MENU SEARCH

【スウェーデンの暮らし】ウィンターライトがあたたかく照らす、冬のスウェーデンの一般家庭の窓辺

海外

スウェーデン
2020.01.11
新谷 友海

新谷 友海

スウェーデン在住

【スウェーデンの暮らし】ウィンターライトがあたたかく照らす、冬のスウェーデンの一般家庭の窓辺

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

緑豊かな大自然、おしゃれなインテリア、ゆったりと流れる時間。北欧の暮らしって憧れますよね。特集「スウェーデンの暮らし」では、現地からリアルな北欧の暮らしをお届けします。紹介してくれるのは、スウェーデン在住のライター新谷 友海さんです。

日本では、年末年始といえばクリスマスに年越し、お正月と大変浮足立つシーズンですが、スウェーデンの年越しやお正月は日本ほどの一大イベントではありません。なぜなら、スウェーデン人にとってクリスマスの方が、年明けやお正月よりも親類・家族が一堂に会して祝う大きなイベントだからです。

特にお正月は、普通の平日とあまり変わらない雰囲気。クリスマス当日には休みになるお店やスーパーも、元旦には開いていたりします。日本では、クリスマスよりも年越しとお正月の方が大きな出来事となりますので、お正月に盛り上がりにかけるのは日本人としてはちょっと寂しいですね。

さて、年末はクリスマスが終わりひと段落といったまったりムードのスウェーデン。クリスマスの雰囲気を残した所も少なくありませんので、引き続きクリスマスアイテムやイルミネーションを実際に飾り付けた家などをご紹介して行きたいと思います。

キャンドルホルダー

こちらは深い緑とゴールドがシックなキャンドルホルダー。お洒落ですよね!なかなか他では見ないタイプです。1枚目も、こちらの写真もMIDTOWNというインテリややキッチン用品を取り扱うセレクトショップのものなのですが、こちらのお店は普段から素敵なアイテムを多く取り扱っているのでよく足を運びます。

1枚目の写真はクリスマスツリーのオーナメントですが、クリスマスだからといって赤や鮮やかな緑を使用しないカラーリングがとても落ち着いていて、クリスマスツリーにネズミというモチーフのチョイスが他にはない、個性のあるツリーになりそうです。

オーナメント

こちらもオーナメント。またまたネズミですね!こちらはすべてOlsson & Jensenのもの。Olsson & Jensenは、ヴィンテージのインテリアグッズなどを取り扱っているスウェーデン初のメーカーです。

こちらのショップ入り口中央に設けられたテーブル、すべてOlsson & Jensenのもの。この写真はブラックフライデーの11/30に撮影したのですが、店内全品20%の表示が。これらのアイテムを20%オフでだなんて、あれもこれも欲しくなってしまいますよね。

こちらのお店には他にも素敵な北欧メーカーのアイテムが数多く並びますので、また別の機会にご紹介できたら良いなと思っています。

Olsson & Jensen
https://www.olssonjensen.com/
https://www.olssonjensen.com/produkter/juldekorationer/
(クリスマスデコレーションのページ。ご紹介したオーナメントのページですがなかなか落ち着いていてユニークなモチーフばかりですので是非ご覧ください。)

MIDTOWN
http://midtown.nu

さて、クリスマスといえばクリスマスマーケット。私の住んでいる街では11月に開催されるのですが、こちらはサンタとサンタの奥さん(?!)が去っていくところを写した1枚。今年は街のスクエアに大変大きなクリスマスツリーも登場しました。サンタさんは、毎年一緒に子ども達と写真を撮ったり、引っ張りだこです。

前回クリスマスのイルミネーション(Julbelysning)をご紹介させて頂いたのですが、今回は実際に人々が窓辺をデコレートしている様子をご紹介したいと思います。

