世界初!深海がテーマの「沼津港深海水族館& シーラカンス・ミュージアム」に行ってきました。

水族館&動物園
伊豆エリア
2022.11.15
世界初!深海がテーマの「沼津港深海水族館& シーラカンス・ミュージアム」に行ってきました。

伊豆の玄関口とも言われる沼津。駿河湾に面し、旬の新鮮な魚介を提供する飲食店やみやげ屋、魚市場などの施設が集まっている沼津港で、人気を集めているのが「沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアム」です。

「沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアム」は、世界で初めて深海をテーマにした水族館として、2011年に開館しました。「きもカワイイ」と一大ブームになったダイオウグソクムシの実物大ぬいぐるみ(全長55センチ)で大きな話題にもなり、記憶に新しい方もいるのでは。

水族館は、深海生物を展示するだけでなく、生物の特徴や深海の神秘について、わかりやすく解説するパネルも大きな魅力です。シーラカンス・ミュージアムは、冷凍シーラカンスの展示を見ることができる世界で唯一の施設なんですよ。

今回は、沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアムの魅力をたっぷりご紹介します!

※情報は取材時のものです。
ご利用の際には、各施設・各店舗の最新情報をご確認ください。

沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアムとは

沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアムは、沼津港エリアにある商業施設「港八十三番地」内にあります。1階は沼津港深海水族館、2階がシーラカンス・ミュージアムと1度に2つのスポットが楽しめます。

深海をテーマにした日本初の水族館「沼津港深海水族館」

沼津港深海水族館は、深海をテーマにした日本初の水族館として、国内・海外の深海生物だけでなく、沼津港で水揚げされた深海生物も展示しています。展示している生物は、人気のメンダコをはじめ、常時100種類以上!

深海生物は生態が不明な点が多いなか、エサや生育環境などを試行錯誤しながら展示を行っています。なかには水族館に展示されるまで、1カ月以上もバックヤードで飼育する生物もいるそう。それぞれの個体に合わせた環境で展示するため、水族館の水槽は一つひとつが小さく設計されていることが特徴です。

なぜ沼津港で深海生物?

沼津港と富士山

沼津港の目の前に広がる駿河湾は、世界でも珍しい独特の地形をしています。港から数キロ離れると急激に深くなり、湾の中央部に南北に伸びる駿河トラフと呼ばれる溝は、なんと水深2,500メートルにも及び、日本一の深さを誇ります。

駿河湾は、世界最大のタカアシガニをはじめ、メンダコやオオグソクムシなどの多様な生物が生息しており、なかには滅多に見ることができない希少な生物や、新種や未確認種類もいると言われています。そのため、日本だけでなく世界的にも注目されている深海生物の宝庫なのです。

そして、深海のある地域では、通常であれば水揚げしてから船が港に戻るまで1〜2日掛かり、そのあいだに深海生物は死んでしまうことがほとんど。しかし、沼津港は水深2,500メートルのエリアまでわずか30分ほどの距離にあり、水揚げされたばかりの深海生物を生きた状態で水槽へ移すことができることも大きな特徴です。

世界でも希少な施設「シーラカンス・ミュージアム」

シーラカンスミュージアム入り口

シーラカンスは、1938年に南アフリカで発見された魚です。当時は、とうに絶滅した種と考えられていたため、学会および世界は騒然となりました。

発見されたシーラカンスの姿は3億5000万年前から変わっていないと言われ、まさに生きる化石!3億5000万年もの間、ほぼ変わることのなかった「深海の環境」によるものだと考えられています。

シーラカンス・ミュージアムでは、5体のシーラカンスを展示。そのうちの2体は冷凍の個体で、世界でも希少な施設です。

そのほか、安定した環境下で特異な進化が必要なかったと思われる「ラティメリア(シーラカンス唯一の現生属)」に注目し、シーラカンスだけでなく深海生物の謎に迫るさまざまな展示が行われています。

それでは、さっそく館内をめぐってみましょう!

個性豊かな深海生物に魅了される!
沼津港深海水族館

チケットカウンターを通過すると、すぐに沼津港深海水族館に入ります。水族館は6つのコーナーにわかれていて、以下のテーマごとに深海生物や解説パネルが展示されています。

・浅い海・深い海
・ヘンテコ生き物
・駿河湾大水槽
・深い海
・深海のプラネタリウム
・駿河湾解説コーナー

水族館の中は全体的に暗く、照明も幻想的。これは、光のない世界に棲んでいた生物に対し、ストレスを感じさせないライトを使用しているため。館内は撮影可能ですが、フラッシュは厳禁です。必ずオフになっていることを確認しましょう。

駿河湾の水深300メートル付近に生息する生物が集まる大水槽は圧巻の迫力!。展示されている生物は、地元の深海底引き網漁で捕獲されたものばかりです。世界最大の節足動物と言われるタカアシガニもたくさんいますね。

駿河湾では「生きる化石」とも呼ばれるラブカやミツクリザメなど、世界的に希少な生物が水揚げされることもあり、過去には水族館で展示されたこともあるそう。

深海生物の新種や希少な種類を展示する「深い海」コーナーには、丸っこい体と大きなミミがかわいいと人気のメンダコがいました。

画像提供:沼津港深海水族館

メンダコは捕獲できる時期と場所が限られていること、良い状態で捕獲される個体が極めて少ないこと、繊細で飼育が困難なことなどから、どの水族館でも常設展示は成功していません。

