気分はショートトリップ。アイスランドの魅力を体感できる「アイスランドマーケット」|名古屋・名東区

2019.1.18
アイスランドマーケット

2018年4月にアイスランド大使館推奨のカフェ&ショップ「アイスランドマーケット」が名古屋に初上陸しました。アイスランドマーケットは、株式会社CROSSが運営するオンラインショップ及び情報マガジンサイトとして、2016年に開設された「Iceland Market」の実店舗。コンセプトは”アイスランドを日本へ”。北欧の最北端に位置するアイスランドの魅力をグルメ・ファション・雑貨・化粧品・イベントを通して体感できるお店です。

 

今回は、まだまだ知らないアイスランドの魅力をご紹介していきます。

 

外観
アイスランドマーケットがあるのは、 地下鉄本郷駅からは南へ徒歩4分程の場所。

 

パフィン 看板
アイスランドを象徴する鳥「パフィン」が描かれた看板が目印。

 

店内


木をふんだんに使った店内は温かみがあり、居心地のいい空間が広がります。天井に吊るされている照明もとってもすてきです。

 

本棚

 

アイスランド本


壁面にある本は、席に持っていき読むこともできます。アイスランドにまつわる本がセレクトされているので、カフェを楽しみながらアイスランドについて学ぶことができますよ。


店内

 

店内はすべて北欧インテリアで統一されています。どのアイテムもセンスが高く、一脚ずつ椅子が違うのもポイント。

 

 

アイスランドの伝統料理を堪能

 

アイスランド 

 

アイスランドマーケットの魅力はなんといっても、本場の料理を楽しめることです。本格的なアイスランド料理を通して、アイスランドの食文化に触れることができます。

 

ブレッドボウル「ブレッドボウル」1200円

 

こちらは「ブレッドボウル」と呼ばれる現地でも人気のスタイルの料理。大きなパンを器に、スープや煮込み料理を入れて、味わいます。体を芯から温めるスープはアイスランドの厳しい冬を乗り越えるための日常には、欠かせない伝統料理です。

 

この日はエビのビスクをいただきましたが、濃厚でとってもおいしかったです。


アイスランディック・パンケーキ「ブルーベリー」アイスランディック・パンケーキ「ブルーベリー」650円

 

アイスランドでもっとも代表的なおやつ「アイスランディック・パンケーキ」。クレープのようにも見えるパンケーキは専用のフライパンで薄く焼き、クルクルと巻き上げていきます。バターをたっぷり使用した生地は、モチモチで、何個でも食べられてしまいそう。ブルーベリーソースには、アイスランド産の塩を使用しており、パンケーキとの相性もバッチリです。

 

紅茶


「セーデルブレンド」500円

 

ドリンクの種類もコーヒー・紅茶・ホットチョコレートなどが楽しめます。中でもおすすめなのが「北欧紅茶」。数ある中から今回注文した「セーデルブレンド」は、スウェーデン王室やノーベル賞授賞式でも飲まれているという格式高い紅茶です。

 

今回ご紹介した以外にもさまざまな、アイスランド料理がランチ、ディナー、デザートと楽しめますよ。

 

アイスランドの本当にいいものだけを集めたショップ

 

パフィン

 

アイスランド 雑貨


店内には、カフェの他にアイスランドのさまざまなアイテムが販売されています。厳選された商品は、アイスランドで愛される本当に良いブランドとものだけ。その中からいくつかピックアップしてご紹介いたします。

 

アウトドアブランド「66°NORTH(シックスティシックスノース)」

 

66°NORTH

 

1926年にアイスランドで誕生したアウトドアブランド「66°NORTH(シックスティシックスノース)」。66NORTHの製品は全天候型、極端な気象条件にも対応できるファッションアイテムから北極圏でも使用できるウエアまで、老若男女に愛用していただけます。保温性・透湿性・防水性に優れたウエアは快適さだけでなくデザインも抜群です!

 

こうした、今まで知らなかったブランドを新たに発見できるのも、アイスランドマーケットの魅力ではないでしょうか。アウトドア好きの方には、特にチェックしていただきたいハイスペックなブランドです。

 

 

BEAN TO BAR「omnomchocolate(オムノム チョコレート)」

 

オムノム

「オムノム チョコレート」1500円

 

 

オムノム チョコレートは、2013年にアイスランドで誕生したチョコレート。「BEAN TO BAR」の精神を大切にしており、カカオ豆の厳選から、焙煎、加工までを一貫して行っています。パッケージデザインは折り紙からインスピレーションを得ているのだそう。数々の試作を繰り返して生みだされたフレーバーチョコレートは、どれも個性的で、豊かな香りが口の中で広がります。ちょっとしたギフトにもよろこばれそうです。

 

 

ヴァイキングの国アイスランド

 

アイスランドマーケット

 

店内には、アイスランドの歴史やヴァイキングをモチーフにした雑貨も多くそろえられています。

 

グラス
アイスランドの歴史が描かれたグラス/ 各792円

 

ブランケット
各16,200円カラーは3色。

 

ヴァイキング

 

こちらのブランケットはアイスランドの誕生ヒストリーがデザインされています。これは、ヴァイキングたちが乗ってきたとされる船が描かれています。

 

ただ、商品を置くのではなく、こうした雑貨を通して、アイスランドのことを少しでも知っていただきたいという想いが込めれれています。

 

13人のサンタクロース

 

サンタクロース

 

気になるものを発見しました!「13人のサンタクロース」。なんでもアイスランドには13人のサンタクロースがいるのだとか。サンタクロースはクリスマスの13日前である、12月12日から1人ずつ1日おきに街にやってきて、子どもたちは、それぞれのサンタさんからプレゼントをもらうために、プレゼントを入れる靴を夜窓辺において寝ます。

 

いい子にしているとサンタからプレゼントがもらえ、悪い子には靴の中にじゃがいもを(笑)。24日にサンタクロースが勢揃いし、25日からひとりずつ山に帰るので、アイスランドのクリスマスは最後のひとりが帰る1月6日がクリスマスの最終日です。

 


詳しくは店内で直接チェックしてみてくださいね!

 

ベネディクトさん

今回、案内していただいたアイスランドマーケットのディレクター・ベネディクトさん。


「アイスランドは、火山があって温泉がたくさんあるなど、実は日本との共通点も多いんです。今後はイベントも開催していく予定なので、この店を通じてたくさんの方にアイスランドを知っていただきたいです。」と話してくださったベネディクトさん。

 

私たちも今回、アイスランドマーケットへ訪れるまで、アイスランドという国がどこにあって、どんな国なのか、ほとんど知りませんでした。しかし、ここアイスランドマーケットに訪れることで、おいしい食やアイテムを通じてアイスランドの魅力を体感できます。ぜひ、お店に足を運んでみてくださいね!

 


【アイスランドマーケット】
住所  :〒465-0051 愛知県名古屋市名東区社が丘1丁目1605 MAP
電話番号:052-753-6050
営業時間:月〜木・日11:00〜18:00/金・土11:00〜22:00
定休日 :水曜日
駐車場 :6台

https://iceland-market.com/