MENU SEARCH

四季を感じる花とイベントがいっぱい!大人も子どもも楽しめる 「安城産業文化公園 デンパーク」

おでかけ

愛知県・安城市
2021.07.29

四季を感じる花とイベントがいっぱい!大人も子どもも楽しめる 「安城産業文化公園 デンパーク」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「安城産業文化公園 デンパーク(以下:デンパーク)」は、愛知県安城市にある花とみどりのテーマパークです。一年を通して、約3,300種30万株もの四季の花々を楽しめるほか、「イベント」「体験」「グルメ」「お買い物」などさまざまな楽しみ方ができます。

今回は、デンパークのみどころをたっぷりとご紹介していきます!

デンパークってどんなところ?

denpark

denpark

デンパークは、愛知県のほぼ中央にある安城市にある公園です。名前の由来は、かつて「日本デンマーク」と呼ばれた安城市の歴史から。安城市は全国の農業経営のモデルとなった町なんです。デンパークではその歴史をもとに、自然と親しみ、花のある暮らしを提案しています。

一年を通して楽しめる花々をはじめ、高さ19メートルのデンマーク風車や、フラワーショーの年5回入れ替えが行われる花の大温室「フローラルプレイス」、デンマークの人気キャラクター「ラスムス・クルンプ」のグッズやデンマークの北欧テイスト溢れる雑貨を巡るショッピングなど、みどころ満載!

地元の食材をつかったグルメや、郷土料理などを提供するレストラン、園内で食べられるソーセージやジェラートも人気です。

入園料金&アクセス

denpark

denpark
デンパークへのアクセスは、名古屋方面から車で約60分。電車ですと「JR安城駅」「名鉄新安城駅」「名鉄桜井駅・南桜井駅」からは、バスもしくはタクシーで向かうのがおすすめです。

▼詳しいアクセスはこちらから
https://www.denpark.jp/post-detail.php?id=6

<入園料金>
・大人 700円
・小中学生 300円
・小学生未満 無料
・65歳以上 560円

▼入園料金の確認はこちらから
https://www.denpark.jp/post-detail.php?id=11

デンマークの街並みが再現された
「花の大温室フローラルプレイス」

denpark

まず最初に訪れたのは、2020年3月14日リニューアルオープンしたばかりの「花の大温室フローラルプレイス」。うつくしい 花々で彩られた温室内に、デンマークをイメージしたカラフルな街並みが。それぞれ恋人の聖地としてのシンボルタワー、雑貨店、カフェ、体験工房になっています。

中へはいると、カラフルでかわいい建物がお出迎えしてくれます。

花の大温室フローラルプレイスでは、季節ごとにテーマ性のあるフラワーショーを開催。めずらしい植物の展示も行っており、中にはデンパークでしか見られない花もあります。

denpark
中心部にはデンマークらしく、童話作家・アンデルセンの作品「人魚姫」の像も設置されていました。

denpark

denpark
こちらは、恋人の聖地としての新たなシンボルタワー「しあわせの塔 lykke(リュッケ)」。展望デッキから はフラワーショーやデンマークの 街並みが一望できます。

また、塔の1階部分にある「幸せの泉」では、コインを投げると願いが叶うかも!?

クローネコインは体験工房ゴデイで販売されています。

denpark体験工房ゴデイ

「宝物を作る幸せな時間の 提供」をコンセプトに、リースやボタニカルジェルキャンドル、見た目が宝石のようなジュエルソープなど、大人の女性向けの手づくり体験が充実。

他にも、「雑貨屋スムーク」では、北欧関連のかわいいぬいぐるみや文具、輸入のお菓子・食器類、ファッションアイテムなどが購入できますよ。

ぜひチェックしてみてくださいね。

エリアごとに異なるガーデンスタイル!

デンパークでは、4月、6月、9月、11月、3月の年5回植え替えが行われ、一年中カラフルな花壇を楽しめます。

20以上のさまざまなガーデンが点在します。イングリッシュガーデン・ボーダーガーデン、そして、一定の植物を集めたコレクションガーデンなど、それぞれに異なるスタイルで展開しています。

色鮮やかな花壇「ファンタジーガーデン」

アンティーク風の花時計を中心に、アンデルセンの童話の世界をイメージした「ファンタジーガーデン」。

花時計はガーデンのどこから眺めてもうつくしく見えるよう、傾斜を生かして配されています。季節によって雰囲気がガラリと変わるのだとか。

イングリッシュガーデン「秘密の花園」

「秘密の花園」。
色彩をテーマにしたイングリッシュガーデンの一つ。アウトドアルームのスタイルでつくられており、イギリスから輸入したアンティークレンガと生け垣により5つの小部屋に分かれています。

安城ヶ原の雑木林をそのまま生かした「不思議の森」


「不思議の森」。安城ヶ原の雑木林をそのまま生かした森です。
訪れた日はアジサイが見頃を迎えていました。約7,500株が咲くそうです。

水生植物が見られる「水生植物の池」

denpark
「水生植物の池」。

ここでは、水生植物や水鳥や魚の姿も見られます。7月のハスの見頃には、早朝から咲きはじめるハスに合わせて特別に朝6時から開園される「早朝ハスまつり」が行われます。

ぜひこの時期は涼しい時間帯に訪れてみてくださいね。

NEXT
水上ビルエリアを盛り上げる!クラフトビールでみんなを笑顔に「TOYS BREWERY」
水上ビルエリアを盛り上げる!クラフトビールでみんなを笑顔に「TOYS BREWERY」

グルメ

愛知県・豊橋市
PREVIOUS
【2021年8月】東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ
【2021年8月】東海エリア(愛知・岐阜・三重)のイベントまとめ

おでかけ

愛知県・岐阜県・三重県

【安城産業文化公園 デンパーク】
住所  :愛知県安城市赤松町梶1
開園時間:9:00〜17:00 (※最新情報は公式WEBサイトをご確認ください)
休園日 :毎週火曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始(2021年12月31日・2022年1月1日)、メンテナンス休園(2022年1月18日(火)~1月25日(火))
https://www.denpark.jp/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

ナサホーム