MENU SEARCH

永く使える、変えられる。「無印良品の家」のモデルハウスに行ってきました!

住まい

名古屋市・北区
2018.12.20

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

大きな吹き抜けでゆるやかにつながる
「木の家」

木の家

まずは「無印良品の家」のベースともいえる「木の家」を見学してみましょう。

「木の家」は、吹き抜けを中心とした間仕切りがない一室空間で、南側が周囲の環境に大きく開かれた箱型の住まいです。nLDKの視点を排除し、空間がゆるやかにつながります。2015年には「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」も受賞しているシリーズです。

土間玄関_無印良品の家玄関は土間になっているので、お部屋を広く見せてくれる効果も期待できそうです。

室内はもちろんすべて無印良品のアイテムでコーディネートされていますので、その視点でも楽しんでみてくださいね。

リビング_無印良品の家

リビング_無印良品の家

中に入ると、玄関からすぐにリビングにつながり家全体が「一室空間」になっています。「木の家」の特徴でもあるスケルトン階段の効果で、とても開放的な空間です。南面の窓からたっぷりと日差しが入り、ぽっかぽか。この日は12月上旬だったのに、部屋の奥までしっかりと日差しが差し込んでいます。

プライス

無印良品でおなじみのプライスが壁に貼ってありました。大きさ・仕様・価格が明確なのは安心ですよね。

ステンレスキッチン_無印良品の家

キッチンは対面式のオープンタイプのステンレスキッチンです。背面には、引き戸がついた大容量の収納スペース。無印良品の収納は、モジュール(基本寸法)が統一されているので、バスケットやボックスは棚にすっぽりと収まり、その棚は他の家具と高さや幅がそろいます。住んでからもライフスタイルの変化に合わせて、収納を変化させることができるのもさまざまなアイテムが揃う無印良品ならでは。

吹き抜け_無印良品の家

吹き抜け_無印良品の家

続いて2階へ行ってみましょう。

モデルハウスの2階は壁がなく、家具で空間が仕切られています。実際にこのようにオープンな暮らしをされる方もいらっしゃいますし、もちろん壁で個室にすることも可能です。

家具で仕切り_無印良品の家

家具で仕切り_無印良品の家

家具を使った間仕切りは、お部屋のレイアウトを変えたいときにも簡単に動かせるので、模様替えが気軽に楽しめそうです。寝室にしたり、子供部屋にしたり、納戸にしたり。住んでからも、大掛かりな工事なしに空間を変えられますね。

家づくり応援ノート

家づくり応援ノート

家づくりを検討している方にはぜひチェックしていただいたいアイテムを見つけました!

無印良品が家づくりを応援しようと作成した「家づくり応援ノート」。記入式になっており、最後のページまで記入すると、理想のイメージ、土地探しの情報、工事のスケジュールなど、家づくりに必要なことを一冊にまとめることができるという優れものなんです。「無印良品の家」各店舗で配布されています。

吹き抜け_無印良品の家

「木の家」には、最初にご紹介した「無印良品の家」のポイントがたっぷりと詰まっていました。「木の家」は、ライフスタイルの変化がある方、開放的な空間が好きな方、明るい空間が好きな方に良さそうですね。

NEXT
【スウェーデンの暮らし】スウェーデンの家庭で過ごすクリスマス
【スウェーデンの暮らし】スウェーデンの家庭で過ごすクリスマス

海外

スウェーデン
PREVIOUS
絶品スパイスカレーが味わえる多治見の名店「cafe NEU!( カフェ・ノイ)」
絶品スパイスカレーが味わえる多治見の名店「cafe NEU!( カフェ・ノイ)」

グルメ

岐阜県・多治見市

【無印良品の家 名古屋店】
住所   :愛知県名古屋市北区瑠璃光町3-3-1
アクセス :名古屋市営地下鉄名城線「志賀本通」駅より北東へ約600m
電話番号 :052-938-3410
営業時間 :10:00〜18:00
定休日  :水曜日
駐車場  :あり

https://www.muji.net/ie/modelhouse/nagoya/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン