MENU SEARCH

エアコンいらずで快適空間?!風を使わない冷暖房システム「光冷暖」

住まい

岐阜県・岐阜市
2018.08.31

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

風を使わない「光冷暖」の仕組みとは?

光冷暖の仕組み

この日の外気温は「32.5℃」という暑さでしたが、室内は「22.7℃」とかなり快適な温度。エアコンがなくても、こんなにも涼しいのはなぜなのでしょうか。

ー 光冷暖とはどういう仕組みなんですか?

木村代表:「簡単に言うと昔のオイルヒーターの冷房までできるような装置です。設備としては、「ラジエーター」「漆喰」「室外機」の3つ。表面にセラミック加工をした「ラジエーター」という機械を室内に設置します。設置場所は、お部屋の邪魔にならない場所で大丈夫です。お部屋の中央でも、端っこでも効果としては変わりません。ラジエーターの中には「不凍液」という液体が循環していて、エアコン同様に室外機で温度を調整しています。そして、壁・天井にセラミックが含まれた専用の漆喰を塗ります。」

光冷暖のレジエーター「光冷暖」の核となるラジエーター。表面にはセラミック加工がされています。

結露でラジエーター表面についた水滴は、ドレーンで室外へと排水されます。このように室内の余分な水分を吸収してくれる効果もあるので、除湿機を置く必要がありません。
「光冷暖」専用の漆喰「光冷暖」専用の漆喰。珪藻土タイプや壁紙もあります。

壁を触ってみると、ひんやりと冷たさを感じました。

木村代表:「原理としては、同じ振動数のもの同士は共鳴するという「光(遠赤外線)エネルギー」です。ラジエーターと漆喰は、どちらも同じ振動数のセラミックが含まれているので、共鳴し振動することで熱が伝わっていきます。壁も天井も冷暖房の一部として利用し、風を一切出さずにお部屋の隅々まで快適にできる遠赤外線を利用した冷暖房システムです。」

NEXT
【スウェーデンの暮らし】Svensk Folkdans ~スウェーデンの伝統的なダンスと笑顔で迎える春~
【スウェーデンの暮らし】Svensk Folkdans ~スウェーデンの伝統的なダンスと笑顔で迎える春~

海外

スウェーデン
PREVIOUS
赤ちゃんが笑顔になる!離乳食インストラクターが作る「おいしい離乳食日記①」おいしい10倍粥の作り方
赤ちゃんが笑顔になる!離乳食インストラクターが作る「おいしい離乳食日記①」おいしい10倍粥の作り方

グルメ

【水専】
住所  :岐阜県岐阜市太郎丸中島183-3
電話番号:058-229-3725
営業時間:8:30~17:30
定休日 :日・祝・GW・年末・年始

岐阜で光冷暖の注文住宅を建てるなら【とこはるの家】
https://tokoharu-home.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

エネファント