MENU SEARCH

毎日の暮らしに寄り添うフラワーショップ「arbo hana.midori.kurashi(アルボ)」

インテリア

愛知県・春日井市
2019.03.15

毎日の暮らしに寄り添うフラワーショップ「arbo hana.midori.kurashi(アルボ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

注文住宅の「クラシスホーム」グループが手がけるボタニカルショップ「arbo hana.midori.kurashi(以下アルボ)」。観葉植物や生花やドライフラワー、暮らしにまつわる雑貨などを扱い、より心地良い日常を提案してくれるフラワーショップです。

春日井という決して交通の便がよいとは言えない場所ですが、アルボの花を求めて連日、遠方からも多くの方が訪れます。

今回は、そんなアルボの世界観をお届けしていきます。

アルボ 花屋

場所は、愛知県春日井市、名古屋中心部から車で30分ほど。クラシスホーム春日井店と隣接しています。

植物好きの夫婦が暮らす家をイメージした店内

植物 春日井

フラワーアレンジメント

アルボのコンセプトは、”森を想う家”。店内は「植物好きの夫婦が暮らす家」をイメージしており、バスタブや食器棚が置かれているなど、空間ごとにストーリー性を持たせています。

大きな窓
大きな窓からは、優しい光が射し込み、やわらかい雰囲気をだしています。

アルボ 店内

お部屋の一室のような店内は、グリーンや生花を合わせやすいだけでなく、インテリアの参考にも。

ドライフラワーになる生花を中心に

アルボ 酒井店長
今回お話を伺った酒井店長。酒井店長のセンスの良さで選ばれたお花は、他のショップではあまり見かけないめずらしいお花も多くそろえています。

アルボ 花

−アルボのお花の特徴は何ですか?

酒井店長:「アルボのお花は、基本的には ドライフラワーになるものを多く仕入れるようにしています。最初からドライフラワーで購入するのではなく、生花で楽しんでからドライフラワーにしたいという方も多くいらっしゃいますね。」

プロテア

桜
訪れた日は、ミモザや桜といった春のお花がたくさん入荷されていました。
生花
色とりどりのお花をは見ているだけでも癒されます。

ブーケ

− 生花からドライフラワーにする場合はどれくらいでドライにした方がいいですか?

酒井店長:「きれいにドライフラワーをつくるためには、花が開く前に逆さにすることが大きなポイントです。できるだけ新鮮なうちにドライにすることで、発色も形もきれいなものに仕上がりますよ。」

NEXT
【愛知・名古屋周辺】ドライフラワーを買うならここ!おすすめショップ7選
【愛知・名古屋周辺】ドライフラワーを買うならここ!おすすめショップ7選

インテリア

PREVIOUS
名古屋・円頓寺商店街にあるボルダリングハウス「KNOT (ノット)」に行ってきました!
名古屋・円頓寺商店街にあるボルダリングハウス「KNOT (ノット)」に行ってきました!

ライフスタイル

名古屋市・円頓寺

【arbo hana.midori.kurashi(アルボ ハナ. ミドリ. クラシ)】
住所  :〒486-0803愛知県春日井市西山町2丁目6-1 MAP
電話番号:0568-41-8600
営業時間:10:00-19:00
定休日 : 木曜
https://green.arbo.jp/
https://www.instagram.com/arbo_hana.midori.kurashi/

 

【クラシスホーム】

クラシスホームでは、愛知県内にテイストの異なる6店舗のモデルハウスを展開中です。

https://www.clasishome.jp/modelhouse/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

城山館