それぞれの暮らし方に合わせたインテリアを提案する「MARIAGE(マリアージュ)」|岐阜県・岐阜市

2018.10.29
マリアージュ岐阜

JR西岐阜駅から徒歩15分ほどの場所にある「MARIAGE(マリアージュ)」。1993年にオープンして以来、岐阜をはじめとした東海エリアの人々に愛されているインテリアショップです。店内では、人気のアクタスの家具や北欧の名作家具・ヴィンテージ家具・照明・雑貨など幅広く展開しています。

 

今回はオーナーの宇野さんにお話を伺ってきました。後半には、店内のおすすめアイテムもご紹介していきます。

 

1991年に岐阜で創業

マリアージュ岐阜
オーナーの宇野さん

 

宇野さん:「マリアージュを創業したのは、今から27年前、1991年(平成3年)の9月です。当時は今の場所ではなく、近鉄の雑居ビルで「アットルーム」という名前で営業をしていました。

僕はもともとブティックを経営していたので、柳ヶ瀬の本通りにあった近鉄の雑居ビルを再開発する際に、アパレルのテナントとして入らないかと誘われていました。しかし、時代はバブルが終わり、アパレルは商業ビルの核テナントにはならないと思っていたので、お断りをしたんです。今回の核テナントは何ですか?と伺ったところ、近鉄側が誘致していたのがアクタスだったんです。」

 

 

アクタス提携のインテリアショップとして

 

アクタス 岐阜
店内の様子

 

宇野さん:「どなたが運営されるんですか?と聞いたら、まだ決まっていないということでしたので、僕が名乗りを上げたのがはじまりです。アクタス側が地元に根ざしたショップにしたいという想いがあったので、名前は別の名前で考えてくださいと言われたんです。なので、アクタス提携のインテリアショップとして「アットルーム」という名前でスタートをしました。

 

ところが、ビル自体の経営が上手くいかず、ファッションビルは撤退。その後、近鉄百貨店の方に売り場をつくっていただきましたが、百貨店自体も岐阜から撤退をしてしまいました。」

 

 

再開発を機に移転

 

オーナーの宇野さん

 

宇野さん:「このまま店を閉めしまうのは勿体無いと思い、もともとここでやっていた婚礼用品の店とインテリアショップが合わさったお店をスタートしました。その後、店名はお客様のニーズや時代の変化に合わせて、「マリアージュ」に変更し、現在に至ります。

 

テナントで入っていた頃は、ビルや百貨店の販促に依存をしていましたが、ここではそういうわけにはいきません。そこで、独自で販促をやりだしたところ、かなり売り上げが伸びていきましたね。この辺りって今でもそうなんですが、インテリアショップがとても少ないんです。当時は特に、結婚するとなれば、古くからある家具屋さんや百貨店で購入するのが一般的でした。従来の家具屋でないところで探すと、本当に限られていましたので、多いときですと、毎週のように愛知県内にも配達に行ってました。

 

一時は名古屋にインザルーム、ザ・コンランショップなど名だたるインテリアショップが続々とオープンした時代でもあったんですよ。ところが、リーマンショックによって、有名なインテリアショップは一気に撤退していきましたね。そういうような時代の中で、うちは呉服をやめてしまって、全館をインテリアショップにしていたので、時代のニーズにもマッチして、タイミングがよかったと思っています。」

 

 

マリアージュのファンを増やしていく

 


店内の様子


宇野さん:「ところが、名古屋にアクタスの直営店がオープンしたことで、バッティング状況が出てきたんです。このままではまずいと思い、独自の商品展開を行いました。それまではすべてアクタスの商品でしたが、7割をアクタスにして、3割はアクタス以外のものも展開していくことで独自性を図りました。その中で、北欧のインテリアが好きだったので、特にその部分に注力して商品展開をしています。今では、アクタス以外の商品を目的にお店に来てくださる方もとても増えましたよ。」

 

 

暮らしに合わせて長く使ったいただきたい

 

マリアージュ 宇野さん

 

宇野さん:「近年は、大型の安いインテリアショップがとても伸びていますが、我々としては非常に残念に思っています。その要因の一つに「インテリアショップを知らない」って方も多いのでしょうが、もっと暮らしにもこだわりをもっていただける方が増えるとうれしいですね。

 

例えば、洋服ですと、僕たちの小さいころは洋服を買うとなれば、生地から選んでつくってもらうのが一般的でした。着物と同じように、スーツでもテーラーさんが家に来て、「こんなのどうですか?」と言ってつくってもらう。今の時代からするとぜいたくにみえますが、決してそういう訳ではなかったんです。

 

世の中はどんどん変わっていくけど、お洋服もインテリアも、自分の生活に合わせて、長く使うっていうのが本来あるべき姿だと思うんです。だからこそ、ファストファッションや安い家具が浸透していってしまうことはとても、残念だと思っています。」

 

 

本物の良さを伝え続けていく

 

マリアージュ店内

 

