MENU SEARCH

【スウェーデンの暮らし】リッチなチョコレートがおすすめ!ベーカリーの美味しいラインナップ

海外

スウェーデン
2021.04.10

新谷 友海

スウェーデン在住

【スウェーデンの暮らし】リッチなチョコレートがおすすめ!ベーカリーの美味しいラインナップ

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

ショッピングモール内にあるベーカリースタンド。こちらのスタンドはお持ち帰り専門です。モールの入り口に小さなスタンドを構えているここは、以前スウェーデンのコーヒー事情についての記事でご紹介したことがあるのですが、先日ケーキを買いに行ったところまた随分違ったラインナップがお目見えしていたので、目にも美味しいベーカリーのスイーツをご紹介したいと思います。

こちらはモールの入り口入ってすぐにあるので、買い物から帰る途中の人も、モールには用事は無いけれどベーカリーでだけ買い物のある人にも大変利用しやすくなっています。

1枚目の写真は可愛いカップケーキのような見た目のもの。中はアーモンドペーストを含んだサクッとした生地です。左側のピンクのものはKATARAN。中にラズベリージャムが入っています。右側はMAZARIN。プレーンのもの。両方とも白いアイシングがトッピングされているのがトレードマークでスウェーデンの伝統的なお菓子です。

サイズも小さいので、スウェーデンのコーヒータイム、FIKA(フィーカ)に丁度いいですね!

こちらはタルト生地にアーモンドがたっぷりと入ったもの。甘いものが好きな方にはたまらないですね。クリスピーな食感がクセになります。

こちらはスウェーデンではお馴染みのペストリーのひとつWienerlängd。Wienerbröd(小さいタイプ)の長いバージョンです。日本でもお馴染み「デニッシュ」生地にたっぷりのカスタードと白いアイシングがかかったもの。こちらも人気ですので、どこへ行っても置いてあります。

こちらもポピュラーなVaniljbulle。中にバニラクリームが入った穴の開いていないドーナツです。こちらの菓子パンはけっこう皆ドッシリとしています。左側に見えているのはシナモンロールです。

そしてこの時期しか食べられないスウェーデンの伝統的なスイーツSemla。カルダモン入りの大きなバンズの間にアーモンドペーストとたっぷりのホイップクリーム。こちらもかなりどっしりです!見た目はシュークリームのようですが、シュー生地ではなくしっかりと焼いたバンズで、その味も全くちがいます。まだ昔断食の文化がスウェーデンにあったころ、食べられていたスイーツです。

そしてショーケースに入ったホールケーキ。左のケーキをこの日購入したのですが、土台が濃厚でしっとりとしたチョコレートクッキーでとても美味しかったです!上に乗っているチョコレートの飾りも美味しくて100点満点です。ここのお店の使うチョコレート、本当に濃厚でリッチな味で美味しいんです。

ちなみにスウェーデン人、皆チョコレートが大好きですよ。

カットした状態でももちろん購入可能です。右側が先ほどご紹介したもの。濃厚なリッチチョコの土台にラズベリーの甘いムース。フレッシュなラズベリーを乗せて。

左側も購入しました!こちらもリッチな味わいのチョコレートケーキ。筆者はチョコレートはあまり得意なタイプではないのですが、ここのチョコレートは食べられます。濃厚で本当においしかったです。上に乗っているのはほおずきの実。ほおずきの実、スウェーデンではこの状態でスーパーのフルーツコーナーに置いてあり、結構皆バナナやリンゴのような感じで小腹が空いた時に皆食べています。

そしてこちらはあっさりとしたミルクムースの上にラズベリー、ブルーベリー、ほおずきの実を乗せて。スウェーデンのケーキは、ムースやメレンゲが多いなといった印象です。

こちらでは普通のパンも購入できます。ショーケース左側が2種類がそうです。

スウェーデン人はヘルシーでかたいパンを好むので、日本のようなフワフワの白い食パンは見かけません。こちらもかたいパンです。でもサンドイッチやチーズと食べるのには丁度いいんです。

こちらはレジ前に置いてあるクッキー。お土産にピッタリ。左上の袋に入った物は、先ほどのシナモンロールをカットして乾燥させたものです。味はそのままで、ラスクのようなサクサク食感に。

こちらは淡いピンクがスタッフのユニフォームのカラーとも合っている手作りレモネード。夏場に氷をたっぷりと入れて飲みたいですね。

スウェーデンのカフェでは、フィルターコーヒーはだいたいこのように置かれているので自分で注ぎます。おかわり1杯まで無料のところも多いですよ。

こちらは「KONTANTFRI BUTIK」と左側のカードに描かれていますが、こちらはコロナ禍で以前より随分と増えた「カード支払いのみ」のお店です。もともとスウェーデンでは現金を使う人の方が少なかったので、ここ最近一気に増えました。こちらはカード支払いのみですが、他にもスマホアプリで支払いできたりなど、現金以外の支払方法のみを選択するお店が今は多いです。

レジ周りはこんな感じです。カードリーダーの近くにはお客さん専用のアルコール消毒ジェル、そして紙袋は3クローナ。(50円ほど)こちらはベーカリーなので紙袋のみ置いていますが、スーパーなどのビニールの買い物袋は最近大幅に値上がりして1枚8クローナ(100円以上)となりました。

以上、目にも美味しいスウェーデンのベーカリーでした。

NEXT
良質な音楽と、思い思いのくつろぎがある風景。大人の秘密基地「ジャズ茶房 青猫」

カフェ

名古屋市・藤が丘
PREVIOUS
【フィルムカメラを片手に】春の鶴舞さんぽ(ESPIO160編)

おでかけ

名古屋市・鶴舞

新谷 友海

スウェーデン在住

愛知県稲沢市出身。2007年1月よりスウェーデン在住。日本でプロボーカリストとして音楽活動に励んだのち、現在はフリーランスデザイナー、ライターとして活動中。スウェーデンから、リアルな北欧の暮らしを季節の写真とともにお届けします。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
産後の骨盤矯正

特集一覧へ

エネファント