今回ご紹介していく家の写真は、特に「クリスマスだから他のお宅よりもデコレーションを頑張っている!」というお宅ではなく、すべてがごくごく普通の一般的なお宅です。スウェーデンではクリスマス前後、そしてクリスマスが終わった今も、どこの家庭もこのような感じで早い夜を明るく照らしています。

こちらの1軒目の写真。前回ご紹介したキャンドル型のアドベントライトが窓辺を明るく照らしています。赤いカーテンが可愛いですね。玄関ドアにはクリスマスリースも。

こちらも1階の窓にはアドベントライト、そして2階にはこちらも前回ご紹介した星形のランプシェード。こちらのお宅はシンプルにそれぞれのライトを置いてあるだけですが、これだけで随分スウェーデンのクリスマスの雰囲気がでて、辺りが明るくなるんです。

こちらのお宅はイルミネーションライトを木に飾っていますね!庭にある木にこのようにライトを飾るお宅はけっこう多いので、大きな木がキラキラ輝いているのを見かけるとクリスマスツリーのようで素敵だなぁと思います。窓辺には、こちらも星形のランプシェードが。

こちらはアパート住まいのご家庭。こちらも1階には星形のランプシェード、2階にはハート形のライトが!ハート型も可愛いですね。バルコニーにはイルミネーションライトやシャンデリア型のライトも輝いています。

以前ご紹介した通り、これらの写真で「スウェーデン人はカーテンで家の中を隠さない」というのがお分かりいただけると思います。どこの家庭もとても綺麗にしていて、こちらに引っ越してきたばかりの頃は「夜になってもカーテンをしないなんて!」と驚いたものです。

こちらも1階と2階の窓には星形のライト。ほとんどのお宅で星形のライトかアドベントライトを飾っている事がお分かりいただけると思います。玄関のキラキラのイルミネーションライトが訪問する人たちを明るく迎えてくれますね。

こちらも玄関がキラキラと輝くおうち。こちらも星形のランプシェードが。窓辺にはよく見ると、アドベントキャンドルも飾ってあるようですね。

こちらのお宅は、庭に大変大きな木があり家の壁にプロジェクターで雪の結晶を映していました!大きな木が大迫力ですね。

さて、最後にこちら。とある場所のウィンドウディスプレイなのですが、こちらも星形のライト(スタンドタイプ)に小さなトムテ達、そしてスウェーデンではApelsin med nejlikor(アップルシン メド ネイリコール)と呼ぶオレンジの飾りやリンゴが籠に入っています。

Apelsin med nejlikorはグローブをオレンジに刺して飾りつけるクリスマスならではのデコレーション。こちらを家に飾ると大変いい香りがするので、「クリスマスの香り」といっても良いでしょう。

このクリスマスデコレーションが施された窓辺、とある「場所」と書きましたが、こちらはショップでも個人のオフィスでもなく、銀行なんです。スウェーデンでは銀行でも、お役所でもショップでも学校でも個人の家でも境無しに冬はこのようなデコレーションをし、待ちゆく人々を楽しませています。

NEXT
オシャレなミソスープスタンドで街を盛り上げる「8830miso(ハチハチサンマルミソ)」
オシャレなミソスープスタンドで街を盛り上げる「8830miso(ハチハチサンマルミソ)」

グルメ

愛知県・岡崎市
PREVIOUS
名古屋在住の中国人が絶賛する、大須の蘭州ラーメン店「牛百味(ニウバイウェイ)」
名古屋在住の中国人が絶賛する、大須の蘭州ラーメン店「牛百味(ニウバイウェイ)」

グルメ

名古屋市・大須
新谷 友海

新谷 友海

スウェーデン在住

愛知県稲沢市出身。2007年1月よりスウェーデン在住。日本でプロボーカリストとして音楽活動に励んだのち、現在はフリーランスデザイナー、ライターとして活動中。スウェーデンから、リアルな北欧の暮らしを季節の写真とともにお届けします。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

下呂温泉 大人の温泉旅行