MENU SEARCH

池のほとりでのんびりまったり。日々変わる景色を眺めながらブランチやティータイムが楽しめるカフェ「 moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)」

カフェ

名古屋市・守山区
2019.11.18
吉田 ますみ

吉田 ますみ

絵本で遊ぼう「森の本棚」主催

池のほとりでのんびりまったり。日々変わる景色を眺めながらブランチやティータイムが楽しめるカフェ「 moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、愛知県名古屋市の北東部に位置し緑豊かな自然が残る守山区の「 moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)」をご紹介したいと思います。

市内最高峰の東谷山や東谷山フルーツパーク、愛知県森林公園からもほど近い郊外のとてものどかな場所にあります。お店の周辺には志段味古墳群と正面には大久手池があり、それを囲む自然とカフェが調和しています。

(以下、モリカフェと表記します)

moricafe -brunch&coffee-

お店は白を基調にしたもので、シンプルでモダンな雰囲気の中にどこか学校のような懐かしさを感じる外観です。

moricafe -brunch&coffee-

moricafe -brunch&coffee-

オーナーの森田さんにオープンのきっかけや、お店のこだわりなどについておうかがいしました。

-カフェをされてどれくらいになりますか?

森田さん:「2011年からスタートして8年目になります。最初は西区ではじめて2017年に守山区のこの場所に移りました。」

-最初にお店をオープンしたきっかけは?

森田さん:「もともと僕は店舗の内装を手掛ける関係の仕事をしていました。自分もいつかお店をやりたいと思うようになってきたところで、ちょうど西区のいい物件に空きが出るということで、思い切ってはじめてみることにしました。」

-こちらの場所に移られたのは?

森田さん:「カフェをはじめてしばらくしてから、軽井沢や湘南のような景色のいい場所でカフェがやれたらと憧れるようになり色々見て回りました。そして池のほとりのこの場所と出会いました。」

moricafe -brunch&coffee-

moricafe -brunch&coffee-

明るい店内は、白とライトブルーの内装が特徴的でシンプルな中にナチュラルな温かみのある空間です。家具や照明にもこだわりや遊び心が散りばめられています。

moricafe -brunch&coffee-

moricafe -brunch&coffee-

-コンセプトやイメージはありますか?

森田さん:「そうですね……シンプルなのを一番に考えましたね。あとは北欧っぽさを出せたらとも考えました。とにかくこの池の眺望をどう活かすかにこだわった感じですね。」

-席はテーブル席やカウンター席がありますが、ほとんどの席が窓の向こうに広がる大久手池とそれを囲む自然を眺める事ができますね。

森田さん:「一番大きな窓から景色が楽しめるカウンター席とその奥の席はこだわりました。特に気を使ったのは椅子ですね。お客様に少しでも気持ちよく過ごしてもらえるように考えました。具体的には『宮崎椅子』という国内のメーカーの物を中心に選んでいます。」

大きな窓と座り心地の良い椅子でくつろぎながら、日々変わる空の色とそれを写す池の水面を眺めながらゆっくりできるなんて、最高に贅沢ですね。それにきっと夕陽も綺麗なんでしょうね。

森田さんが『木』をイメージしてデザインした遊び心あふれる本棚。

森田さんセレクトの本や雑誌が並んでいました。

学校の机をリメイクした机もおしゃれな空間をさらに演出しています。

NEXT
三河湾に浮かぶ離島、篠島のお祭り「おんべ鯛奉納祭」へ行ってきました!
三河湾に浮かぶ離島、篠島のお祭り「おんべ鯛奉納祭」へ行ってきました!

おでかけ

愛知県・知多郡
PREVIOUS
【車で1時間以内で行ける!】名古屋近郊の日帰り温泉&スーパー銭湯15選
【車で1時間以内で行ける!】名古屋近郊の日帰り温泉&スーパー銭湯15選

おでかけ

愛知県・岐阜県・三重県

【 moricafe -brunch&coffee-(モリカフェブランチアンドコーヒー)】
住所 : 名古屋市守山区上志段味東谷2074-74
電話番号 : 052-870-5863
営業時間 : 10:00~18:00
定休日 : 日曜日、第2・4月曜日
席数:16席

駐車場 : 有・7台

 

http://moricafe.jp

吉田 ますみ

吉田 ますみ

絵本で遊ぼう「森の本棚」主催

2010年ストーリーテリングと読み聞かせの手法を学び、地域のママたちによるおはなしかいグループを立ち上げ主催。現在も、保育園や小学校、学童保育所などで絵本と工作の講師としての活動をしている。絵本の世界の中で遊ぶ楽しさを伝える「森の本棚」代表として、絵本とコラボしたワークショップやイベントの企画運営。

また、2013年よりアーティストTORICAとして創作絵本作りやSolo Art Exhibitionを展開。

@torica9

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

城山館