MENU SEARCH

地場の工務店だからこその安心感。富田製材の家づくり。

住まい

岐阜県・加茂郡
2018.01.17

地場の工務店だからこその安心感。富田製材の家づくり。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

創業昭和5年、父子三代続く工務店「富田製材」。岐阜県美濃加茂を中心に、地域に愛され支えられ、本物の木の家をつくり続けています。今回は、築30年の建売住宅を建て替えられたFさんに、富田製材で建てたお家の魅力についてお伺いしてきました。

今から約5年前、富田製材との出会い

落ち着いた和風の外観落ち着いた和風の外観。玄関部分の一部だけ張り替えられた壁がアクセントになっています。

ご主人、奥様、娘さんの三人家族のFさん。以前は築約30年の建売住宅に住まわれていたそう。水回りなどが不便になってきたことから、最初はリフォームを検討されていました。しかし、安心して老後を暮らすために思い切って建て替えを選択されました。

ー 富田製材を知ったきっかけを教えてください

「富田製材さんのことは、5年前くらいにいろいろと住宅会社を探していたとき、インターネットでたまたま見かけて知りました。ホームページをみたときに、建てられた方のきっかっけなどが載っていて、惹かれたのを覚えています。でもその頃は、本格的に建て替えをすることは考えていなかったので、家づくりの話自体が流れてしまいました。」

吹き抜けリビングやんわりと空間を仕切る柱の向こう側には、愛犬と小鳥のペットスペース。家族もストレスがなく、訪れた人もくつろげる空間に仕上げる工夫がところどころに。

ー 他にも工務店さんやハウスメーカーさんは行きましたか?

「大手のハウスメーカーさんへ3件〜4件、地場の工務店さんも3件ほど行きました。いろいろみさせていただいたんですけど、やっぱりどこかに富田さんのことがあって。あとは縁ですね。私の姉妹が富田製材さんの本社がある富加町に住んでいて、「もしかして近くに富田製材さんってない?」って聞いたところ、「いい感じだよ」とおすすめしてくれたこともあり、話だけでもきいてみようかなってなりました。たまたま近くで、現場見学会があったので、そちらを見せてもらいました。そしたら、やっぱり素晴らしくて。高いのかなぁというイメージだったんですけど、お話を聞いてみると、やれないことはない金額だったこと、間取りも私たちの希望をしっかり反映してくれて。他の会社さんもいろいろと見させていただいましたが、やっぱり値段と物のバランスって大切で、いくら良くてもすごい高いと無理ですよね。その辺のバランスを考えたときに、富田製材さんがベストでした。」

ー スタッフさんの印象などはいかがでしたか?

「社長さんも物腰柔らかく、優しい話し方で安心しました。事務員さん、大工さんも皆さんいい方でした。きっと社長さんの指導というか教育がしっかりされているんだなぁと思いましたね。」

ではここからは、お家のこだわりポイントについてお話を伺いました。

NEXT
岡崎の老舗せんべい屋が町おこし。ヴィンテージビルをリノベーション「一隆堂 ビルディング」
岡崎の老舗せんべい屋が町おこし。ヴィンテージビルをリノベーション「一隆堂 ビルディング」

おでかけ

愛知県・岡崎市
PREVIOUS
ゆったり寛いだ気分で、プロと一緒にあなたに合ったグリーンを見つけるお店『garage NAGOYA』の魅力
ゆったり寛いだ気分で、プロと一緒にあなたに合ったグリーンを見つけるお店『garage NAGOYA』の魅力

インテリア

名古屋市・ささしま

【富田製材】

富田製材は創業昭和5年、宮大工だった祖父から父子3代続く老舗の工務店です。製材会社から始まったからこそ木へのこだわりは人一倍。資材一つをとっても、納得のいく地元の良質な木材を使い「本物の木の家」にこだわった家づくりをしています。家の土台づくりから設計など、ありとあらゆる工程で、妥協は致しません。家を建てられるすべてのお客様に、本物の家族の幸せを築いていただくためにも私たちは、住む人の目線で考えた丁寧で細やかな仕事を心掛けています。

https://tomida.jp/

 

・ショールーム ※モデルハウスは要予約
〒501-3305
岐阜県加茂郡富加町滝田1217-7

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

ワンダーホーム