名古屋市内で非日常体験を楽しもう!小幡緑地に「オバッタベッタ」がOPEN

公園
名古屋 守山区
2021.08.10

BBQ&CAMP「ヤネル」

ヤネル

続いては、「ヤネル」ヘ。

「ヤネル」では、すべてのものがセットになった手ぶらBBQと、キャビンとフリーサイトの2種類のキャンプ場が楽しめます。

ヤネル


手ぶらBBQ・キャンプ場、どちらもここで受付をしましょう。

スタッフさんが24時間常駐されており、困ったときにはすぐに相談できるのも、うれしいポイント。

ヤネル

受付前のこちらのスペースでは、土日には水遊びが楽しめるのだとか。

手ぶらでBBQが楽しめる「ヤネルBBQ」

ヤネル

まずは手ぶらでBBQが楽しめる「ヤネルBBQ」をご紹介します。
BBQ用のサイトは全部で20区画(4人用〜10人用)。昼の部と夜の部と1日2部制です。

ここは本当に名古屋市内?というくらい、静かで豊かな自然に包まれています。風の音や虫の音が心地よい〜。


人数分のテーブルとチェアがセットされており、火起こしの手間も食材の準備も必要なし!サイトに到着した瞬間から、BBQが楽しめちゃいます。

ヤネル

手ぶらでBBQが楽しめるよう、すべてのものがセットになっています。(持込不可)

BBQメニューは「ヤネルスタンダードセット」「 ヤネル肉増しセット」の2種類。お肉は「T・Lボーンステーキ」「知多牛リブロース」「みかわ豚ロース」など、お好みのものをチョイス!

▼詳しくはこちら
http://www.obattabetta.jp/yaneru-BBQ.html

ヤネル

各サイトには、スイス製の高性能グリル「ファイアーボウル ゴアナ」を設置。鉄板の厚さはなんと8mm。均一に熱が広がるので、誰でも簡単においしく焼けるのだとか!


炊事場やトイレもとっても快適!


【ヤネルBBQ】
http://www.obattabetta.jp/yaneru-BBQ.html

名古屋市内で初めての宿泊キャンプ場施設
「ヤネルCAMP」

オバッタオベッタ
続いては、名古屋市内で初めての宿泊キャンプ場施となる「ヤネルCAMP」へ。

こちらはキャビンのエリア。屋根が特徴的なキャビンが15棟並んでいます。2人用から6人用まであります。

キャビンの設計を手がけたのは、世界的に有名な手塚建築研究所。

今回はキャビンの内部も見学させていただきました。

オバッタオベッタ

オバッタオベッタ

中に入ると想像以上の広さに驚きです。床には美術館の展示にも使用されたというクッションフロアが敷き詰められ、そのままでも寝られるくらいフカフカ。宿泊の際には、人数分のシュラフを用意していただけます。

オバッタオベッタ

天窓からは、キャンパスのように切り取られた木々の緑が。紅葉や桜が楽しめるキャビンもあるのだとか。こんな空間で目覚めたら、とても気持ちが良さそうですね。

風が抜けるよう窓も設置されています。


全キャビンにエアコンが完備されているので、小さなお子さんがいらっしゃる方、暑さや寒さが苦手という方も、安心して過ごせますよ。


もちろんシャワーや炊事場も完備。オバッタベッタのすぐ近くには、スーパー銭湯「​​竜泉寺の湯」もあるので、そちらを利用しても良さそう。

オバッタオベッタ

キャビンはオープン当初は宿泊だけの利用でしたが、ユーザーの声から日帰り利用も可能に!「キャビン1棟+BBQグリルのセット(食材は別)」で¥7,000(税込)と複数人で利用すれば、とってもリーズナブル。

ご希望の方はお電話にて問い合わせしてみてくださいね。

テントサイトは10区画。宿泊キャンプ、デイキャンプ、どちらでも利用ができます。車の横付けはできないので、キャリー持参がおすすめです。

【ヤネルCAMP】
http://www.obattabetta.jp/yaneru-camp.html

食べたり、喋ってたり、焚べたり、寝そべったり。
居心地のいい時間に、ばったり出会ってほしい。

というコンセプトの通り、名古屋市内にいながら非日常が楽しめる「オバッタベッタ」。名古屋市内で、こんなにも豊かな自然に囲まれゆったりと過ごせるとは、驚きでした。ぜひオバッタベッタでリフレッシュしてみてくださいね。

スポット詳細

【オバッタベッタ】
住所   :愛知県名古屋市守山区川東山小幡緑地(本園)内
電話番号 :マメボシ 052-990-1821 ヤネル 052-990-1823
駐車場  :有(無料)
http://www.obattabetta.jp/index.html

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット