MENU SEARCH

【三連休は北海道へ行こう!】地元民が本気でおすすめする、2泊3日北海道の旅

おでかけ

2019.09.28

【三連休は北海道へ行こう!】地元民が本気でおすすめする、2泊3日北海道の旅

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2019年上半期は10連休のゴールデンウィークが目玉でしたが、下半期はお待ちかね!シルバーウィークがやってきます。例年に比べると大型連休とはいきませんが、下半期だけでも6回の3連休があるんです!

そこで今回は、北海道出身の編集部ライターが本気でおすすめする「2泊3日で楽しめる!北海道のおすすめプラン」をご紹介していきます。

北海道を訪れるベストシーズンは?

さっぽろ雪まつり

毎年2月上旬に開催される雪と氷の祭典「さっぽろ雪まつり」

ラベンダー畑

6月〜7月に見頃をむかえる、富良野のラベンダー畑

よく「北海道に行くなら、やっぱり雪まつりやラベンダー畑の時期が良いの?」と聞かれることがあります。確かにどちらも一度は見ていただきたいくらい素晴らしい景色です。ですが、北海道はそれ以外の時期も四季折々それぞれの良さがあります。

9月〜10月頃は観光のピークも落ち着き、まだ雪も降っていない時期なので、実は穴場な季節なんです!筆者もあえて繁忙期を外して、春や秋に北海道を旅することが多いですよ。

おすすめの二泊三日プラン

小樽

面積が 83,450 km²もある北海道。おすすめしたいスポットは山ほどありますが、今回は「はじめてでも楽しめる」「効率よく巡る」「車がなくてもOK」を基準にプランを考えてみました。

1日目
新千歳空港 → 札幌観光 → すすきの → 札幌宿泊

2日目
札幌 → 旭山動物園(旭川) → 札幌宿泊

3日目
札幌 → 小樽 → 新千歳空港

1日目:札幌市内をぶらり観光

新千歳空港

新千歳空港

中部国際空港(セントレア)を出発して、新千歳空港へ。フライト時間は1時間40分ほど。実は名古屋〜東京間の新幹線とほぼ同じ時間で行くことができちゃうんです。

名古屋から札幌へは、JAL・ANAのほか、ジェットスター・AIR DO・スカイマーク・AirAsiaなどのLCCも就航しています。

「快速エアポート」で、新千歳空港から札幌へ

新千歳空港

新千歳空港から札幌までは、JR(電車)で行く方法がおすすめ!

新千歳空港から札幌駅を結んでいる「快速エアポート(片道¥1,070)」を利用すれば、最速37分で移動が可能。プラス¥520で「Uシート(指定席)」も利用できるので、荷物が多いときは使うと便利ですよ。

札幌駅に到着

札幌駅

札幌駅に到着しました。アピタ・エスタ・パセオ・札幌ステラプライスの4つのショッピングセンターと、大丸札幌店が隣接しているので、お店も豊富です。

歩いてすすきの方面へ向かってみましょう!距離としては、地下鉄で2駅分ほど。

札幌市内の3大名所を観光しながらすすきの方面へ

北海道庁旧本庁舎

北海道庁旧本庁舎

まずは、「赤レンガ」の愛称で知られている「北海道庁旧本庁舎」。現在の庁舎ができるまで約80年にわたって実際に使われていた、1888(明治21年)に建てられた建物です。

入館は無料。「北海道立文書館」「樺太関係資料館」「赤れんが北方領土館」など、北海道の歴史に関する資料が展示されています。

【北海道庁旧本庁舎】
住所  :札幌市中央区北3条西6丁目
開館日 :年末年始(12月29日~翌1月3日)を除くすべての日(土日祝を含む)
開館時間:8:45〜18:00

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm

札幌市時計台

札幌市時計台

「赤レンガ」と同じくらい札幌を代表する名所、「札幌市時計台」。1878(明治11)年に建てられ、時計は明治14年に時を刻みはじめ、今なお現役で毎正時に鐘を鳴らし続けているんです。中を見学することもできますよ。※観覧料(大人200円、高校生以下無料)

【北海道庁旧本庁舎】
住所  :札幌市中央区北1条西2丁目
休館日 :年始(1月1日~1月3日)
開館時間:8:45〜17:10(入館は17:00まで)

http://sapporoshi-tokeidai.jp/

大通公園

3つ目は、さっぽろテレビ塔がある「大通公園」。夏はビアガーデン、冬は雪まつりが開催される、札幌の中心にある公園です。名古屋の久屋広場のように、1年を通してイベントが開催されています。

