やかさがプラスされた、辛さと酸味が絶妙な味わいです。


メニューは定番メニューの「ヤンガオカレー (Mサイズ850円)」やマッサマンカレー」「エビとタケノコのクアカレー」の2種類のカレーもあるので、ぜひ味わってみてくださいね。

 

まだまだ日本では珍しい「ゲーンハンレーカレー」ですが、食べ方も日本風にアレンジしているので、タイカレーには馴染みがないという方にも、ぜひ一度一度ヤンガオのカレーを食べてみていただきたです。

 

【ヤンガオ】
住所   :名古屋市西区花の木3-13-23 クレスト浄心303 MAP
電話番号 :070-4469-6412
営業時間 :11:30〜15:00(L.O.14:30)、18:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日  :日・月曜

https://www.instagram.com/yanggao_ngy/

 

 

 

② 10種類以上のスパイスが虜になるカレー「カリーみよし」|名古屋・鶴舞

 

カリーみよし


名古屋・鶴舞に昨年の12月末にオープンしたばかりの「カリーみよし」。オープンして間もないですが、お昼どきになると、連日お店の前に大行列ができる人気店です。

 

オーナーの三好さんがつくるカレーは10種類以上のスパイスが配合され、食べると体がポカポカとあったかくなってきます。

 


カウンターにはズラリとスパイスが並びます。

 

 

カリーみよし

 

一番人気には、「2種あいがけカレー(1,200円)」。ココナッツミルクを贅沢に使用したクリーミーな「ココナッツミルクチキンカリー(単品900円)」とクローブとカルダモンを効かせた豆がたっぷり入った「鶏キーマ豆カリー(単品900円)」の2種を同時に楽しめます。

 

ピクルス

 

彩り豊かな、ピクルスも三好さんのお手製。もともとオーナーの三好さんは、野菜づくりをしていたプロでもあるので、食材の活かし方も抜群です!カレーに混ぜて食べてもおいしいですよ。

 

オープンして以来、訪れた人を続々と虜にしているカリーみよし。あとをひく辛さは何度でも食べたくなる逸品です。

 

【カレーみよし】
住所  :名古屋市中区千代田3-18-16 矢野ビル102 MAP
営業時間:11:30〜14:00、18:00〜21:00
電話番号:052-212-7614
定休日 :水曜日(ランチのみ営業)木曜
https://www.instagram.com/currymiyoshi/

 

 

③ 毎日でも食べたくなる絶品のスープカレー専門店「SOUP CURRY ISHIBA(スープカレーイシバ )」|金山・中区

 

いしば
チキンスープカレー(1,200円)

 

金山総合駅から徒歩10分ほどの場所にあるのが、「SOUP CURRY ISHIBA(スープカレーイシバ )」です。

 

メニューは3種類。
・ベジタブルスープカレー(1,080円)
・ポークスープカレー(1,130円)
・チキンスープカレー(1,200円)

 

オーダーはスープカレーだけでも可能で、ライスは1g1円でお好みの量をオーダーできます。想像以上に具沢山なので、スープだけでもかなりお腹は満たされます。辛さは1LEVEL〜7LEVEL。4LEVELからは別料金がかかります。

 

一口食べると、あまりのおいしさに叫びたくなります(笑)。野菜の旨味とチキンの旨味が合わさったスープカレーは絶品です。素材にもこだわっており、鶏肉は安心の国産のもの。野菜は、地元農家から直接仕入れた新鮮な有機野菜のみを素揚げしているため、野菜がとにかくおいしいんです!

 

ここのカレーに出会うまで、スープカレーはノータッチだったのですが、新たな扉が開いてしまいました。ぜひ食べてみてくださいね!