宇野さん:「日本は世界からみても、衣・食の分野はとても優れているんです。でもそれが、住となると急に劣ってしまう。もっと、日本人は住に関しても目を養っていくべきだと思うんです。ヴィンテージ家具が近年は注目されていますが、ヴィンテージって受け継がれていくものだと思います。家に昔からあったものを親から子へ受け継いで使っていくこと。これが本来のヴィンテージなんですよね。良いものは、修理して長く使っていく。今だけの安いものではなく、長く暮らしに寄り添えるものを選んでいただきたいです。

 

衣食住は同等だと思うので、もっとインテリアにも興味をもってくれる人が増えるとうれしいですね。今後も我々の仕事は本当に良いものをお客様に伝え続けていくことだと思いますので、マリアージュで買いたいと言っていただける方たちを増やしていきたいですね。」

 


ここからはマリアージュのおすすめ商品をご紹介していきます。

 

 

1F

 

店内のようす

 

店内

 

アクタスキッズ


広々とした店内は3フロアで構成されています。1Fはキッチンアイテムや雑貨、グリーンやアクタスキッズなどの商品を扱っています。プレゼントにしやすいアイテムも豊富です。

 

 

日本が誇るデザイナー柳宗理

 

柳宗理

 

日本が誇るデザイナー・柳宗理がデザインしたキッチンウエア。料理研究家や主婦たちの意見に基づいたデザインはシンプルで美しく高い機能性を備えています。飽きることなく使い続けていただける、商品です。

 

 

北欧を代表するブランド「iittala(イッタラ)」

 

イッタラ

 

イッタラ

 

北欧を代表するブランド「iittala」の商品も豊富に取りそろえています。もともとはフィンランドのガラスメーカーとしてスタート。現在はガラスアイテムだけでなく、陶磁器やステンレス製品など、実用的でありながら生活を豊かにするテーブルウエアをつくり続けています。

 

 

暮らしを彩るためには欠かせないグリーン。

 

グリーン

 

マリアージュ店内の様子

 

 

2F

 

マリアージュ岐阜

 

2Fは、北欧の名作家具やヴィンテージ家具・ソファー・テーブル・ファブリックアイテムなどを販売しています。店内では、「家具をどう置いたらいいのか」「どう暮らしたいか分からない」方のために、スタッフさんに丁寧にコーディネート提案もしていただけます。

 

 

ハンス・J・ウェグナーの傑作「ベアチェア」

 

ベアチェア

 

デンマークの巨匠ウェグナーが1951年にデザインした「ベアチェア」。名の由来は、「熊」が手を広げて立っているような愛嬌のある姿からこの名が付けられています。マリアージュでは、デンマークの家具ブランド「PPモブラー社」が製造するベアチェアを取り扱っています。最上の座り心地は熟練の職人が一脚に少なくとも2週間をかけ仕上げていきます。

 

以前開催されたベアチェアのイベントでは1 週間で6脚売れたそう。購入された方の大半がはじめからベアチェアが欲しかった訳ではなく、マリアージュに訪れる中で、興味を持って購入された方がほとんどなんだそうです。

 

 

デンマークでは誰もが憧れるソファメーカー「eilersen」

 

eilersen

 

eilersen


eilersenダカーポシステムソファは組合せが選べるシステムソファです。包み込まれるような抜群の座り心地です。

 
HORSE SHOE ARM CHAIR/手前:ハンス・J・ウェグナー・PP701
4脚:HORSE SHOE ARM CHAIR/手前:ハンス・J・ウェグナー・PP701

 

 

座って驚く「M21 DINING TABLE」

 

M21 DINING TABLE

 

こちらのダイニングテーブルは丸でもなく四角でもない。一見、変わった形をしていますが椅子に腰かけることで、そのよさがすぐにわかります。なんと言っても、距離感が程よいこと。どこに座っても、隣や正面に座った相手と視線少しずれることで、心理的圧迫感を逃がしてくれます。まさに、家族の距離が近づくダイニングテーブルです。

 

カーテン

 

カーテン

ファブリックアイテムもたくさんの種類が揃っています。

 

 

3F

 

ベッドルーム

 

3Fでは、ベッド・寝具アイテム・照明が展示されています。中でも、照明はデザイン性もあり、一つ置くだけで空間が豊かになるものばかりです。

 

 

デザイン性豊かな照明

ダイニングテーブル

一つひとつ特徴的な照明が店内にディスプレイされています。

 

照明

yamagiwa/JAKOBSSON LAMP

 

 

artek/A330S PENDANT LAMP

 

PENDANT LAMP


空間の演出に欠かせないアイテムといえば照明ですよね。マリアージュではシンプルなものから、一つあるだけでその場がパッと華やぐものまで、さまざまな照明を扱っています。

 

今回ご紹介した商品以外のマリアージュで出会えるアイテムも流行に流されるのではなく、長く暮らしに寄り添えるものばかりです。岐阜で長きに渡り愛され続けているマリアージュ。スタッフさん一人ひとりが、商品の説明をしっかりとしてくれるからこそ、しっかりと地域に根ざし、ファンを増やし続けているのだと感じました。

 

定期的にイベントも開催されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

【MARIAGE(マリアージュ)】
住所  :〒500-8381 岐阜県岐阜市市橋2丁目4−7MAP
営業時間:10:00〜19:00
定休日 : 水曜日・第2、第4火曜日(定休日が祝日の場合は営業)

http://mariage-shop.com/