MENU SEARCH

メルボルンで技術を磨いた、オーナー嶋さんがこだわり抜いたロースターカフェ「Q.O.L. COFFEE」

カフェ

名古屋市・丸の内
2019.01.22

メルボルンで技術を磨いた、オーナー嶋さんがこだわり抜いたロースターカフェ「Q.O.L. COFFEE」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

栄・久屋大通エリアと名古屋城エリアの真ん中、大津橋交差点角地にある「Q.O.L. COFFEE」。オーストラリアのメルボルンで技術を磨いたオーナーが2017年6月にオープンしたスペシャルティコーヒーロースターカフェです。

「Q.O.L.」はQuality of Life(生活の質)の略。その名の通り、世界中から厳選した世界最高峰のコーヒーを毎日丁寧に焙煎し、良い状態の豆だけを提供・販売されています。今回はオーナーの嶋さんにオープンまでの秘話、スペシャリティコーヒー、お店のことなど、じっくりとお伺いしてきました!

夢は喫茶店のマスター

QOL外観

しまさん
オーナーの嶋勇也さん

まずは嶋さんの経歴からお伺いしました。

嶋さん:「僕は物心ついた頃から、喫茶店のマスターになるのが夢でした。子供のころ両親によく喫茶店に連れて行ってもらっていて、子供ながらにその雰囲気が好きだったんです。小学生の卒業文集にも喫茶店のマスターになりたいって書いていたくらい(笑)。中学へ上がっても同じようなことを書いていたんですが、部活でバスケをはじめてからは、インターハイを目指すくらい夢中になっていきました。

中高の6年間はとにかくバスケ漬けの日々でした。ところが、高校最後の年に愛知県の決勝リーグで敗退してインターハイに出場できなかったんです。他のことを忘れるくらいバスケに没頭していたいので、俺これからどう生きたらいいんだろうって……悩みましたね。そんなときに、子供のころの夢がよみがえってきたんです。大学進学も考えていましたが、喫茶店をやるには何が必要かってことにシフトして、調理の技術を学ぶために専門学校へ行くことにしました。」

本格的にバリスタの道へ

焙煎
店内に入ると大きな焙煎機が出迎えてくれます。この焙煎機で毎日じっくりとコーヒー豆を焙煎しています。

こうして卒業後はより本格派のイタリア料理をはじめ、トータル十数店舗の店で調理の技術を学んだ嶋さん。その後、コーヒー店への就職を機に、コーヒーの道にのめり込んでいきます。

スペシャリティコーヒー
収穫期に合わせて世界各地の良質な豆を仕入れています。
生のコーヒ豆
生の状態のコーヒー豆。それぞれの特徴に合わせた温度や時間で焙煎していくのだそう。

嶋さん:「料理の技術は一通り修得したので、次はコーヒーの知識が必要だと思い、東区にある名古屋の老舗コーヒー店に就職をしました。8年程勤めた後に一度退職をしました。バリスタの技術を上げること、ロースターも本格的にやりたかったので、岐阜にある珈琲店へ就職をしたんです。休日には、焙煎の練習をして、その頃に自己投資もかなりましたね。

本格的に勉強しているうちに、カフェの本場メルボルンへ行きたくなってきたんです。コーヒーはこの先ずっとやっていくものなので、コーヒー文化が根付いてる場所で本格的に学び、働きたいと思い、メルボルンへ行くことを決めました。」

コーヒーの本場メルボルンへ

メルボルンコーヒー豆は100gから購入が可能です。

嶋さん:「メルボルンはカフェだらけなので、すぐ働く先は決まるだろうなって思っていたんです。ところが、1カ月半で50枚くらいレジュメ(履歴書)を書いて渡しても決まらないんです。僕、オーストラリアにいく直前に結婚をしたんです(笑)。余計に時間もお金もなくて、年齢的にも30歳を超えていました。ワーホリビザは効かないので、学生ビザで学生をやりながらなら働かなければいけませんでした。

最初は日中に学校へ行って、午後から職探しをしていたんですが、向こうの朝にカフェへいく習慣が根付いているので昼過ぎにはお店が閉まるんですよ。なので学校は夜間に変えてもらい、明るいうちに見つけられるようなスタイルに変えました。それでも決まらなくて、情報を得るためだけにバリスタスクールにも行きましたよ。本当にすがる気持ちでしたね。お嫁さんも日本において来てるし、資金は減っていく。戻ったら店をださなきゃいけないので、精神的にもヒヤヒヤでした。」

ようやく働くお店が決まり、バリスタとしての修行がスタート。

嶋さん:「バリスタスクールで紹介してもらったりもしたんですが、なかなか空きがありませんでした。いよいよもうやばいなってなってなったときに、もう一度自分が好きなエリアを探しに行こうって思ったんです。ここで働きたい!ってお店にレジュメを持って行きました。でも、その日はいっぱいだよって言われてあきらめていたら、次の日トライアルに来ないかって連絡が来たんです。

トライアルは、お店が回せるかとか、ラテが淹れられるかというテストです。オーダーしながら言われることをして、カプチーノ作って、ラテ作って、とかっていうのをやったら、「明日から来て」って言われて、ようやく働くけることになりました。

バリスタとして4カ月くらい働いてる間も、どんどん他の人がレジュメを持ってくるんです。僕よりも語学があって技術もあったら、いつクビになるかもわからないので、毎日仕事終わりに練習をして、必死にやりましたね。」

異国で働いたからこそ感じた一杯の大切さ

メルボルンでは、朝から行列ができるほどカフェ文化が根付いるため、スピードがとにかく大切になってきます。

嶋さん:「メルボルンでは、来店する人の量もハンパないんです。とにかくスピードをあげていかないと追いつきません。店にもよりますが、多いとことでエスプレッソマシーンに3人、スチームする人、注ぐ人がいます。メニューも、モカやチャイ、エスプレッソ多めにしてとか、それにあったカップも必要です。とにかく体に打ち込まないと難しくて、なんとか最後までクビになることなく使ってもらえました。

次第にお客様に覚えてもらえたり、コミュニケーションが取れるようになると、うれしかったですね。日本で長年経験して来たとしても、異国で働くっていうのは、同じ仕事をやっていても違います。お客様に覚えてもらえるのがこんなにうれしいことなんだなって、一杯の大切さを向こうの経験で学びました。そして本場のカルチャーに触れたことは何よりも大きかったです。

メルボルンでは毎週のようにカッピング会(※カップに細かめに引いた豆を入れてお湯を注ぎ、味や香りをチェックするもの。)が各地で開催されています。僕は、働くようにならないとそういうとこ行きたいくないなって思ってたんですが、そんなプライドいりませんでした。そこは、世界中から集まったバリスタの情報共有の場でもあって、どこどこのお店のバリスタ空くらしいよとかそんな情報も集まってきていたんです。いい情報は動かないと得られない、プライドはいらないなって実感しましたね。」

NEXT
個性豊かな食器と、とびきり美味しい手作りパン。毎日通いたくなるお店「Lien Lien」
個性豊かな食器と、とびきり美味しい手作りパン。毎日通いたくなるお店「Lien Lien」

カフェ

名古屋市・西区
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】豪華客船でバルト海クルーズの旅。海上でいただく料理「Julboad」
【スウェーデンの暮らし】豪華客船でバルト海クルーズの旅。海上でいただく料理「Julboad」

海外

【Q.O.L. COFFEE】
住所   : 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-1番号 マジマビル
電話番号 : 052-746-9134
営業時間 :月曜〜金曜 7:30〜19:00 土、日曜 9:00〜18:00
定休日  :なし

http://qolcoffee.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

リビングデザインビューロ