MENU SEARCH

関ケ原合戦が240体以上の人形で再現された珍スポット!「関ケ原ウォーランド」

おでかけ

岐阜県・不破郡
2021.10.06

関ケ原合戦が240体以上の人形で再現された珍スポット!「関ケ原ウォーランド」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

天下分け目の戦いと言われた「関ヶ原の戦い」。徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍が、美濃国関ヶ原(岐阜県不破郡関ヶ原町)で行った合戦です。

そんな合戦の様子を史実に基づきつつ、ユニークに再現した合戦テーマパークが「関ケ原ウォーランド」です。


関ヶ原の戦いの舞台となった岐阜県不破郡関ケ原町に、造形作家・浅野祥雲作の等身大武将像で関ケ原合戦が史実にもとづき再現されています。またそのシュールさは、日本随一の珍スポットとも言われています。

歴史マニアでなくても、楽しみながら歴史が学べるスポットです!

アクセス&入館料は?

「関ケ原ウォーランド」へのアクセスは、「JR 関ヶ原駅」下車 徒歩約20分、「関ヶ原IC」から北へ約5分の場所にあります。

入館料:大人 500円/小人 300円

浅野祥雲とは?


展示されている塑像はすべて、コンクリート像作家「浅野祥雲」が手掛けたものです。浅野祥雲氏(1891年-1978年)は岐阜県中津川市の出身。昭和初期から40年代にかけて、無数のコンクリート人形を制作。2m近い像が数十体、数百体と林立する施設も数々あり、等身大ジオラマパークという独特の作風を確立しました。

33歳のときにつくりはじめたコンクリート像は生涯で1,000体以上とも言われ、そのうち800体近くが東海地方に残されています。代表的なスポットは、「桃太郎神社(愛知県犬山市)」「五色園(愛知県日進市)」「関ケ原ウォーランド(岐阜県関ヶ原町)」の3箇所。ファンの間では“浅野祥雲三大聖地”と呼ばれています。

どこかシュールな表情の塑像たちは、見る人を魅了する力があります。

広大な敷地で繰り広げられる戦い!


約1万坪という広大な敷地内では、関ケ原合戦の陣形図を凝縮して再現した実物大のジオラマが展示されています。関ケ原ウォーランドには、有名な逸話シーンや旗指物、陣幕まで忠実に再現し、各武将たちの配置を確認できます。

コンクリート像で再現された合戦の様子をみていきましょう!

こちらは人気の撮影スポット。鉄砲隊が銃を構えているところですね。

戦国最強と言われる東軍・可児才蔵は、鬼気迫る顔で敵に馬乗りしています!戦では常に持ち運びできないほどの敵の首を討っていたと言われています。

西軍で指揮を執った知将であり、「石田三成」の盟友「大谷吉継」陣です。小早川秀秋の裏切りにより自害するシーンが再現されています。

こちらは徳川家康の最後陣地「陣場野」にて首実検を行うシーンです。近づくと、生首にも名前がついているので、見てみてくださいね。


小西隊と石田隊の中間で唯一陣を保っていた島津隊の陣。戦国最強の名を欲しいままにしていましたが、関ケ原合戦にはわずか1,500の兵力で参戦。その後、後世まで語り継がれている「捨て奸」戦法をとることによって部隊を保ったまま薩摩に生還しました。


笹尾山にて東軍の黒田長政らと交戦していた石田三成の陣です。


関ケ原ウォーランドの順路は、寝返りで知られる小早川秀秋の松尾山から、西軍・宇喜多秀家らが布陣した天満山、石田三成の拠る笹尾山、東軍総大将徳川家康が最後に陣を置いた陣場野、東軍の背後にいながら動かなかった毛利勢の南宮山を巡るルートになっています。

名のある武将の像には名前を記した札があるので、シュールな表情とともに一体ずつ想いを馳せて楽しんでみてくださいね。

武田信玄の亡霊!?

関ヶ原の戦いには参戦していなかった武将「武田信玄」の姿もあるんです。

実は、この信玄像は亡霊という設定でつくられたのだそう。立て札には、「ノーモア関ヶ原合戦」と書かれており、愚かな戦争は止めるべきだと訴えている平和を祈る武田信玄の亡霊となっています。

無料ゲームをやってみよう!


関ケ原ウォーランドでは合戦にちなんださまざまな無料ゲームが用意されています。「戦国ストラックアウト」「手裏剣体験」「火縄銃の射的」「戦国輪投げ」などお子さんも大人も一緒になって楽しめますよ。

フォトスポットやイベントも要チェック!


訪れた日は「風鈴まつり」が開催されており、テーマパーク内は色とりどりの風鈴が吊るされていました。またフォトスポットも随所にあるので、ぜひ思い出に撮影してみてくださいね。

顔ハメパネルや等身大の馬の塑像に乗って武将気分で撮影をしたり……。

武将に討たれてみたり……。

コンクリート像に触れることができませんが、間近での撮影は自由なので、さまざまなシチュエーションで撮影を楽しめますよ。

隣接する施設と提携した企画メニューも必見。
お得にランチをいただこう!

関ケ原ウォーランドに隣接する「sekigahara花伊吹」。地域最大級を誇る売店&湖畔のレストランです。看板商品のチーズケーキや名物のよもぎちゃんなど、ここでしか買えないスイーツなど豊富にそろっています。

旨味と辛味がくせになる旨辛鍋。名古屋鯱輪との限定コラボメニュー 2,200円(税込)

5頭級の近江牛がいただける「近江牛づくし」。2,200円(税込)

中でもおすすめなのが、関ヶ原合戦資料館ウォーランド入場券付の近江牛ランチです。なんと、かき氷チケットまでついてくるんです!
とってもお得なランチになっているので、関ケ原ウォーランドへ訪れる際は、ぜひここでランチをいただいてくださいね!

こちらが、チケットでいただいたかき氷。暑い日だったので、とっても癒されました!

※2021年9月時点の情報です。

【sekigahara花伊吹】
https://www.sekigahara-hanaibuki.com/

B級感満載で、訪れてみると想像以上に楽しい関ケ原ウォーランド。大人からお子さんまで楽しめる施設ですので、楽しく園内をまわって戦国体験をしてみてください。

関ヶ原の合戦についてもっと詳しく知りたい方はこちら

NEXT
《今月のおすすめビール》IKEAで買える、低アルコールクラフトビール「オムニポロ」
《今月のおすすめビール》IKEAで買える、低アルコールクラフトビール「オムニポロ」

グルメ

PREVIOUS
東海エリアにこんなにもあるの?! 知っておきたい「地サイダー&地ラムネ」【10選】
東海エリアにこんなにもあるの?! 知っておきたい「地サイダー&地ラムネ」【10選】

グルメ

愛知県・岐阜県・三重県

【関ケ原ウォーランド】
住所  :岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原1701-6
電話番号:0584-43-0302
営業時間:10:00~16:00(冬季12~3月は15時まで)
料金  :大人500円:子供300円
https://warland-web.jimdosite.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

ile