昼も夜も絶景!東海エリアNo.1の高さを誇る屋外展望台『スカイプロムナード』

絶景&景色
名古屋 中村区 名駅
2021.12.17
昼も夜も絶景!東海エリアNo.1の高さを誇る屋外展望台『スカイプロムナード』

名古屋駅の目の前、ミッドランドスクエアのオフィス棟44F~46Fにある屋外展望台『スカイプロムナード』。ほぼ360度ぐるっとガラス張りで、屋根はなくオープンエア。都会の中心にいながら心地よい風を感じられます。昼は壮大なスケールの眺望を、夜は幻想的な夜景を、それぞれ違った表情が楽しめます。

今回は、地上約220M、東海エリア1の高さを誇る展望台「スカイプロムナード」の魅力を徹底レポートしていきます。

スカイプロムナードへのアクセス

ミッドランドスクエア

オフィス棟と商業棟で構成される名古屋駅前のランドマーク「ミッドランドスクエア」。

ミッドランドスクエア

スカイプロムナードの入場口は「ミッドランドスクエア」のオフィス棟42Fにあります。

オフィス棟1Fからシャトルエレベーターにて42Fへ。

名古屋駅の地下街からも直結していて、電車からのアクセスも◎

「ミッドランドスクエア」の地下駐車場(有料)からもとっても便利です。

シャトルエレベーターは珍しい2階建て。1Fから乗ると42Fへ、B1Fから乗ると41Fへ着きます。

41Fからエスカレーターで42Fへ上がると「スカイプロムナード」の入り口です。

まずは入場券を購入しよう!

42階「スカイプロムナード」入口。周りにはイタリア料理「エノテーカ ピンキオーリ」やフランス料理「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」も。

入場口前に自動券売機があります。券の種類は、一回限り入場できる「通常券」と、当日何度でも入場できる「一日券」があります。

ほかにもいつでも利用できる前売券もあり、プレゼントとしても喜ばれること間違いなし!土日祝日や夏休みなどは小学生も無料なので、お子さんとのお出かけにおすすめです!

【通常券  当日限り有効。再入場不可】
大人(18歳以上)    750 円
シルバー(65歳以上) 500 円
中高生           500 円
小学生(土・日・祝 無料) 300 円

【一日券  当日限り、何度でも入場可能】
大人(18歳以上) 1,050 円
シルバー(65歳以上) 800 円
中高生           800 円
小学生(土・日・祝 無料) 600 円

※2021年12月現在
※料金は税込表示です。

入場口を抜けてさらに展望台のある46Fまで上がります。エレベーターもあるので車いすやベビーカーでも安心です。

いよいよ到着!44Fから46Fまで吹き抜けの開放感あふれる空間が広がります。

壁面展示は、「世界遺産」がテーマ。不定期にテーマを変えて展示されています。写真右手の壁面の照明も夜になると点灯し、展望空間をさらにロマンティックに演出します。

広々したホールでは、星空の中で映画を楽しむイベント「星空のシネマ」なども不定期で企画されています。そのほかにも毎年、「ミッドランドスクエアから初日の出を見よう」のイベントでは、元旦のみ早朝5時30分から入館できるとあって、オープン前から列ができるほど好評です。(※2022年はメンテナンス作業のため中止。)

昼と夜の表情を見比べてみました!

JRセントラルタワーズ側のコーナーは一番人気の撮影スポット。過去に行われた「スカイプロムナード・インスタフォトコンテスト」でも、昼も夜もここから窓の枠もあえて入れて撮影された写真が一番多かったそう。まさに絶景です!

同じ場所でも季節や天気、時間が違うだけでも全然違う景色をダイナミックに見渡せるので何度来ても感動的。これだけ高いところからの景色はほかではなかなか味わえません!

46Fから45Fはほぼ360度ぐるっとゆるやかなスロープの回廊になっているので、景色を見渡しながら散歩ができます。まさに「天空の散歩道」。19:00からは、30分ごとに多彩な色に変化するミストが噴霧され、夜景をさらに幻想的に演出します。

【ミスト噴霧時間】
19:00、19:30、20:00、20:30、21:00、21:30【各5分間程度】
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため現在演出を中止しております。(2021年12月現在)

何が見えるか探してみよう!

東西南北の各方面に見られる建物などの案内表示も。北に、木曽三川公園の「ツインアーチ138」、東には東山動物園の「東山スカイタワー」など各方面に知っている建物などが見つけられるとついテンションが上がってしまいます!

