MENU SEARCH

名古屋・栄にある本格フィンランドサウナ。身体も心もデトックスできる「SaunaLab(サウナラボ)」

ビューティー・健康

名古屋市・栄
2019.04.16

名古屋・栄にある本格フィンランドサウナ。身体も心もデトックスできる「SaunaLab(サウナラボ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、忙しい毎日を送っている方に、ぜひ知っていただきたいスポットをご紹介します。

名古屋・栄にある「SaunaLab(サウナラボ)」です。まるで海外にいるような空間で日常を忘れ、本格フィンランドサウナが楽しめます。「サウナはおしゃれじゃない……。」「サウナはただ暑くて辛い……。」そんなイメージをがらっと覆してくれる、SaunaLabの世界をたっぷりとご紹介していきます。

SaunaLab(サウナラボ)

SaunaLab(サウナラボ)
「Sauna Lab」は地下鉄・栄駅から徒歩10分、ビルの8階にあります。
SaunaLab(サウナラボ)受付はこちらのスペースで。

エレベーターで8階へ上がると、名古屋の中心地・栄ということを忘れてしまうくらいステキな空間が広がっています。

日常にサウナがある暮らしを提案したい

まずは、マネージャーの宮下さんにSaunaLabのコンセプトや誕生のきっかけをお聞きしました。

宮下さん:「サウナの本場フィンランドでは、サウナは生活の一部であり、人生と切っても切り離せない存在です。約550万人の人口に対して、推定330万ものサウナがあるといわれています。それくらいフィンランド人にとってサウナは、日本人が毎日湯船に浸かるように生活の一部なんです。

そんなフィンランドは幸福度ランキングで、2年連続1位に輝きました。その幸せの背景には、サウナが欠かせないと僕は思っています。気軽にサウナでリフレッシュができるので、仕事とプライベートのバランスが取れているんですよね。そうした本場のサウナをより多くの人に体験していただきたいと思ったのが、オープンのきっかけです。」

マインドマップ人とサウナの関係性について書かれたマインドマップ

宮下さん:「日本だとサウナと言えば「おじさんの娯楽」「暑さに耐える場所」「おしゃれじゃない」というイメージが定着してしまっています……。ですが、本来サウナは男女関係なく心地よく過ごせる場所であるはずなんです。SaunaLabを通して、サウナの本来の意義や楽しみ方をもっと広めていきたいですね。

特に日本では女性用のサウナがとても少ないんです。なので、忙しい日常を送っている女性の皆さんにサウナの良さを知っていただこうと、女性専用のサウナからスタートしました。」

マイルドで穏やかな、フィンランドサウナ

フィンランドサウナ

SaunaLabの一番の特徴は、本格的なフィンランドサウナが楽しめるという点。フィンランドサウナとはどういったものなのでしょうか。

宮下さん:「フィンランドサウナは、60〜70℃のマイルドなサウナなので、穏やかで長くゆっくりと入ることができるのが特徴です。みなさんがイメージされる、高温で乾いたサウナではないので、ヒリヒリしたり息苦しくなってしまうということも少ないですよ。

また、ホットサウナで体を芯まで温め、アイスサウナでクールダウンする「温冷浴」が基本スタイルです。一気にクールダウンする事で、血液循環を促し自律神経のバランスを整えます。本場フィンランドでは、湖に飛び込んだり深雪にダイブしてクールダウンしたりもするんですよ。」

NEXT
105種のベルギービールが登場!「ベルギービールウィークエンド2019 名古屋」が開催されます。
105種のベルギービールが登場!「ベルギービールウィークエンド2019 名古屋」が開催されます。

おでかけ

名古屋市・栄
PREVIOUS
まるでおとぎ話の世界に迷いこんだような「浜名湖ぬくもりの森」
まるでおとぎ話の世界に迷いこんだような「浜名湖ぬくもりの森」

おでかけ

静岡県・浜松市

【SaunaLab(サウナラボ)】
住所   :愛知県名古屋市中区栄3丁目9−22 グランドビル8F
電話番号 :052-238-2131
営業時間 :11:00-19:00
入場料  :¥2,700(税込)
定休日  :なし
駐車場  :なし(近隣のコインパーキングをご利用ください)

http://saunalab.jp/about/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

アルボ