東海エリア初出店!家族で楽しめる本屋「名古屋みなと 蔦屋書店」

2018.12.28
名古屋みなと 蔦屋書店

愛知県名古屋市港区の『ららぽーと名古屋みなとアクルス』内に、2018年9月にオープンした「名古屋みなと 蔦屋書店」。コーヒーを片手にゆったりと読書を楽しめる、ライフスタイル書店です。今回は「名古屋みなと 蔦屋書店」のコンセプトから、施設内のショップ情報までたっぷりとレポートしていきます。

 

 

 

ライフスタイル書店「蔦屋書店」とは

 

蔦屋書店

 

蔦屋書店


蔦屋書店は、DVDレンタルでおなじみの「TSUTAYA」を運営する、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が手がけるライフスタイル書店です。2011年に東京都内に「代官山 蔦屋書店」をオープンさせて以降、日本各地に次々に店舗を展開。ただの本屋ではなく、「ライフスタイルを提案する書店」として、本以外にも、店内では本に関する生活雑貨の販売や展示が行われています。本を買いに行くのではなく、本との出会いを楽しむことができるお店なんです。

 

スターバックス

 

BOOK&CAFE

 

BOOK&CAFE

 

「蔦屋書店」の大きな特徴は「BOOK&CAFE」。ワンドリンクをオーダーすれば店内の購入前の本を自由に読むことができるというシステムです。(最大3冊まで)購入を迷っている本や、普段読まないジャンルも、こうして試し読みすることで、じっくりと選ぶことができます。

 

テラス席テラス席では、わんちゃんと一緒に読書を楽しめますよ。各テーブルにリードフックも完備されています。


「名古屋みなと 蔦屋書店」でも、コーヒーと読書を楽しむことができる座席が150席用意されているので、コーヒーを味わいながらお気に入りの一冊を見つけてみてくださいね。

 

 

 

テーマは「WITH FAMILY」

 

蔦屋書店

 

「蔦屋書店」は店舗ごとに各エリアに合わせてコンセプトが異なります。「名古屋みなと 蔦屋書店」は、”WITH FAMILY”をテーマに、「おでかけ」「子育て」「クルマ」の3つのジャンルを特に充実し、家族と一緒に楽しむ時間を提案しています。

 

 

週末に家族で行きたい場所を見つけよう!「おでかけ」コーナー

 

おでかけ

 

 

「名古屋みなと 蔦屋書店」では、旅行とは別に「おでかけ」というコーナーがあります。一般的に旅行やおでかけの本はエリアごとに分かれていますが、「海へ行こう」「空の旅」「アートを巡る」など、楽しみ方ごとにジャンル分けされています。

 

子連れで楽しむ台湾「子連れで楽しむ台湾」。ファミリー向けの本が数多くセレクトされていました。

 

シャバーニだいすき
動物園のコーナーにあった「シャバーニだいすき」。

 


おでかけに関する文庫本まで選書されていました。

 

 

車文化が発達した名古屋ならではのクルマコーナー

 

クルマコーナー

 

 

続いては、「クルマコーナー」をご紹介します。

 

貴重な古書、車種別カタログなどを含め国内最大級の1万冊のクルマ関連書籍を取り扱っています。車文化が発達した名古屋ならではのコーナーです。

 

クラシックカー

 


クラシックカーや、クルマに関するイラストの展示など、本以外にもクルマ文化に触れられるようになっています。展示スペースは定期的に変更されるので、訪れる度の楽しみになりそうです。

 

クルマのBIG BOOK
世界中でここでしか手に入らないクルマのBIG BOOK

 

 

本を読むのが楽しくなるキッズスペース

 

キッズコーナー

 

キッズコーナー

 

絵本

 

絵本


絵本を中心に1万タイトルがそろう児童書コーナーには、子どもたちが楽しく本を読めるキッズスペースがあります。

 

絵本の読み聞かせ

 

キッズコーナーでは、絵本の読み聞かせイベントも開催しています。木曜日は、日本語と英語の両方で読むバイリンガル絵本も登場。子どもたちに本を読むのが好きになってほしいという蔦屋書店の想いが詰まったコーナーです。

 

▼イベントの詳細はこちらから
https://store.tsite.jp/nagoya-minato/

 

 

 

家族で楽しめる12の専門店

 

WANS × 時計修理のMr.BOB時計販売・修理「WANS × 時計修理のMr.BOB」

 

生活雑貨・レディスウエア「LEAF」生活雑貨・レディスウエア「LEAF」

 

メガネ・サングラス「オンデーズ」
メガネ・サングラス「オンデーズ」


「名古屋みなと 蔦屋書店」の中には、カフェ、レストラン、雑貨や子供服など、12の専門店と2つのポップアップショップがあります。書籍同様、家族をテーマにセレクト。

 

その中からいつくかピックアップしてご紹介していきます!

