MENU SEARCH

【名作家具シリーズ】よく聞く「ミッドセンチュリー」ってそもそもなに?

インテリア

2019.02.14

【名作家具シリーズ】よく聞く「ミッドセンチュリー」ってそもそもなに?

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

インテリアショップで耳にすることも多い「ミッドセンチュリー」という言葉。そもそも、ミッドセンチュリーってどんなものがご存知でしょうか。本日は、改めてミッドセンチュリーについてや、その魅力をご紹介していきます。

ミッドセンチュリーとは?

1960

ミッドセンチュリーとは直訳すれば「1世紀の中間」。インテリア業界では1950年代を中心に1940~1960年代にアメリカをはじめとする各国で生みだされたインダストリアルデザインの家具をさします。ミッドセンチュリーと呼ばれるようになったのは、流行した1990年代頃から。それまではアメリカンモダンやフレンチモダンなどと表現されていました。この時代には、素晴らしい家具が次々と生みだされており、まさにインテリアの黄金期とも言われています。

ミッドセンチュリーはどこで生まれたの?

ミッドセンチュリーが誕生した背景には第二次世界大戦が大きく起因しています。アメリカはこの戦争によって、軍用技術を生かした大量生産技術や、耐性のある素材の改良・開発に成功します。暗く長い戦争が終わり、1945年に終戦を迎えると、人々は明るく開放的なデザインを求めるようになります。

そのような時代の空気のもとに、誕生したのがミッドセンチュリー家具たちです。これからの時代に自由と希望を感じさせてくれるような、未来的で、実用性に長けていて楽しげなデザイン。流線形のフォルムやポップな色使いは、現代でも私たちの心を掴んで離しません。

ミッドセンチュリー家具の特徴

ミッドセンチュリー時代

ミッドセンチュリーデザインの大きな特徴として、開放感ある時代を体現するポップなカラーや曲線を多用したデザインなどが挙げられます。また、初期は「モダンデザイン」と呼ばれ、直線的で合理的なデザインを持つのに対し、後期は「ミッドセンチュリーモダン」として、プラスチックや成形合板などの素材の使用、曲線を多用した自由で斬新なデザインが特徴です。軍事技術の応用によって、デザイナーたちは曲線のデザインを家具に取り入れていくことができるようになりました。

ミッドセンチュリー家具をテイストと捉える人が多いのですが、ミッドセンチュリーはテイストではなく様式です。こうして、1940〜60年代には世界中のデザイナーによって優れた家具が生みだされていきます。

NEXT
都会の喧騒を離れた古民家フラワーショップ&カフェ「united bamboo(ユナイテッドバンブー)」
都会の喧騒を離れた古民家フラワーショップ&カフェ「united bamboo(ユナイテッドバンブー)」

ライフスタイル

愛知県・海部郡
PREVIOUS
倉庫をリノベーションした広々空間で、本格的なコーヒーを堪能できる。長久手のロースター&カフェ「SIENA COFFEE FACTORY 」
倉庫をリノベーションした広々空間で、本格的なコーヒーを堪能できる。長久手のロースター&カフェ「SIENA COFFEE FACTORY 」

カフェ

愛知県・長久手市

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
クラブナージ

特集一覧へ

ととbaby