4月下旬〜10月中旬の期間は、アツアツの焼きとうきびを販売する「とうきびワゴン」も登場します!香ばしい匂いについつい引き寄せられること、間違いなし。

【大通公園】
住所  :札幌市中央区大通西1~12丁目

https://odori-park.jp/

ランチは「suage+」でスープカレー

suage+

引用元:http://www.suage.info

ランチは、スープカレーに行ってみましょう。

筆者の一押しは、地下鉄南北線「すすきの」駅から歩いて3分ほどの場所にある「suage+(すあげプラス)」。具材が串に刺さっているのがsuageスタイル。店名の通り素揚げした野菜やお肉が絶品なんです。

 「パリパリ知床鶏と野菜カレー」「ラベンダーポークの炙り角煮カレー」「生ラム炭焼きカレー」など、北海道を味わえるメニューも豊富。

【suage+(すあげプラス)】
住所  :北海道札幌市中央区南4条西5 都志松ビル 2F
定休日 :年末年始
営業時間:11:30~22:30(L.O.21:30)

http://www.suage.info/

午後は、円山方面をぶらり散歩

北海道神宮

北海道神宮

円山動物園

円山動物園

食後は、札幌のおしゃれスポット・円山(まるやま)へ。すすきのからは、地下鉄で11分ほど。

「北海道神宮」や「札幌市円山動物園」などがあり、住宅街の中にカフェが点在するゆったりのんびり過ごせるエリアです。

六花亭 神宮茶屋店

円山エリアで筆者が必ず立ち寄るのが「六花亭 神宮茶屋店」。ここでしか食べられない限定のお餅があるんです。

判官さま

それが、この「判官さま(1個100円)」です。北海道神宮造営の功労者である初代主席開拓判官・島義勇(しま よしたけ)にちなんでつくられたのだそう。

そば粉が入ったやわらかな焼き餅の中には、ほのかな塩味がきいたつぶ餡がたっぷり!できたててほやほやの判官さまは、何度食べてもたまりません。セルフサービスのほうじ茶と一緒に味わうことができるので、ひと休みにおすすめ!

【六花亭 神宮茶屋店】
住所  :北海道札幌市中央区宮ヶ丘474 北海道神宮境内
営業時間:9:00〜17:00

http://www.rokkatei.co.jp/

森彦本店

もうひとつ、ぜひ立ち寄っていただきたいのが「森彦本店」。札幌でコーヒーと言えば、森彦(MORIHICO.)と言われるほどの有名店。こちらは、MORIHICO.のオーナーである市川さんが最初に手掛けたカフェです。

現在では10店舗以上ある森彦ですが、ここ円山でしか味わえないのが森彦本店限定のコーヒー「森の雫」。直火焙煎のコーヒーは深い味わいで、夕方のティータイムにぴったりです。

【森彦本店】
住所  :北海道札幌市中央区南2条西26丁目2-18
営業時間: 10:00-21:00(L.O 20:30) 

夜はすすきので北海道グルメを堪能

すすきの

札幌と言えば、やっぱりすすきのですよね。海鮮・ジンギスカン・らーめんまで、あらゆる北海道グルメが集合しています。

味の羊ヶ丘(生肉ジンギスカンが味わえる)
海味はちきょう(名物のイクラ丼「つっこ飯」など、豪快な海鮮料理が盛りだくさん)
えびそば一幻 総本店(えびのうま味が丸ごと味わえる、エビスープが絶品)
麺処とりぱん(鶏100%にこだわった、濃厚鶏白湯ラーメン)
らーめん 信玄 南6条店(地元民にも愛される石狩ラーメン)

らーめん好きな筆者なので、ついらーめんばかりになってしまいましたが、他にもジビエを味わえるレストランや、シメパフェが楽しめる夜カフェなど、さまざまな需要に応えてくれるのがすすきのです。

また、最近注目されている「創成川イースト」エリアも、個性的なお店が多くおすすめ!

NEXT
木のぬくもりと愛情いっぱいの定食カフェ「よろずカフェ陣吉」
木のぬくもりと愛情いっぱいの定食カフェ「よろずカフェ陣吉」

カフェ

名古屋市・港区
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】アートと音楽のフェスティバル、Kulturnatt(カルチャーナイト)
【スウェーデンの暮らし】アートと音楽のフェスティバル、Kulturnatt(カルチャーナイト)

海外

スウェーデン

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

PANZA