しかし、沼津港深海水族館では、試行錯誤を繰り返しながらメンダコの特性を少しずつ解明しています。世界中の水族館でも1〜3日間しか飼育できないというなかで、なんと飼育最長記録を52日間まで伸ばすことにも成功したのです。

メンダコは捕獲が冬季に限られているため、今のところは通年で見られるわけではありません。展示状況は公式サイトでも随時発信中です。

メンダコは落ち着いているときは平べったくなっているとのこと。来館したときは岩のそばで目を閉じていました。

ほかにも、蛍光色に光るサンゴの展示やチカチカと輝くヒカリキンメダイが泳ぐ「深海のプラネタリウム」などもあり、今まで見たことのないワクワクする世界が広がっていますよ。

また、沼津港深海水族館では深海の生き物だけでなく解説パネルにも注目です。生き物の生態や特徴などがわかりやすく紹介されているだけでなく、沼津港が深海水族館に適した場所である理由、水族館が取り組む深海生物の捕獲・飼育についての情報も。沼津港を取り巻く環境や深海生物への理解が深まると、より一層楽しめるでしょう。

そして、階段を上りシーラカンス・ミュージアムへ向かいます。

深海生物の神秘に迫る!
シーラカンス・ミュージアム

シーラカンス・ミュージアムの入り口では、シーラカンスの「シーラ爺」がお客さんをお出迎え。フロアは5つのエリアにわかれています。

・古代の海
・生物の進化研究所
・冷凍シーラカンス
・シーラカンス遊泳映像
・透明骨格標本コーナー

生物の進化やシーラカンスについてさまざまなパネル・写真・図などで詳しく解説されているため、とても見ごたえがありますよ。

シーラカンスが深海に暮らしていたときの様子をジオラマで表現した「古代の海」。2体のシーラカンスの剥製に加え、シーラカンスの捕獲に使われた実物のカヌーも見られます。

シーラカンス・ミュージアムでは、シーラカンスにまつわる展示や解説だけでなく、「進化とはなに?」「ヒトはどのように誕生したの?」といった身近な疑問について、わかりやすく学べるコーナーも。地球の歴史や生き物の進化は、知れば知るほどおもしろく興味が湧いてきますよ。

シーラカンスの標本や剥製は世界で数カ所の限られた博物館で見ることができますが、冷凍保存されたシーラカンスを展示しているのは世界でもここだけ。特殊な冷気の流れや特注のガラスを使った-20度の冷凍室で、中には2体のシーラカンスが並んでいます。

すぐにでも動き出しそうなリアルさは、剥製や標本では出せない迫力。学術的にも貴重なシーラカンスの姿を、さまざまな角度から間近で観察できるのは貴重な体験です。

このほか、標本の種類や作り方について展示・解説しているコーナーや、駿河湾に生息するサメやエイの標本なども並んでおり、見どころがたくさんあります。

沼津市牛臥海岸に打ち上げられたメガマウスザメの剥製

最後にお客さんを見送るのは、全長5メートルにもなるメガマウスザメの剥製。沼津市牛臥海岸に打ち上げられた個体を再現したものです。古代の形態を残す生物と言われるメガマウスザメは、3600万年前ごろに生息していたことがわかっていますが、繁殖の方法や時期などは未だ解明されていません。

深海生物&シーラカンスの神秘や魅力をたっぷり感じたあとは、おみやげショップにも寄ってみては。シーラカンスやメンダコ、ダイオウグソクムシなどのぬいぐるみをはじめ、さまざまなオリジナルグッズが売っています。

「港八十三番地」で沼津港エリアを満喫しよう!

沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアムは、複合商業施設「港八十三番地」にあります。港八十三番地にはグルメやアトラクションもあり、沼津港エリアの人気観光スポットの一つです。

深海生物を捕獲するライド型シューティングアトラクション「ディープシーワールド」や、駿河湾の深海で発見された古代海底遺跡を調査する体験型VR深海アドベンチャー「ディープクルーズ(※)」など、ファミリーで楽しめるアトラクションもありますよ。

さらに、新鮮な海鮮や深海グルメが味わえる飲食店も充実。浜焼きや寿司、深海魚バーガーなど、沼津ならではのメニューをはじめ、静岡の銘菓やイタリアンと幅広いジャンルが楽しめます。

※ディープクルーズは2022年12月開館予定

沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアムで
深海の世界を知ろう!

世界で初めて深海をテーマにした「沼津港深海水族館」、冷凍シーラカンスが世界で唯一見られる「シーラカンス・ミュージアム」は、全国でもここだけのユニークな施設です。一度来れば、深海の神秘や深海生物の魅力にきっとハマるはず。

深海アトラクションや沼津港グルメも充実している「港八十三番地」も併せて、一日楽しめるスポットです。

沼津を観光する際には、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

スポット詳細

【沼津港深海水族館&シーラカンス・ミュージアム】
住所   :静岡県沼津市千本港町83番地
電話番号 :055-954-0606
駐車場  :なし ※近隣に有料駐車場(約500台)あり
公式サイト:http://www.numazu-deepsea.com/

愛知県名古屋市在住。コピーライター3年、広告代理店でメディア編集者3年を経てフリーランスへ。金融やSDGs、ファッションなど幅広いジャンルのメディアで編集経験を積む。現在はグルメ・トラベルを中心に取材や執筆を行う。

趣味は旅行、読書、お酒。国内旅行が好きで47都道府県を制覇し、現在は2周目を満喫中。自身でもお酒に関するメディアを運用し、365日文章にふれる生活を送っている。


https://twitter.com/izunoumi_110

ジャンル
エリア
タグ

おすすめスポット