近鉄名古屋駅から「足湯列車」に乗って、湯の山温泉へ行こう!

おでかけ
三重
2020.01.22

四日市、名古屋の街並みを一望できる「御在所ロープウエイ」

湯の山温泉とは?

今回選んだのは「御在所ロープウエイ」です。湯の山温泉駅からはシャトルバスもでていますよ。

湯の山

徐々に上がっていくロープウェイにドキドキ。

湯の山

山頂に到着すると、薄っすらと雪が積もっていました。今年はじめての雪です!そして想像以上に寒いので、ロープウェイに乗る方はあたたかい格好をしておでかけくださいね。

ロープウェイ

この日はお天気にも恵まれて、本当に素晴らしい景色が広がっていました。空気も澄んでいて、なんだかとっても清々しい気持ちです。

景色を楽しんだあとは、御在所山上のレストランで、御在所名物の「御在所カレーうどん(950円) 」をいただきました。「伊勢うどん」とカレーとの組み合わせが絶妙で、最高です!お肉もホロホロで、とてもおいしかったです。

【御在所ロープウエイ】
住所:〒510-1233 三重県三重郡菰野町湯の山温泉
営業時間:9:00〜17:30(冬季9:00〜16:30)

<ロープウェイ乗車運賃>
大人(中学生以上)往復2,450円 片道1,320円
小人(4歳以上小学生以下)往復1,220円 片道660円
https://www.gozaisho.co.jp/

湯の山温泉街

お腹も満たされたので、湯の山温泉街を散策しつつ駅へ向かいます。湯の山温泉街は、昭和にタイムスリップしたかのような、レトロさがあり、歩いているだけでも癒されました。

湯の山温泉街

この日はあいにくの休館日でしたが、カモシカの生体について学べる「かもしか資料館」もあるので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

湯の山温泉街

湯の山温泉街を散策していたら、あっという間に帰りの乗車時間に!帰りも足湯を楽しみつつ、景色をながめながら帰路につきました。

足湯列車にゆられながら、のんびり湯の山へ訪れてみてはいかがでしょうか。都会の喧騒を忘れさせてくれるすてきな時間が流れています。

Photography by Kanae Hori

スポット詳細

【観光列車「つどい」足湯列車】
運行日   :2019年11月30日(土)〜2020年3月22日(日)土・日・祝日を中心に運行
運行区間  :近鉄名古屋駅〜湯の山温泉駅間(直通運転)
料金(片道):大人 510円 子ども(小学生) 260円
※別途、乗車区間に応じた乗車券が必要です。
※足湯の利用には、「足湯利用券(別途100円〈大人、子どもとも〉、タオル付き)」の購入が必要です。
※足湯利用券は乗車当日車内にて販売します。
定員    :56名
発売場所  :近鉄主要駅(特急券発売駅の窓口)および近畿日本ツーリストグループの主要支店・営業所
※ご乗車日の1ヶ月前から発売
※座席指定はできません

https://www.kintetsu.co.jp/senden/tsudoi/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット