MENU SEARCH

コーヒーのイメージが変わる!日本のコーヒーカルチャーを世界へ発信する「GLITCH COFFEE@9h NAGOYA」

カフェ

名古屋市・名駅
2020.04.21

コーヒーのイメージが変わる!日本のコーヒーカルチャーを世界へ発信する「GLITCH COFFEE@9h NAGOYA」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

喫茶文化の根付く東京・神保町で人気のスペシャルティコーヒー専門店「GLITCH COFFEE&ROASTERS」。東京の2店舗に次いで、東京外初となる店舗「GLITCH COFFEE@9h NAGOYA」が「ナインアワーズ名古屋駅」の1階にオープンしました。

ナインアワーズとの協業は赤坂「GLITCH COFFEE BREWED@9h」に続く2店舗目。赤坂店がハンドドリップに特化したスタンドであるのに対し、名古屋店はエスプレッソマシンも導入したフルラインナップ店舗です。

▼ナインアワーズの記事はこちらから

ナインアワーズに併設した店内

GLITCH COFFEE@9h NAGOYA

場所は、2020年2月10日にオープンした「ナインアワーズ名古屋駅」の1階。アクセスは「JR名古屋駅」地下街1番出口から徒歩約2分と好立地。

GLITCH COFFEE@9h NAGOYA

広々とした店内に入るとふわっとコーヒーの良い香りが漂います。 ホテルに宿泊する人、出勤前にふらっとコーヒーを飲みにくる人などさまざまな人が行き交います。

限りある時間のための、価値ある1杯を。

GLITCH COFFEE

「GLITCH COFFEE」を立ち上げたのは、バリスタ世界チャンピオンPaul Bassett 氏の下で修行を積んだ鈴木清和氏。以来、東京のスペシャルティコーヒーシーンを牽引する店として、全国のコーヒー好きから愛されています。

コンセプトは「限りある時間のための、価値ある1杯」。コーヒー豆本来の個性を伝えるべく、産地や品種、農園の厳選からはじまり、焙煎方法や抽出方法などすべてのプロセスにこだわりって提供されています。

それぞれの個性に合わせて

GLITCH COFFEE

GLITCH COFFEEにはブレンドコーヒーはありません。豆の産地や豆の個性を重視し、その豆の持つ魅力を最大限に引き出すため。すべてシングルオリジンコーヒーで淹れていただけます。

ブレンドせずに単一のコーヒー豆を使うことで、ワインのように品種や土地の風土などそれぞれの個性をダイレクトに味わえます。またシングルオリジンを浅く煎ることで、産地ごとの味の違いや、農園ごとの繊細な違いまでわかるのだとか。

GLITCH COFFEE

コーヒー豆の種類は、オークションで落札した物から、一般的なスペシャルティコーヒーまで6~10種類の豆がそろっています。共通しているのは、すべてのコーヒー豆に産地・農園・精製方法が書かれていること。スタッフさんに「これはどんな豆ですか?」と相談しながらその日の一杯を決めるものおすすめです。

もちろん!コーヒー豆の購入もできますよ。

コーヒー

ギフトに嬉しいドリップパックや、コーヒーをいただく蕎麦猪口もお土産におすすめです。

コーヒー

オーダーすると、目の前で1杯ずつ丁寧に淹れていただけます。単品でのオーダーもできますが、今回は3種類のコーヒーを飲み比べできる「3TYPES COFFEE」をいただくことにしました。

※2種類の飲み比べができる「2TYPES COFFEE」もあります。

コーヒー

コーヒーメーカーもとってもかっこいい!「GINA」というブランドのもので、アプリと連動して、豆に合った抽出方法を教えてくれるのだとか。見た目のデザインもとっても美しく、飾っておきたくなりますね。

NEXT
女性でも安心して宿泊できる! 次世代型カプセルホテル「ナインアワーズ」
女性でも安心して宿泊できる! 次世代型カプセルホテル「ナインアワーズ」

泊まる

名古屋市・名駅
PREVIOUS
フィルムカメラ初心者にもおすすめ。「クラシックカメラ&中古カメラ掘り出し市」へ行って掘り出しものを見つけてきました!
フィルムカメラ初心者にもおすすめ。「クラシックカメラ&中古カメラ掘り出し市」へ行って掘り出しものを見つけてきました!

ライフスタイル

名古屋市・矢場町

【GLITCH COFFEE @9h NAGOYA】
住所:名古屋市中村区名駅2丁目42-2
営業時間;7:00〜17:00
定休日:不定休
https://ninehours.co.jp/nagoya-station

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ

アレックスコンフォート