 

【SOUP CURRY ISHIBA(スープカレーイシバ )】
住所  :名古屋市中区金山1-8-3
営業時間:12:00~15:00 18:00~22:00(L.O.21:30)
電話番号:052-228-0159
定休日 :不定休
https://www.instagram.com/soupcurry_Ishiba/

 

 

 

④ だし好きのためのスパイスカレー「スパイスカレー あかつ亭」|名古屋駅・西区

 

あかつ亭
2種盛り(1,188円)


名古屋駅の太閤通口から徒歩すぐの場所にあるのが、「スパイスカレーあかつ亭」です。コンセプトは、ジャンルにこだわらず日本人だからつくれる”スパイス料理”。和風のだしを効かせた「大根とサバのカレー」は、まったく魚臭くなく、だしを含んだ大根と、煮込んだサバの相性が最高です。

 

ランチは1種盛から2種盛、3種盛と、3種類のカレーから選べます。この日は「大根とサバのカレー」と「胡麻チキンカレー」の2種盛り(1,188円)をいただきました。大根とサバの相性は想像以上に抜群で、やみつきになります。胡麻チキンカレーは、雰囲気が一気に変わり、コクのあるまろやかなカレーです。どちらもとってもおいしかったです。

 

定番メニューのサバカレー以外は、週替わりで変わるのでそこも訪れる度の楽しみになります。

 

【スパイスカレー あかつ亭】
住所  :名古屋市中村区太閤1丁目22−12
営業時間:12:00~15:00 18:00~22:00(L.O.21:30)
電話番号:052-755-7373
定休日 :月曜日、第1・3・5火曜日
http://akatsutei.com/

 

 

 

⑤ 東京の人気店が名古屋へ。南インドカレー専門店「エリックサウス」

 

エリックサウス特選ディナーターリー(1,680円)。チキンビリヤニ、ヨーグルトライタ、選べるカレー2種、ロティ、トマトチャトニ、チキンティッカ。


名古屋駅から直結でおいしいカレーを堪能するなら、 KITTE名古屋店にある南インドカレー専門店「エリックサウス」がおすすめ!筆者が、カレーにハマったきっかけでもあるのが南インドのカレーです。それまでインドカレーといえば、ナンカレーと思っていたので、南インドカレーとの出会いは衝撃でした。

 

ベジタリアン文化が発達している南インドでは、野菜をふんだんに使い、油も植物性のものが中心。「ミールス」と呼ばれる定食では、バナナの葉をお皿変わりにし、その上にスープ・ライス・炒めもの・複数のスパイス料理をすべてのせて食べます。そんな、南インドの食文化を堪能できるのが、「エリックサウス」です。ミールスの他にも、ビリヤニ、ドーサなど、名古屋では食べることができない珍しいメニューも豊富なのもうれしいポイントです。カレー好きにはぜひ一度訪れていただきたいお店です。

 

 

【エリックサウス KITTE名古屋店 (ERICK SOUTH)】

住所  :名古屋市中村区名駅1-1-1 KITTE名古屋 B1F
電話番号:052-433-1780
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 :不定休(KITTE名古屋に準ずる)

https://jptower-kittenagoya.jp/shop/shop-307/

 

 

 

⑥カレーが食べられるバー「Bar Ka na ta」|東別院・大須・中区

 

バーカナタ2種のあいがけカレー(1050円)

 

最後にご紹介するのは、地下鉄東別院駅4番出口から徒歩11分。 地下鉄大須観音駅2番出口から真南へ徒歩10分ほどの場所にある「Bar Ka na ta」。

 

ランチは定番メニューの「Bar Ka na taのダルキーマカレー(900円)」をベースに、日替わりのカレー2~3種類をラインアップ。 日替わりカレーは、毎日Instagramでお知らせをしてくれます。ご飯は大盛中盛とも無料です。

 

バータイムには、お酒と相性のいいおばんざいがカウンターに並び、昼夜問わず楽しめる隠れ家的な大人のお店です。

 

 

【Bar Ka na ta】
住所  :名古屋市中区橘1-18-2 第2ムツガビル1F
営業時間:12:00〜15:00(LO14:30)、17:00〜23:00(LO22:30)
定休日:水曜・第2木曜・木曜の昼
https://www.instagram.com/bar_ka_na_ta/?hl=ja

 

今回ご紹介したお店以外にも、ご紹介したいカレー専門店がたくさんあります、加えて続々と新店もオープンしているので、カレーブームの波に流されないよう、今後も随時チェックして行きたいと思います。乞うご期待ください!