「かご屋moily(モイリー)」カンボジアの村人がつくり出す天然素材のかご。

インタビュー
垂井町
2018.05.28

カンボジアの良さを尊重する。

コックトラーチ村

コックトラーチ村

moilyのかごは、カンボジア北西部の都市シュリムアップの中心から一時間ほどの「コックトラーチ村」でつくられています。

池宮さん:「コックトラーチ村の住民のほとんどは農家です。作物が育ちにくい乾季(11〜4月)でも収入が得られるよう、かご編みをしてもらっています。

かご編みについてmoilyでは、2つのことを心がけています。ひとつは、「買取にすること」。村と相談して決めた基準をもとに、一般的な買取額の2〜3倍、高いものでは5倍ほどで買い取っています。また、工房で作業するのではなく、それぞれの家で作業してもらっています。そうすることで職人たちは子供の世話もできるし、家事を優先させることもできます。本人たちが「作ろう!」と思ったときにかごを作った方が、心もこもるし、丁寧な商品になりますしね。」

コックトラーチ村

コックトラーチ村

池宮さん:「もう一つは、カンボジアの良さを尊重するということです。今以上にたくさんのオーダーを取ってくることもできるとは思います。でもそうすることで、カンボジアのお昼は寝て、ゆるゆるとして、稲作が忙しい時期はつくらないという彼らの良さを奪ってしまう。カンボジアの穏やかな暮らし方だからこそ、他の人を受け入れ、心に余裕があると思うんです。仕事メインの生活になってしまい、心の豊かさや余裕を失うのは違います。本人たちが納得する、自分の生活に必要な分だけ、かごを作ってくれれば良いなと思っています。」

村の職人

池宮さん:「そう思えたのにも、あるきっかけがありました。実は、一度かご編みの村が変わっているんです。最初の村に出会って一年ほど経ち、ようやく日本でも販売していけるという矢先でした。全員が辞めてしまったんです。当時の私は日本のやり方を押し付けてしまっていて、それが良いことだと思っていました。でも、カンボジアにはカンボジアの働き方があって……。そのとき、カンボジアの良さを潰してまで、経済発展をする必要はあるのだろうかと気がつきました。

もちろんそうすることで、かごの種類や数が足りなかったり、作りすぎてしまうということも頻繁にあります。特に農業期は極端に少ないですが、彼らの心の豊かさや、家族との時間は大切にしていたいなと思うんです。」

目に見える村の変化

コックトラーチ村の村人たち

現地の人が自らお金を生み出せる雇用をつくりたいとスタートしたmoilyの取り組み。最近では、少しずつ変化が見られるようになったそう。

池宮さん:「もともとはコックトラーチ村は、本当に生活が厳しい状態でしたが、今はかなり改善されてきましたね。統計を取っているわけではありませんが、目に見えて変化を実感しています。

村の人たちは銀行に預けず、金に変えるんです。いざというときに売るんだそう。お家の屋根が増えている人もいたり。出稼ぎに行かなくなった人もいます。moilyをきっかけに、「かごを覚えよう!」という人も現れてくれました。」

かご編みをする村人今ではこんなにも職人が増えました。
setさん
moilyがコットラーチ村と関わるようになってから、かご編みを覚えたというsetさん。

池宮さん:「ご縁があって、お医者さんに派遣で行ってもらったりもしています。診察してもらうことで、身体の具合が良くなった人もいます。私はつなぐことしかできませんが、それで新しい知識を得てもらえたらなぁと。その村の問題って外部の人が解決するのではなく、やっぱりその村の人たちが「なんとか解決しなきゃ」って、自分たちで変えていくものだと思うんです。そのきっかけとなる部分はつくれてはいるかなと思いますね。」

貧しさへの同情や支援をPRして
商品を売ることは絶対にしたくない

moily(モイリー)

最後に池宮さんの今後の展望を教えていただきました。

池宮さん:「良く社会貢献しててえらいねとか言われるんですけど、全然そんなつもりはなくて。世界中を旅していたとき、たくさんの人たちに助けてもらいました。色んな国で貧困状況をみて、私ができることで何か恩返しがしたいなと、ただそれだけなんです。カンボジアだけじゃなくて、色んな国や村で、その土地の良さを生かしたものづくりや、ものづくりじゃなくても収入源や雇用をつくっていきたいですね。それを「やらなきゃ!」ではなくて、楽しくおしゃれに。いつの間にかみんなで解決できたら良いねというスタンスです。

貧しさへの同情や支援をPRして商品を売ることは絶対にしたくないと思っています。日本のライフスタイルショップや、百貨店でも、国産のものと同じように取り扱ってもらえるように。ですので、絶対に妥協はしません。一流のものをつくって、正当に判断してもらう。でも裏では、社会問題が自然と解決している。そういう取り組みを広げていきたいですね。」

moily

作り手の気持ちや想いは、使い手にも伝わるものです。moilyのかごを手にしたとき、カンボジアで働く職人さんの丁寧な仕事ぶりが伝わってきて、温かな気持ちになりました。「寄付で売ることはしたくない」「絶対に妥協したくない」という池宮さんの言葉通り、ずっと使いたくなる美しいかごです。今年の4月には、待望の実店舗もオープンしました。ぜひ実際に手にとって、かごの質感、手仕事の美しさを体感していただきたいです。

スポット詳細

【moily】
https://www.moily-bk.com/

住所  :岐阜県不破郡垂井町敷原173(カフェ結の敷地内)
営業時間:13:00~17:00
営業日 :土日(カフェ結の営業日に合わせて)

▼オンラインショップはこちら
https://moily.shop-pro.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット