MENU SEARCH

試してみたいメニューがたっぷり。リピートしたくなる北欧カフェ。「Rajakivi(ラキヤヴィ)」

カフェ

名古屋市・金山
2019.02.21

試してみたいメニューがたっぷり。リピートしたくなる北欧カフェ。「Rajakivi(ラキヤヴィ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

金山駅から10分ほど歩いた、静かな場所にある北欧カフェ「Rajakivi(ラキヤヴィ)」。店主の石塚さんが営むこちらのお店は、店内のインテリアや照明はもちろん、食器やカトラリーにいたるまで、北欧ブランドで統一されています。

Rajakivi(ラキヤヴィ

「日本特殊陶業市民会館」から2ブロック南へ向かったところにあります。

店主の石塚さん
店主の石塚さん

石塚さんは、生まれ育った金山でカフェをはじめたいと考えていたそう。会社員から転身して、約7年前にオープンしたこちらのお店。オープン時には、本格的な北欧カフェがほとんどなく、フィンランドで現地の料理を学んだり、北欧料理の本を読んで研究しながらメニューをつくりあげたのだそう。

スウェーデン紅茶「KOBBS」
スウェーデン紅茶「KOBBS」 ¥1,500

食材はできるだけ北欧直輸入のものを使用。お店のメニューにもある、スウェーデン「KOBBS(コブス)」の紅茶は、店内で購入もできます。

ラキヤヴィ

ラキヤヴィ

色味がおさえられた店内は、静かで落ち着きます。

リピーター率が高いこちらのお店。来店する度にいろいろなメニューを試して、自分好みの一品を決める、という方もいらっしゃるそう。メニュー名はフィンランド語やスウェーデン語などで書かれています。料理名からは味が想像しづらいものもあり、色々と注文して試してみたくなります。

ドリンクメニューもミントチョコフレーバーのコーヒーや、エルダーフラワーのドリンクなど、女性が喜ぶメニューがずらり。女性客が9割を占め、一人で来店する方も多いのだとか。

入口の左側には、フィンランドでは一般的だという、4種の北欧パンがディスプレイされています。朝8時から11時まではモーニングサービスとして、1ドリンクにつき、お好きな北欧パンを1種類とヨーグルトがサービスされます。北欧パンはモーニング以外でも注文できます。

「カルヤラン・ピーラッカ」と「ペルナ・ピーラッカ」
「カルヤラン・ピーラッカ」と「ペルナ・ピーラッカ」は、どちらも1つ150円。

「ピーラッカ」はフィンランド語で「パイ」を表します。「カルヤラン・ピーラッカ」は、ミルクで炊いたおかゆをライ麦生地で包んでいます。

「ペルナ」はジャガイモを意味します。「ペルナ・ピーラッカ」はマッシュポテトをライ麦生地で包んでいます。2種類の見た目は、色も形もそっくりですが、「ペルナ・ピーラッカ」は、キッシュに近い味わい。

「ヴォイ・シルマ・プッラ」と「コルバ・プースティ」
「ヴォイ・シルマ・プッラ」と「コルバ・プースティ」は、どちらも1つ150円

「プッラ」は、「カルダモンの香りのする甘い菓子パン」の意味。「ヴォイ・シルマ・プッラ」は、「ヴォイ」が「バター」、「シルマ」は「目」を意味し、トッピングのバターが目に見えるとのことから、こういった名前がついているのだとか。シュガーバター味です。

「コルバ・プースティ」の意味は「パンチされた耳」。シナモンバターペーストを練り込んだ、シナモンロールです。

NEXT
最先端のデジタルアートをオフィスに。アンダーデザインの「OFFICE × ART –digital-」
最先端のデジタルアートをオフィスに。アンダーデザインの「OFFICE × ART –digital-」

アート

名古屋市・伏見
PREVIOUS
いつも、どこでも、心を込めて。名古屋を代表する銘菓をつくる「青柳総本家」の工場見学へ行ってきました。
いつも、どこでも、心を込めて。名古屋を代表する銘菓をつくる「青柳総本家」の工場見学へ行ってきました。

グルメ

名古屋市・守山区

【Rajakivi(ラキヤヴィ)】
住所  :愛知県名古屋市中区金山2-11-1アーバンハイツ金山1F
電話番号:052-253-7632
営業時間:8:00~18:30(L.O.18:00)
     モーニング:8:00~11:00
     ランチ:11:00~14:00
定休日 :月曜日(祝日の場合は、翌平日振替)

http://www.rajakivi.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ホームページ制作 アライブ株式会社

特集一覧へ

クラブナージ