お子さんたちの学習の場としてもおすすめです。山や道、線路の重なりを実際に自分の目で見て地理への興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

この日はあいにく少し曇っていましたが、遠くにうっすら山々が見えます。御嶽山、金華山、伊吹山など見渡せるいろんな山の高さの違いを実感できるのもおもしろいですね。

建物の多い名古屋の街並みの中、ひと際目を引く名古屋城。望める景色の中でも、名古屋城の銅板葺き(どうばんぶき)の青緑色の屋根の色はすぐに探し出せます!

ほかにもチャンスは年に数回しかないけれど、名古屋の夜景とともに遠くに打ちあがる名古屋港の花火もいい眺めだそう。知る人ぞ知る花火鑑賞の穴場スポットです。

広小路通りを栄方面に望むと南の方向に球体の建物が見つけられますか?

伏見の「名古屋市科学館」。こちらも形が珍しいので見つけやすいです。

線路がいっぱいの笹島方面を見下ろすと、ときどき電車や新幹線が通過するのも見られます。鉄道マニアにも高いところから見る電車は新鮮なはず!線路の行き先までたどって行けそうです。

隣りの「大名古屋ビルヂング」のヘリポートも見下ろせます。

街並みをよりリアルに体感できる双眼鏡も44Fに2箇所設置(有料)。自分の家も探してみたくなります!

「ミッドランドスクエア」全体のオブジェ。この一番高いところに「スカイプロムナード」はあります。

ひと息つける自販機コーナーも。

期間限定!都会の真ん中で味わう手ぶらBBQ
「CARVINO(カルヴィーノ)」

「スカイプロムナード」では、ゴールデンウイーク前の4月ごろから10月末までの期間限定で本格的なバーベキューも楽しめます。「CARVINO(カルヴィーノ)」を利用時は入館料も無料。(※条件有)

「トスカーナグリル」をコンセプトに、イタリアスタイルのホームパーティーをソムリエセレクトのワインと共に味わえます。家族や友達、恋人と日本一高いところにあるBBQテラスで、大きな塊のお肉を贅沢に楽しもう!

詳しくはこちら▼
https://carvino.jp/nagoya/#sec00

「シニア層の来館が多かった「スカイプロムナード」も、ほかでは撮影できない写真が撮れると若い世代もたくさん足を運んでくれるようになりました。夕暮れ時から光あふれる夜へと刻々と空の色が変わる時間帯は、とくに幻想的でおすすめです。天気や大気の影響を受けやすいので、遠くまでクリアに見渡せる絶好のタイミングにご案内できるとうれしくなります。広いので密になりにくく、半屋外なのでコロナ禍のお出かけにもぜひご利用いただきたいですね。」と、お話をうかがった島津さんと林さん。
 
小さなお子さんからシニアまで楽しめる「スカイプロムナード」。喧騒を離れ、気分転換に。恋人とのロマンティックなデートに。買い物のついでにふらっと。景色をながめて静かなひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポット詳細

【スカイプロムナード】
住所   :〒450-6242 名古屋市中村区名駅四町目7番1号 ミッドランド スクエア 44-46階(入場口は42階)
電話番号 :052-527-8877(総合インフォメーション)
営業時間 :11:00 ~ 22:00(最終入場21:30)
冬期営業時間(ウインタータイム)
【期間】1月初旬~2月末日【時間】 13:00~21:00(最終入場20:30)
夏期営業時間(サマータイム)
【期間】 7/1~9/30【時間】 11:00~23:00(最終入場22:30)
大晦日
【時間】 11:00~18:00
※新型コロナウィルス感染症拡大など、今後の情勢により営業時間を急遽変更する場合有り。詳しくは、公式HPでご確認ください。
休館日  :なし ※天候などでお休みする場合あり

web :https://www.midland-square.com/sky-promenade/
Instagram:https://www.instagram.com/sky_promenade/

名古屋市在住のフォトグラファー。百貨店内写真室勤務を経て現在フリーランス。一児の母。

旅行好き。子どもが生まれるまでは夫婦で一年に二回のペースで東南アジアへ。現地のディープでローカルなものから、ちょっと贅沢なラグジュアリーなものまでなんでもチャレンジする。現在は4歳児ママ目線で、育児に役立つ情報や親子で楽しめるお出かけ先や過ごし方を探求中。

https://www.yayoiyasui.com/

おすすめスポット