 

 

アウトドアのコラボショップ「VIBLANT × NATURETONES」

 

アウトドアのコラボショップ「VIBLANT × NATURETONES」

 

こちらは、ビンテージランタンとオイルランプの専門店「viblant」と、メタルアイテムでスタイリッシュな雰囲気のアウトドアギアブランド「naturetones」のコラボショップ!キャンプシーンを心地良い空間、おしゃれな雰囲気に演出してくれる、さまざまなアイテムを取りそろえています。

 

オイルランプ
1977年創業のスタガー社、ポーランド製のテーブルオイルランプ。

 

ランタン
viblantのビンテージランタンは、アメリカ・イギリス・ドイツを中心に、世界中からレアなモデルを輸入。すべて分解・洗浄などオーバーホールを丁寧に行い、燃焼テストをしてから店頭に並べます。

 

ファニチャーやフィールドギア
金属素材で作られたスタイリッシュなファニチャーやフィールドギアなど、どれもキャンプだけでなく、自宅のインテリアとしても、思わず使いたくなるアイテムです。

 

 

青柳総本家の新しい喫茶店「喫茶 Willows」

 

喫茶 Willows

 

名古屋のういろうの老舗、青柳総本家がプロデュースする新業態の喫茶店。人気商品の「青柳ういろう」や「カエルまんじゅう」を使った甘味から、ここでしか食べられないデザートや軽食が楽しめます。

 

カエルのミルク風呂
「カエルのミルク風呂(ドリンクとセットで750円)」は、青柳総本家の菓子の一つ「カエルまんじゅう」をアレンジしたスイーツ。こしあんとミルクシェイクの組み合わせが絶品です。

 


名古屋名物「青柳ういろう」はテイクアウトも可能。季節限定の商品もありましたよ!

 


店名のwillowsは英語で柳を表し、音が「ういろう」に似ているのも面白い語呂合わせ。ショップカードはしおりになっています。

 

 

モーニングも楽しめる!ベーカリーカフェ「adedge」

 

adedge

 

自家製の食パンを使用したサンドイッチとマフィン、自家製食パンのトーストのモーニングから、本格的な洋食のランチなどが味わえるベーカリーカフェ。中区の「MITTS COFFEE STAND​」、東区の「​To Go Kurumamichi​」の姉妹店です。8:00〜モーニングも楽しめます。

 

国産小麦を使った自家製のマフィンや、ケーキや焼き菓子などが並びます。

 


ランチタイムは、洋食屋さん仕込みのドライカレーとハヤシライスや、フランスの国民食でひき肉・ジャガイモ・チーズのオーブン焼き "アッシェ・パルマンティエ"が味わえます。

 


8:00〜10:30の時間帯はadedge内でも、読書を楽しめます。


その他にも、キッズウェアのお店、保険ショップ、レストランなど、さまざまなショップがあり、ライフスタイル全体をサポートしてくれます。

 

▼ショップリスト
https://store.tsite.jp/nagoya-minato/floor/shop/

 

名古屋みなと蔦屋書店

 

訪れたのは平日でしたが、お子様連れのファミリーから、プレミアエイジ(団塊世代前後)の方まで、幅広い層の方が本との出会いを楽しまれていました。モーニングを食べられるカフェからレストランまで入っているので、朝から夜まで一日を通してゆったりと過ごせます。

 

「BOOK&CAFE」でじっくりと本と向き合うことができるので、きっと今まで出会ったことなかった本に出会えること間違いなしですよ。ぜひ今週末は家族で「名古屋みなと 蔦屋書店」へ遊びに行ってみてくださいね!

 

【名古屋みなと 蔦屋書店】
住所   :名古屋市港区港明2-3-2 ららぽーと名古屋みなとアクルス
電話番号 :052-387-6800
営業時間 :8:00〜22:00
定休日  :不定休
駐車場  :施設内の駐車場をご利用ください。

https://store.tsite.jp/nagoya-minato/

▼インスタグラム
https://www.instagram.com/nagoyaminato_tsutayabooks/

▼Facebook
https://www.facebook.com/nagoyaminatotsutayabooks/