【名作家具シリーズ】よく聞く「ミッドセンチュリー」ってそもそもなに?

2019.2.14
ミッドセンチュリー

インテリアショップで耳にすることも多い「ミッドセンチュリー」という言葉。そもそも、ミッドセンチュリーってどんなものがご存知でしょうか。本日は、改めてミッドセンチュリーについてや、その魅力をご紹介していきます。

 

 

ミッドセンチュリーとは?

 

1960

 

ミッドセンチュリーとは直訳すれば「1世紀の中間」。インテリア業界では1950年代を中心に1940~1960年代にアメリカをはじめとする各国で生みだされたインダストリアルデザインの家具をさします。ミッドセンチュリーと呼ばれるようになったのは、流行した1990年代頃から。それまではアメリカンモダンやフレンチモダンなどと表現されていました。この時代には、素晴らしい家具が次々と生みだされており、まさにインテリアの黄金期とも言われています。

 

 

ミッドセンチュリーはどこで生まれたの?

 

 

ミッドセンチュリーが誕生した背景には第二次世界大戦が大きく起因しています。アメリカはこの戦争によって、軍用技術を生かした大量生産技術や、耐性のある素材の改良・開発に成功します。暗く長い戦争が終わり、1945年に終戦を迎えると、人々は明るく開放的なデザインを求めるようになります。

 

そのような時代の空気のもとに、誕生したのがミッドセンチュリー家具たちです。これからの時代に自由と希望を感じさせてくれるような、未来的で、実用性に長けていて楽しげなデザイン。流線形のフォルムやポップな色使いは、現代でも私たちの心を掴んで離しません。

 

 

ミッドセンチュリー家具の特徴

 

ミッドセンチュリー時代

 

ミッドセンチュリーデザインの大きな特徴として、開放感ある時代を体現するポップなカラーや曲線を多用したデザインなどが挙げられます。また、初期は「モダンデザイン」と呼ばれ、直線的で合理的なデザインを持つのに対し、後期は「ミッドセンチュリーモダン」として、プラスチックや成形合板などの素材の使用、曲線を多用した自由で斬新なデザインが特徴です。軍事技術の応用によって、デザイナーたちは曲線のデザインを家具に取り入れていくことができるようになりました。

 

ミッドセンチュリー家具をテイストと捉える人が多いのですが、ミッドセンチュリーはテイストではなく様式です。こうして、1940〜60年代には世界中のデザイナーによって優れた家具が生みだされていきます。

 

 

ミッドセンチュリー家具を代表するデザイナー

 

 

ミッドセンチュリーデザインの代表格とも言える人物が、チャールズ&レイ・イームズ夫妻。彼らは、軍用技術を応用して、成型合板を巧みに組み合わせた家具を生み出していきます。中でも代表される家具が「プライウッドラウンジチェア」です。

 

米『タイム』誌から”20世紀最高のデザイン”に選ばれています。同誌はイームズプライウッドチェアを「優雅で、軽やかで、快適」と評しています。

 


時を経ても色褪せない20世紀最高のデザイナーズチェア。世界中の人々を現代まで魅了し続けています。

 

彼らが試行錯誤して生み出した成型合板の技術は耐性に優れており、うつくしく、できる限りの低コストで大量生産を可能にしました。1950年代に入ると、後世にも残る、画期的で斬新な家具をデザインしていきます。活動はそれだけにとどまらず、建築・映画制作・写真・展示デザイン・グラフィックデザインなど、多岐に渡ります。まさに、ミッドセンチュリー期を代表するデザイナー夫妻です。

 

ミッドセンチュリー


彼ら以外にも、夫妻の友人であるエーロ・サーリネン・ハーマンミラー社とイームズ夫妻を引き合わせたジョージネルソン・イサム・ノグチ、日本では剣持勇、柳宗理など北欧や日本、世界中のデザイナーたちによってミッドセンチュリー家具がを生み出されていきました。


ミッドセンチュリー家具はどれもデザイン性に優れたうつくしいものばかりです。そして、大量生産によって生みだされた日用品であったからこそ、誰もが使いやすく、機能的でもあります。うつくしさと機能の融合こそが現在まで多くの人に愛される理由なのではないでしょうか。時を超えても色褪せない家具たちにぜひ触れてみてください。

 

 

名古屋でミッドセンチュリー期の家具が購入できるインテリアショップ

 

 

ミッドセンチュリー・ヴィンテージ家具専門店Palm Springs

 

パームスプリングス


名古屋でミッドセンチュリーの家具と言えば、「Palm Springs(パームスプリングス)」です。

 

名古屋市中区大須にて、ミッドセンチュリーのヴィンテージ家具を販売しているお店です。パームスプリングスでは、アメリカやヨーロッパより、一点一点納得いくもののみを直接買い付けしています。

 

家具

 

場所は、大須観音駅より徒歩約5分。店内にはアメリカ、ヨーロッパなどから買い付けたミッドセンチュリー時代の家具が並びます。買い付けた家具は自社のリペア工房ですべての商品をチェックし、クリーニング・リペアを行なっていますので、状態のいい家具に出会えますよ。

 

【Palm Springs(パームスプリングス)】
住所    :愛知県名古屋市中区大須1-4-7
営業時間  :12:00〜19:00
定休日   :木曜日
お問い合わせ:052-222-7111
http://www.palm-springs.jp/
(家具やインテリアは、オンラインショップからも購入が可能です)

▼Palm Springsの記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/palm-springs/

 

 

北欧ヴィンテージ家具店「Favor」

 

フェイバー

 

名古屋市名東区にある北欧ヴィンテージ家具店「favor(フェイバー)」。デンマークを中心に、現地でオーナー自らが買い付けたこだわりの北欧家具や雑貨がずらりと並びます。全国からお客さんが訪れるほど、ヴィンテージ家具好きにはたまらないお店です。

 

フェイバー

 

favorの家具は、オーナー夫婦が年に2〜3回、デンマーク・フィンランド・スウェーデンなどで直接買い付けているこだわりのアイテムばかり。2階の倉庫にある家具はすべてファイルにリストアップされていて、希望すれば実物を見せてもらうことも可能です。お店に希望のサイズや材種がない場合は、ぜひ相談してみてくださいね。

 

 

【favor(ファイバー)】

住所   :名古屋市名東区上菅1-913
電話番号 :052-768-7799 
営業時間 :12:00〜18:00(11:00〜12:00 / 18:00〜19:00 アポイント可)
定休日  :火・水(変更の場合有り)
駐車場  :3台
web :http://www.favor-web.com/index.htm
Instagram:https://www.instagram.com/favor_web/

▼Favorの記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/favor/