並んでも一度は食べたい!「餃子専門店 岐州(ぎしゅう)」

餃子
岐阜市
2021.11.29
並んでも一度は食べたい!「餃子専門店 岐州(ぎしゅう)」

2006年創業、岐阜県岐阜市にある「餃子専門店 岐州(ぎしゅう)」。開店の2時間前から行列ができることもあるほどの人気店です。

もちもちの皮に肉汁がたっぷりと詰まった餃子は、一度食べると病みつきに。

店主が本場の中華料理店で修行を積み、8年もの歳月を経て完成したという名物餃子は、多くの餃子ファンを虜にしています。

場所はJR岐阜駅から徒歩3分ほど。

売れ切れ次第終了ということで、この日も開店の1時間前には既に行列が!急いで列の最後尾へ。

入店前にメニューを見て、オーダーします。餃子1人前は5個。1人3皿まで。

入店してからの餃子の追加オーダーはほぼできないということでしたので、多めにオーダーしておくのをおすすめします!(あまりの美味しさに、もっと頼めばよかったと後悔した筆者でした・・・)

待つこと2時間ほど。

入店する頃には「完売」の看板が。すごい人気です。

焼餃子(1人前)¥400 ※写真は2人前

事前にオーダーしていたので着席してから、少しすると「焼餃子」が運ばれてきました。丸っこい形が可愛らしいですね。小ぶりな一口サイズ。

店員さんの「1個目はなにもつけずにお食べください」という言葉通り、まずはそのまま一口。

もちもちの皮の中から、じゅわ〜〜〜〜っと肉汁が溢れます。小籠包を食べているのでは?!と錯覚してしまうほどのジューシーさです。(肉汁が飛ばないようにご注意を)

ひき肉にしっかりと味付けされているので、何も付けなくても絶品。口の中が幸せに包まれます。

テーブルには調味料も用意されていますが、特におすすめなのが「自家製香味ラー油」。ほんの少し付けるだけで、また違った味わいが楽しめます。

ちなみに、自家製香味ラー油は200円で販売もしていましたよ。

えび炒飯 ¥700

岐州は餃子専門店ですが、実は餃子以外のメニューも豊富。

炒飯は「えび炒飯」と「チャーシュー炒飯」の2種類。今回はえびをいただいてみました。

たまご・ねぎ・えびとシンプルな具材で作られた炒飯は、お米一粒一粒に旨みが染み渡り優しい味わい。さらさら〜っと食べられてしまいます。プリプリの大きなえびがたっぷり入っていて、大満足の一皿。

「半熟煮たまご」「うめザーサイ」「炙りチャーシュー」など、おつまみメニューも充実。お酒を楽しまれている方も多くいらっしゃいました。

お持ち帰り専用の「杏仁豆腐(1個¥350)」もお忘れなく。(2個からオーダー可能)
生クリームを使用し、濃厚で口どけなめらか。

帰り道で既に「岐州の餃子食べたいな〜」と思ってしまうほど、虜になってしまいました。肉汁たっぷりな餃子がお好きな方は、ぜひ並んででも食べていただきたい美味しさです。

スポット詳細

【餃子専門店 岐州】
住所   :岐阜市住田町1-31 マツノビル1階
電話番号 :058-266-6227
営業時間 :17時~24時※売り切れ次第閉店
定休日  :火曜
駐車場  :なし

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ジャンル
エリア
タグ

おすすめスポット