【ジブリパーク】『猫の恩返し』をモチーフにした「猫の城遊具」

長久手市
掲載日:2023.11.30
【ジブリパーク】『猫の恩返し』をモチーフにした「猫の城遊具」

2023年8月にオープンした「猫の城遊具」。スタジオジブリの映画『猫の恩返し』に登場する猫王の城をモチーフにした遊具です。

土日休日・混雑日は利用料金がかかりますが、平日は無料で利用できます。(※臨時休業の日もあるので、事前に要チェック)

▼詳しくはこちら
https://www.aichi-koen.com/moricoro/shisetsu/cat-castle-playground/

今回は実際に「猫の城遊具」に行ってみました!

「猫の城遊具」へのアクセスは?

メインゲート

エレベーター塔

ジブリパークは「愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)」内にあります。

リニモ「愛・地球博公園駅」からメインゲートを通り、エレベーター塔へ向かいます。ちなみに「猫の城遊具」にはロッカーがないため、北口案内所のロッカー・クロークに預けましょう。(ロッカーは西口案内所にも有)

「猫の城遊具」は、大芝生広場と2023年秋にオープンした「もののけの里」の間にあります。

『猫の恩返し』をモチーフにした
「猫の城遊具」

猫耳のゲートをくぐり、いざエリア内へ!

土日休日・混雑日は利用料金がかかりますが、平日は無料で利用できます。(※臨時休業の日もあるので、事前に要チェック)

土日休日・混雑日は小学生以下のお子さんと保護者のみが入場できます。大人だけでの入場はできないのでご注意を。

さっそく猫の石像がお出迎え。

橋を渡って、猫王の城をモチーフにした城へ行ってみることに。魚のモチーフやキャラクターのシルエットなど、細部にまで遊び心がいっぱい!

猫王の城をモチーフにした城(対象年齢:3~6歳&6~12歳)

エリア中央にあるのが、猫王の城をモチーフにした城。城の内部にある猫王の椅子は記念撮影にぴったり!

対象年齢3〜6歳の幼児用スライダー、対象年齢6〜12歳のチューブスライダー(2基)、合計3基のスライダーが楽しめます。

屋根には猫の眼が付いていて、ジブリ好きとしてはかなりテンションが上がりました!

城の上部まではネットや階段など、さまざまな方法で登ることが可能。色々なルートで、何回も遊びたくなりますね!

迷路・タワー

映画のラストシーンを再現した高さ9メートルのタワーは、麓が迷路になっています。ここにも魚や猫のモチーフが!

下から見上げるとかなりの高さ!頂上までは行けませんが、階段を登ることもできますよ。

タワーの中には、映画と同じように壁画が描かれていています。

ターザンロープ(対象年齢:6~12歳)

エリア奥には15mと20mの2基のターザンロープがあります。柱の上にいるのは、カラスのトトでしょうか?

ちなみにエリア内にはベンチも点在しているので、休憩したり遊んでいるお子さんをゆっくりと見守れますよ。

今回は2023年8月にオープンした「猫の城遊具」のレポートをお届けしました。

細部まで『猫の恩返し』の世界観が詰め込まれているので、大人もテンション上がること間違いなし!ぜひ親子で訪れてみてくださいね。

 

▼こちらもチェック!

ジブリの大倉庫の楽しみ方!おすすめの回り方からグルメまで徹底レポート

青春の丘の楽しみ方!(地球屋&猫の事務所)

どんどこ森の楽しみ方!(サツキとメイの家&どんどこ堂)

チケットなしでも楽しめる!ジブリパークの無料エリアまとめ

 

スポット詳細

【ジブリパーク】

住所:長久手市茨ケ廻間乙1533-1 愛・地球博記念公園内

https://ghibli-park.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ジャンル
エリア

おすすめスポット